bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



かなりびっくりしました
プライバシーがありますから、引用しませんが。

ご親戚の知的障害のおありの男性の、性欲が激しい とて、『外国では、性犯罪者に性欲を減退させる薬のカプセルを埋め込んでいる とテレビ番組で見た。親戚の男性には、その方法が良いと思うが、日本でやっているところはどこか、やっていないなら、その外国に行ってやって貰うのは出来るか、費用はどのくらいか』と言っておられる方をたまたま閲覧し、仰天しているところです。

日本で、性犯罪者の方に、(方って事はないですかね?でも、刑期終わって出てきたなら、方 ですよね?)『性欲減退薬』の強制投与なんかしたら、エライ事になります。

まあ、性犯罪者って、一種の精神的な病の様なものですから、非常に難しく、ご自分は、抑制しようと試みていても、頑張っていても、たとえば、精神障害のある方が、リストカットだ、自殺未遂っだ、と、頑張っているのに、やってしまうのと、似ていまして、実に悩ましい問題ではあります。

が、仰天したのは、そのテレビ番組(何と言う番組高は存じません)を見た、親戚の方が、「これだ」と思った様子なんですね。
「親戚の性欲の強すぎる男性には、両親の了解を得て、この薬を与えれば良いんだ!」と思った訳です。

そもそもここが間違ってる。
「両親の了解を得て」じゃないです。
「本人さんの了解を得て」なら、まだ、多少判ります。
どんなに重度の障害があっても、その方の意見、希望、ニーズは、判りますし、判らなければ、この商売は出来ません。

とはいえ、思春期に学習できなかった、様々な訳のある人は勿論いて、私の勤務先のホームにも、自慰行動まで行かないんですが、不具合な場所で行動する方もありますし、同じ法人の別のホームには、不具合な場所で、自慰行動そのものをする方もありました。

ありました なのは、今、真剣に、そちらのホームでは取り組んでいて、「お部屋でしましょう」と伝える方法を構築しつつあるんです。ご本人に判る表現方法で。
以前(10年以上前?)アルバイトで、勤務していた施設でも、「ロビーの真ん中で、自慰行動をしていたかなり様々な暮らしにくさを抱えた方」に、当時の上司が、「いや。あれは俺が教えた」とて、自室で出来るように教育し直し、ちゃんとその方は、自室で出来るようになりました。
どうやって教えたのか は今でも、私には判らない謎ですが…

確かに難しいです。
人間だけでなくて、動物の本能ですから…

でも、『本人に納得を得ず、厄介だから(その親戚の方は、道行く女性を見境なく襲って、性欲を満たすようになる と思いこんでいる様子でした。と、親戚の性欲の強い男性は障害者だから、処罰されず、被害者の方は、大変な事になるから と言うのが、性欲を無くさせるのが一番良い と考えた理由らしいですよ。)性欲を無くす薬を飲ませちゃえ、埋め込んでしまえ(この話は、カプセルの様なものを、埋め込むのだそうです。)、手術して、生殖機能をなくしてしまえ』 と言う感性ですね。


戦いの中で。

ハンセン氏病患者の方は、結婚したい時は、同じ療養所(とは名ばかりの強制収容所)の中の異性と結婚するのですが、生殖機能全廃をしないとダメでした。

重度の様々な障害のある方にも、「手当が大変、本人が結婚して、子供を持つ事は不能」として、強制的に、生殖千機能の全廃を、周囲がさかんにやっていた時代があります。

介護屋の-の悪しき遺産です。


が。

今時、「外国の性犯罪者に対する再犯防止の策として」(きっと賛否両論あるのでしょうね。もう刑務所に行くのは嫌だし、頑張ったけど、いつかやってしまう として、希望する元性犯罪者の方もありましょうし、人権侵害だ と考える、元性犯罪者の方もあるでしょう。社会の反応も色々だと思います。)一つの案として、「性欲を減退させる薬を体内に埋め込む」事が行われている と知り、「これだ!さっそく両親を説得して、親戚の男性にカプセル埋め込みの手術(?と言うのかな?)をしよう!」「日本で扱っているかな?海外なら出来るだろう。幾らか知りたい!」となると、かなりビックリ仰天しませんか?

性的な生活は、誰にでも保証された権利です。
他人に見られない と言う、大原則の下、様々な性の文化を持つ方がいます。
ご夫婦で、いわゆるパートナーさんと、恋人と、色々な文化を持つ人たちがいます。
自分たちの中で、密かに営む事が出来れば、どんな事でも、非難されません。
権利だもん。

他人に公開したり、商売にしたりするのは、これは犯罪です。
他人に見られない と言う、大原則を守れていないから。
パートナーシップの中で構築されるものであって、金銭で、提供されるものではないから。
だから、売春防止法があります。

親戚の男性は、思春期に学び損なってしまったのかもしれません。
教えなくては、障害のある人は、自然に、上手に出来るようになるとは限りません。

私の勤務先にも、性的な文化を持つ方、おいでですけど、ちゃんとふさわしい場所で、上手に出来ます。
うまくまだ出来ない方もありますが、職員みんな真剣に教えています。
他のホームには、不具合な方法でしか実施できない方がおられたのですが、職員一丸となって、「お部屋でしましょう」と伝える方法を模索し、かなりご本人も、判って下さりつつあるそうです。

こういう衣食住じゃない事は、「厄介だから」「面倒だから」で片付けちゃダメです。
人間であるからこそ、生殖を伴わない、性の文化があるんです。


今時、「イイ事思いついた!外国の性犯罪者の人に行われている方法にすれば良いんだ!切ってしまう訳ではないし、そのほかの日常生活には支障はない。麻酔掛けていれば、本人は判らないだろうし。」とか『親戚の方』がご両親に積極的にお勧めしようとしている の図には、かなりショックを受けました。


拙いこnブログを読んで下さっている方には、「性欲を無くしちゃえば厄介払いができる。本人も犯罪を犯さない。道行く女性も被害を受けない」とか考える方、おいでになりませんよね?


まさかね?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック