bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



若いヒト
当たり前ですが、若いヒトには、若いヒトの常識や感性があります。

年寄りには、年寄りなりの、長い経験に基づく様々な知恵があります。

若いヒトが、年寄りが煙たいのは、いつの時代もそうでしょう。

私は古いのかも知れません。新人の頃、散々上司に叱られながら、仕事を覚えました。判ったつもりで、見当違いな事をして、怒鳴られて、教えて頂いて、段々マシになりました。

今の若いヒト、もしくは、職場の若いヒト限定かも知れませんが。

天下取っちゃうんですね。
私の伝え方が未熟なのかも知れません。当法人に来る前は、私はいつも部下でした。

昨年の今頃、命の瀬戸際になり、心臓を切って、人工弁を入れました。もう常勤には戻れません。

1年近く留守をした間に、若いヒトが支えてくれた事には、感謝しています。彼らは若い感性で、斬新な事を実行に移してくれています。

ビルは高くなりました。

基礎を深く掘る事に気付きません。

結果、年寄りは、『勝手な個人的な非常識な拘りで、勝手な事をする、お荷物』と考えている様で、幾ら何でも、と、やんわり指導をしますと、100倍くらいの、悪口雑言が戻って来ます。

勿論、地下に潜った大きな問題は放置されたままになります。

困りに困って、家族から言って貰うと、素直にやります。

言われなければ、やらない、出来ない、気付かない、では、ケアホームの仕事は出来ません。

10年以上、ケアホームに関わる仕事をしてきた私に対して、反感を持つとか、大嫌いだ、と言うのは別に構いません。

人間関係で仕事するのは、社会人じゃ無いですから。


それが人間関係で仕事するんですね。先輩に叱られる、と言う感性が無いので、先輩が言う事を理解出来ずに、キレてしまいます。

私は良いのですが、利用者さんが不利益が改善されません。

平日、四名泊まる時の仕事は、まだまだ無理。ひょっとすると、絶対無理かも知れません。

が。平日の利用者の様子を見て居なくても、ある程度は、私は判ります。

便秘が続くヒトが、ちゃんと出ているか、等ですね。


家族から言われたり、私に提案されて、気付き、改善する時も、たまにあります。

気付きませんでした。実施する様にします、と言う事が表明されません。

自分の手柄にしちゃいます。

で、キレて文句だけは言う。


ゆとり世代たから、ですかね?

経験浅い、20歳年下の、生意気に、何で、経験則から進言する私が、変人扱いされて、利用者の不利益が放置されるのか。


やっぱり意味が解らないですね。

自信を持ったら、この商売は終わりです。

ミスを誤魔化せば、判るヒトには判ります。勿論私も気付きますよ。

何とかしなくちゃ!
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック