bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



緋牡丹博徒
古い、任侠映画です。60年代に、シリーズで8昨夜作られました。

女性が主人公で、渡世人の話ですね。ヤクザ、暴力団とは、ちと違う。舞台が明治の設定ですから。

歌舞伎俳優に、成田屋さんと言う方々が居ます。市川團十郎丈、海老蔵丈のご一家です。團十郎丈の奥様を、富司純子さん、と言ったと記憶していますが、その方が、お若い頃、藤純子のお名前で、活躍されまして、代表作になりました。

最近、任侠ものを見ています。

今はこのシリーズ等を見ていますが。

ぞろぞろと、往年のスターの若い頃が出てきて、楽しんでいます。

一作目には、売り出し中の、高倉健さんが、出演されましたが、死んでしまうので、後には出て来ません。
常連の脇役の方々は、新人的な藤純子さんを支える意味もあったのでしょう。

かなりの方々が固めています。

和歌山富三郎さん
清川虹子さん
山城新吾さん
菅原文太さん
鶴田浩二さん


昨日見た作品に、絶対見た事のある方だけど、お名前失念、と言う方があり、予告編を再生してみたら。

玉川良一さんでした。

記憶はありませんが、今見て、素敵だなあ、と思うのは、待田京介さん。

私はつくづく昭和の育ちだと思います。

見たいものは、任侠に限らず、色々ありますが、レンタル屋さんでは、なかなかありません。

使っているレンタル屋さんが、大手ではなくて、二番手で、ネットレンタルしない、出来ないなので、なかなか見つかりません。

しょっちゅう受付の方に、大正が戦前だ、と調べて貰って、大抵無いですが。

藤純子が終わったら、菅原文太さんの、トラック野郎か、高倉健さんの、網走番外地に戻るかしようかな。

別に、洋画のモンスター、パニック、アクションも好きですよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック