bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



殿様の生活費が無くなりました
この前の水曜日には、夕方、生意気肩書き付きが、殿様の生活用品の支払いをしているので、確かにあったお金が、木曜日に、私が仕事に入った時には、行方不明と言うか、早い話が紛失していました。

以下は実際に、理事長に昨日、私が送ったメールです。

紛失発覚は、金曜日の午後。支払いしたのは、水曜日、夕方。木曜日に私が仕事に入った時を、順番に良く思い出してみると、木曜日には、既になかった事が判りました。

生意気肩書き付きにも、素人新人にも、私が保管場所を勘違いしている可能性もありますので、メールで聞きました。

生意気肩書き付きからは、凄いメールが来ましたっけ。

曰く。

どこどこにあります。水曜日に確認しているので、後は知りません。



意味としては、以下の様な事でしょうね。

自分のせいじゃない、ないなら、あんたのせいだから、勝手に探すなり、弁償するなりしたら良い。オレに責任ないから!


私も木曜日にはなかった確信があります。とは言え、常勤二人と、非常勤の私があった時から、ない事が発覚した時迄、何らかの形で勤務しています。

キツネの小判ではありませんので、消える訳がない。

実は、保管方法に、問題があったのです。雑多なものが、何でもかんでも、整理されずに、利用者用の各個人の引き出しに、詰め込んであります。空の封筒なんかも、殿様の引き出しには、山ほどありました。

保管すべきか、処分すべきか、成年後見人さんに渡すべきか、判断しないんです。

その癖、空の封筒でも、うっかり間違えて買ってしまった、ちょっとした日用品も、とにかく保存してあります。

利用者に所有権、財産権があるから、だそうです。間違えたのですから、その利用者さんは使えません。


ホームの消耗品で、私が使っていたものがありましてね。

若い人は使わない様子なので、私、一年近く療養してましたから、こんなに使わないなら、もったいない。200円くらいだし、と、自宅で使おうと、持ち帰りましたら。

ホームの備品は、ホームに財産権がある、金返せ!との事にて、私、嫌味で、無駄になるのを承知で、新しく買って、「毎日使っているとは知らなかった」とて、戻した事があります。

品物ですか?

158円の三温糖です!若い人、白い砂糖しか使わないです。

前回買ったのは私。白砂糖が切れた時に、放置されて固まってる、三温糖をケースに入れたのも私。

それを、ケースに、白砂糖、と、わざわざ書いて、三温糖を手が届かない様な、判らない場所に「財産権を保管」したのは、生意気、ですなあ。

以下は、実際に、又一晩考えて、理事長に私が送ったメールです。人名以外は、原文のまま。



昨日は申し訳ありませんでした。

何度順番を追って考えても、午前中に(注木曜日です)、殿様さんの引き出し整理をして、空のものは、後見人さんに持たせ、中身のあるものは、中身を見て戻したので。

つまり、全部中身を覗いたのです。

その時、お金の袋がない、と、気づかなかったのですが。

午後に、お小遣いを入れようと、再び見たら。タクシー券の入った袋しかありませんでした。

リュックに入れた、空の袋も全部見て、探せる所は、思い付く限り、全て探したのですが。

前日(注水曜日の事)、お金の封筒から支払いをしているので、前日はあった筈。

こうなると、判らないです。


何故、こうなったか、一晩考えました。

まず、1万円札を取り分ける必要性があったか。

取り分ける必要性があったとして、茶封筒で良かったのか。

別封筒に、いくらあります、のメモがいつの間にかなくなった事は、やむ無い事だったか。


これらにより、平日の常勤の方以外の職員、サポーターさんが、別の封筒には、正しくお金がある、と思い込んで、慣れてしまい、確認をしなくなってしまったのではないか。


加えて、様々な封筒類が、整理されず、雑然と入っている中に、紛らわしい見た目の封筒に、お金を入れておいて良かったのか。


私もその危険に気づかず、漫然と扱っていたのではないか。


等、不具合な事に慣れてしまっていたと思いました。
今回、消える訳はないのに、お金がなくなったについては、起こったのは今回ですが、いつ起きても、おかしくない状態だったのではないか、とも感じました。
勿論、私も、その危険に気づいていませんでした。


今後については。

私見ですが、紛らわしい封筒は止める。

現在の財布では、殿様さんのお金を入れるには、相応しくありません。

取り分けしないで良い様に、紙入れ形式の2つ折りでない、しっかりした財布にして、1万円札は仕切りで分ける様にしては、と思います。

遠因としては、利用者さんの引き出しに、何でも突っ込んでおき、整理しない(何でも利用者の財産、間違って買ってしまったもの。等も。処分も、使える方に融通して良いか、謝罪して家族に聞く、等せずに。ただ入れっぱなし)習慣になっており、私も抗弁しなかった事、等もあったでしょう。

私も、いつも文句を言われる事に、うんざりしていましたし、必要な事を理解して貰える様に、伝える努力が足りなかったと、最近、良く考える様になりました。

ご指導を賜り、こういう事が二度とない様に。また、より良いサービスが提供出来る様に、努力したいと思います。

宜しくお願い致します。

私のメールはここ迄。



以下に、理事長からの返信を貼り付けます。

俺も管理者として指摘不足のところあった。今回は関係者の責任を自覚するため二万を職責に応じて弁償したいと思う。今後の対応方法をきちんとつめたいと思う。

貼り付け、ここ迄。


前日は確認しているから、自分は知らないし、責任ない(いや。生意気は肩書き付きなんですがね)。あんたのせいだから、勝手にしたら?

とは、大分違いますね。


そもそも、いつ紛失してもおかしくない事を習慣化したのは、誰かな?


責任者、肩書きがあるって、威張ったり、独断で何かを決めたりする権利がある、ではないですね。


実は私も、水曜日にあったのは判った、私も木曜日なかった確信がある。全員が自分は責任ない、とガンバると、泥棒が入った事になる。だから、誰かが(利用者さんかもしれません。うっかり出してあった封筒を触ったとかね)何か気づかずにやった筈。その可能性は、みんな平等。

だから。私が返済します、と表明したところ。



生意気、黙りまして。


理事長からは、調査してから!お前が弁済するな!と、連絡が来ました。


威張るだけじゃあねぇ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック