bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



うどん屋さん
当地だけか、存じませんが、最近、やたらに増えたうどん屋の類いがありまして。

讃岐うどんの店です。
全国的に流行してますか?

当地は、四国からは遥か彼方です。私が今、住んでる自治体には、昔ながらの、素朴なうどん文化があり、保存会もありますが、ピンポイント的な、ローカル名物です。

今の住まいから北方向に向けて、は、米の作れる土壌がなく、江戸時代は、小麦、稗、粟程度しか出来ませんでした。

なので、うどん文化があるのです。


私が育った自治体は、当地から西に、電車ですぐ、の所ですが、山や川を越えるので、蕎麦の文化です。育った自治体で、ちょっとしたうどん、と言えば、かなり離れた土地の名物の乾麺でした。

贈り物等に、昔は奮発して使い、実家でも頂く事がありましたが、家庭でうどんをこねる文化は無かったです。

蕎麦は家庭で打ちました。父方の祖父が打つ蕎麦は旨かったです。祖父他界後は、祖母が打ちました。味は祖父の方が良かったかな?

いわゆる太打ちの、田舎蕎麦ですね。




で。最近は、実家の辺りは、何十年も近づいた事がないので、知りませんけど、当地には、西の方の、讃岐うどんのチェーン店が出来て、カフェテリア方式なので、当地では珍しく、値段も非常に手軽なので、繁盛しています。

我が家でも、良く食べに行きます。


本日の昼飯と言うか、おやつと言うかは、床屋さんの側に、又別の讃岐うどんチェーン店らしきものがありまして、そこで食べました。

医者を幾つか行き、最後に床屋さんに行ったので。

冷たいたぬきうどんを頼みましたら、当地の常識とは違うのが出て来ましたよ。
丼に、出汁の冷たいのを張って、うどんを入れて、てんかすと葱の小口切りが添えてありました。

当地で、冷たいたぬきうどん、は、冷やしたぬき、と呼びます。平皿に盛ってあり、てんかすと胡瓜が定番です。山葵も添えてあります。

讃岐版は、生姜でした。

山葵、天然のおろし立てなら食べますが、そこらのは、味と何より辛さでダメ。
私の薬味は、生姜です。

で、どうも西の方とは、何かが違うらしいのですが、蕎麦でもうどんでも、温かくても、冷やしでも、たぬきは、てんかす、キツネは、三角に切った油揚げ。



夕方、帰宅して、近所に、又々別の讃岐うどん屋が半月程前に出来ましてね。

今朝、家内に、晩飯は、そこの讃岐うどんに行ってみるか、と言ったのをすっかり忘れていたわたし。

何となく天丼を食べましたよ。


店の名前が、何々のうどん、と言う名前でした。
何々は、人の名にもある名称で、漢字は違いますが、のんびりさんの名前と同じです。

成人病満載(ダウン症候群の為。本人の不摂生ではありません)の方なのですが、今月の外食イベントの時に、ヘルパーさんと二人で、夕飯を外食しますから、その時、連れて行ったら、きっと喜ぶだろうなあ、等と思いました。

ひらがな読めますから、のんびりさんのうどん、って書いてあるね!とかね。

近所の讃岐うどん屋の方が高かったですが、床屋の側のうどん屋の方が旨かった気がします。

讃岐と、当地周辺では、うどん、蕎麦は、全く違う料理です。

材料は同じですが。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック