bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



節電?
東日本大震災がありました。
地球温暖化防止の観点からも、節電はじめ、エネルギーの節約は、ずっと人類は、心がけていく必要があるでしょう。

これに異論はないんです。

場所がホームで、この蒸し暑さに、利用者の方に冷房を使わせない となると、どうなんでしょうね。

夏中使わせないつもり ではない様子は判ります。
どこが解禁の目安なのか知りませんけど。

困った事がちとあるのですよ。
扇風機。

ワンピースさんは、育った環境にちょっとした事があり、ホームに来られた時は、まだ思春期を引きずっていると言うか、思春期が来ていないかも?と言う時期でもあり、少し難しい点がありました。
彼が持って生まれてしまった、特性上も、起こりうる事でもありました。
彼の責任ではなくて、だからと言って、社会的に不具合な事、彼自身が結局が不利益をこうむる事、なんかは、教えていかなければなりません。自立って、そういう事でもあるでしょう。そればっかりじゃないけどね。旧措置時代の入所更生施設じゃあるまいし。


とは言うものの、不具合な事は、しなくても、済むようにしてあげるのは、我々の仕事です。
本人さんも成長します。
ご家庭の環境も変わりました。(良くなりました。)
最初の頃のご様子からは嘘のようです。
若いって、凄いですね。
又、ホームを利用しようと決心して下さった、保護者の方、ご兄弟姉妹にも、深く感謝しています。
ご家族の愛情、ホーム等の本人さんの居場所の確率等が総合的に絡んで、ご本人の心の自立、社会参加の広がりが作られていきます。
それが豊かな人生に繋がります。

彼については、少し遠い将来だけど、一人暮らしが出来るのでは?とか、ケアホームはケアホームでも、もう少しプライバシーがより保たれる、ワンルーム形式(台所、風呂場、手洗い、等が全部自室内にある、いわゆるアパートのワンルームのイメージです)でいけるんじゃないか?等、私なんぞは考えています。


さて。
その特性上難しい点を秘めているワンピースさんの部屋に、困ったものを発見。

扇風機です。

なんで?と思われるでしょうが…

特性上、刺激が大好きと言うか、刺激がないと生活できません。
大きな声でしゃべりっぱなし、うろうろと動きっぱなし、作り表情、等がありますが、刺激と、生育環境から人にダメ と言われる事をする事が、彼にとって、本質的な利益になっている部分があります。

本人の性格が悪いんじゃないですよ!!!

で、扇風機は、刺激的(風)ですので…
かなり前のご自宅では、一年中、(真冬でも)扇風機を最強にして、首を振らず、自分の顔に直接あたる様にして、付けっぱなしで、止めると暴れる、パニックを起こして見せる 等が、あったようです。

なので、ホームでは、扇風機は使わないで、過ごしてほしい と、保護者の方から申し出もあり、実際、冷暖房は完備していますから、扇風機は使う必要がなく、そのまま3年がたちました。この夏が4回目の夏かな?



で、「節電の為に」と冷房を使わせないようにしているようですから…
本人さんは、暑くて、「クーラー!!!」と要望があったり、機械などには、とても強い方なので、(どうも感性で判るみたい。コーヒーさんも、判ります。)リモコンで、使わせない と決めている冷房を付けたりして、怒る(職員が)、又、つける(本人が)とか、繰り返していたのかもしれませんが…

扇風機が、彼の部屋だけにあって、仰天したのが、金曜日。

その月曜日に買って、(節電の為にね。保護者の方に一応、OKは貰ったようです。)木曜日まで使って。生意気肩書付きのメモがありました。
「本人は、首を振らずに、最強にしたがりますが、必ず首を振って、中迄に。夜間は、3時間のタイマーにして、掛けっぱなしにしないように」と書いてある。

一応、危険は知っているらしい。
扇風機の掛けっぱなしで、そのまま眠って、他界される方、毎年、おられます。
扇風機は使い方を誤ると、とても怖いし、命が無くなります。
高齢者の方が多いのですが、ワンピースさんも、高齢者になる日は来ますよね。

4日なので、「自分から夜寝る時に付ける事はありません。」と断言してある。
夜中はほとんど朝まで起きない方ですが、「ふと」目が覚めて、扇風機が止まっていて、反射的に最強、首振らず、自分に直接あたる様にして(そんな事は、彼の能力では、非常に簡単な事です。すぐ出来ちゃいます。危険は判りません。障害があるんだから。)朝まで付けっぱなし という事態を、100%阻止できる(この先、何年も。一回の例外もなく)自信は、私にはありません。

生意気にはあるらしい。
だから、たかが「節電」で、本人の要求に負けた?形で、買っちゃったんじゃないかな と思うんです。

現実問題、節電にするなら、殿様なら、大丈夫です。
殿様は、自発的に扇風機を操作する事は、これは私も断言できますが、可能性ゼロです。
窓を開ける、配慮した扇風機のあて方をして、自然な涼を取る、可能でしょう。

のんびりさんは、ちょっとテクニックが要りますね。彼もタイマー等にすると、止まっていると気が済まないので、又、「ふと」覚めると付けちゃいます。又、言葉での説明に理解が難しく、今まで自分の理解の中に無かった事は、納得できないので、別に暴れる訳ではありませんが、(穏やかな朗らかな方です)その事柄を排除しちゃいます。

暖房が理解できなくて(彼にとっては、冬になれば、部屋は自然に暖かい。冷房は判るのでが、冷房機と暖房機は同じものですから。冬に使うものではないので、切ってしまいます。ペンギンが住めそうな極寒の中で、寒くて困って暮らしていました。100万円単位の床暖房の設置の見積もりまで取りました。廊下から操作するようにして と)何年、暖房を使って貰うのに、格闘(精神的な ですよ)したか判りません。

極寒の中ですと、眠れませんし、夜更かし大好き、睡眠不足になり、体調不良、日中活動先で、昼間、眠くなって、活動途中で、昼寝をするのが当然 みたいなスパイラルが広がっていました。

だから、冷房は判りますが、扇風機は無理でしょう。
使えません。

コーヒーさんは、回っている物には、(動いている物)気になります。大抵、止めちゃいます。
程良くが出来ませんから、冷房のルーバーを閉めてしまい(冷房機は加熱して、下手をすると故障します。)そのうえで、部屋中の窓をぴったりと閉めて、ご丁寧に鍵まで掛けて…暑くて眠れなくて、衣服の着脱なんかして、お部屋中えらい騒ぎになったりします。

扇風機、止めちゃうか、興味を持って、指を突っ込んでくれるか、どっちかでしょうね。
指が無くなりますから、使えません。



ワンピースさんの保護者の方は、「夜の間、何回も巡回して、絶対に自分からふと起きて付けないように守ってくれる」事を、条件に、「節電は必要だから」と、納得して、承知なさった と言う事が分かりました。



ワンピースさん本人が、扇風機と言う道具を、安全に、適切な目的を持って使えるようにしていく という取り組みなら、評価するんですけど…
「節電の為」で、「本人が、冷房を付けろとうるさいとか、勝手につけてしまって、節電できない とかで」導入するのは、どうなんでしょうねぇ…
安全に、適切な目的を持って使って貰う事は、出来るようにはなると思うのですが…

ふと 目を離したら、起きている時間でも、最強にするように思います。首振りも止めちゃうと思います。で、生意気肩書付きの事は、ワンピースさんは、力づくで押さえられる と感じており、「怖いから、言う事を聞く」状態です。
実際に、力づくで押さえつけた事はありませんが、本人さんは、そう思っています。
「怖いから」やらない と言う納得だと、他の支援者の時は、「怖くないから、やって良い」になってしまいますので…

怖くないけど、これはどうもダメな事らしい と納得してもらわないといけないのね。

その辺が、生意気には判っていないし、出来ないし。
新人さんは、勿論、この仕事1年半の駆け出しなんですから、出来る訳が無い。


その状態で、「節電」を重視して、危険な扇風機を導入しちゃう神経が私には、判らんです。


個人的には、病院さんとか、私の勤務先の様な、弱者保護の為の施設なんかは。
「利用者の利便、快適さ」を損なう、エネルギーの節約 はすべきでない と思っています。
職員が、大変な思いをするが、そこの部分で節電 なら判ります。

自分の仮眠室は、絶対に冷暖房付けない とかね。

そこは付けるの。付けないと、3畳の密室で、窓もなく、天井も段差で半分は、下から1メートル無い部分まで落ちてきている、ベッドを入れたら、あとは何も出来ない狭い部屋 では無理です。


以前の私は、洗濯乾燥機をほとんど使いませんでした。
4人分、必ず、一度は室内だけど、干して、朝、乾き切らない分は、乾燥機。
早く乾くように、脱水を長く掛けています(カラッととか、しゃきっと とか1時間くらい、脱水する機能が今の洗濯機にはあります。)で、手で干す。乾かない分だけ、(冬などは、早い時間に干せば、暖房で結構いい線まで行ったり。夏は外ぼしですね。)。
手間暇かけて、使用エネルギーの節約と、衣服の傷みを減らす事をしてきました。

彼ら、若い常勤さんは、時間がかかるからですかね?教えますが、脱水を長く掛ける事はしません。乾きが全然違うんですけど。
室内ぼしも、外ぼしもしません。
脱水しきっていない、普通の状態のまま、乾燥機にそのまま放り込みます。

こういう生活の場所では、職員も、手際良くやらないと、切りがありません。
ですから、彼らが、そういう使い方をする事は、責めるべきではない と思います。
私も重度の身体障害者になってから、きつい時は、脱水は長く掛けますが、乾燥機(ガスです。電気が導入されそうになったので、進言して、ガスにして貰いました。使い物になりません。電気は。)使います。

良いとは思いませんが、仕方ないです。
乾燥機は使えない衣服、ありますから、それだけは、「ダメ!絶対!(薬物阻止のポスターにありますね)と散々言って、最近は、生意気も、新人も、多少は気遣うようになったみたいです、それは手ぼしですよ。

ハンカチ、一般的なズボン、ジーンズ、カジュアルシャツ(コットンで、Yシャツの形をしている物)等等、平気で乾燥機にかけて、しわだらけのまま、着せる と言うのが多すぎて。
アイロン掛けるなら良いですけど、2度手間じゃありませんか?
勿論、アイロンはありませんし、あっても掛けないでしょうね。

ボタンが飛んだ、ゴムが伸びた(ズボン等)なんてのは、お構いなしにそのままです。




元に戻って、若い人が出来ないのは、これはしょうがないですが。
節電、節電、なら、職員が苦労するのが筋じゃないでしょうかね。


こういう場所では、止む無いと思っていますので、私は自分の体を壊すよりは、便利な物は最近は使います。節約できた時間で、様々な仕事が出来ます。



なんで、ワンピースさんに、今の時期に、節電の為に、「扇風機」なんでしょう?


10年選手の言う事は聞きません。
私は体を壊してしまいましたから、もう常勤には戻れません。週末しか宿泊していません。
ですから、煙たいのは構わないし、平日の事情は判りませんし、それは良いのです。
私が大嫌い と言うのも構いません。

仕事に自信満々 になってしまってはダメです。
100%、自分の能力で防げる、出来る、完璧に、と思う事から、事故、不具合 は起こります。
過敏になる必要はありませんが、今回の扇風機は、方法と目的が一致していない、と強く感じるのですがね…

どうなんでしょうかね。

メモしておきましたが、多分、来週の週末に行くと、又、馬事雑言が書いてあると思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック