bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



郷土料理
どちらにも、様々な、郷土のお料理があると思います。

私が今、住まいしている所から、出身地へは、電車で20分くらい、駅からバスで30分くらい離れています。
近い方だと思いますが、郷土料理は少し違います。


出身地では、蕎麦です。うどんは〜、食べない事はありませんが、何か祝い事等あって、等と言う時は、祖父母の世代が、蕎麦を打ちました。

もの日、とか、人寄せ、とか言う言葉があります。出身地でも、今の住まいあたりでも当たり前に使われますが、家内には通じなかったし、パソコンの変換でも出ませんから、方言か、古語でしょうか。

もの日は、ものび、と読みます。お祝いの日、もそうですが、何か特別な行事のある日とか、神社の催しとか、お寺の何かとか、そういう日の事も含んで、村として、特別な日?かな?


説明、難しいですね。


人寄せは、凄く乱暴に言えば、宴会でしょうか。ひとよせ、と読みます。

お悔やみがあると、人が集まりますね。その後、精進落としとか、まあ、お礼を込めて、もてなしをしますよね。

そういう感じのイベントと言いますか、飲食の場を言います。


ちょっと親戚が集まる、友達を何人か呼ぶ、同窓会なんかも、人寄せかな。


で。

私の住まいするあたりでは、もの日やらの人寄せの時は、もてなしの最後に、うどんが出たそうです。

家庭だけのもの日でも、ご馳走として、特別にうどんを食べたそうです。


で、その頃の素朴なうどんが、細々ですが、専門店や、保存会の方等により、残っています。

専門店、そのうどんだけでは、商売にならぬので、今風にアレンジしたメニューなんかも置いています。

昔ながらの、郷土料理としてのうどん、は、ごく素朴なものです。

うどん自体は、家内に言わせると、讃岐うどんに近い、との事。

この地区のうどんに慣れている私には、?なのですが、腰が強いので、讃岐うどんに近い、と思うのかも知れません。

添えものがありますが、茹でた野菜少々、です。

基本はどうも、人参、大根、みたいです。季節により、白菜、茄子、菜っ葉なんかを添えたようですね。

このあたりは、土地が貧しい所で、江戸時代は、米は出来ませんでした。

良くは知りませんが、雑穀の類いは、出来たのかも。時代小説等を読んでも、米が採れず貧しい、と言う記述が良く出て来ます。


で、たまのご馳走が、茹でた野菜を添えた、うどん、な訳です。

いかに土地が貧しかったか、判ります。


家内の出身地は伊勢ですが、伊勢うどん、と言う名物があるそうです。

が。伊勢は抜け詣り等で、大変栄えた場所ですから。

全体的に、当地よりも、豊かな感じがする、と申しました。


当地、団子もありますが。
和菓子の団子とは、かなり趣の違う、うーん、素朴で貧しい団子ですね。

今の時代には、貴重な昔の食文化だと思いますが。


海も、まともな山もない所ですから。山はまあありますが、山にも色々ありますので。食材豊富な山ではなくて、越えるのが難儀なだけの山、かな?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック