bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



名前の話
最近のお子さんは、私等のオジサンから見ると、?マークが10個くらい付く様なお名前の方が多いです。

名前には流行がありますね。

鷹山あきら、は、勿論、ネットネームですが。

実はプライベートでも使ってます。友人で、本名だと思っているヒトは、かなりいるのです。

なんでか、と言いますと、私の氏は、素直に読めば読める文字ですが、イントネーションを大抵間違われます。

本名出さずに説明するのが難しいのですが、三文字の音で、平坦に読むのですけれど〜漢字は二文字です〜頭に高いアクセントを付けて読む方が非常に多いのです。

印鑑は特注ではないのですが、所謂三文判は、店頭にはありません。シャチハタは、ありますが、店頭には無くて、取り寄せです。特注ではないので、三文判も、シャチハタも、普通の定価ですが、取り寄せに10日くらい掛かります。

加えて、音が紛らわしく、類似の一般的な氏と、聞き間違えられる事が多いです。

漢字の説明を必ずしないと、通じません。特に電話ですね。

その場で書くと、今度はイントネーションが違います。

中途半端に少ない氏で、ある地方では、大変ポピュラーですし、子供の頃、中堅処の俳優さんに、同じ氏の方がおいでになりました。
出身地では、少ないながらも、同じ氏の方は点在します。町内には、同じ氏の家系が三本ありました。

ポピュラーな地域と、江戸時代に交流があった家があり、明治になって、つけたやら、江戸時代からあったやら。

なかなか調べに行けないのですが、出身地には、ちょっと変わった、軽い身分の足軽組織がありました。

普段は農民、つまり、百姓です。ごく軽い足軽としてのお役目をする時だけ、名字帯刀。しかも、主人だけが、その時だけ、後家人身分になります。

その組織の一番はしっこの一番軽い身分でした。

その組織は、地元の研究家の方が、かなり深く研究され、郷土資料館等もあるので、どこかにいる筈です。

父方の祖先ですが、何か不始末をしでかして、名字帯刀取り上げられた、とつたわっています。

取り上げられる前の氏もわかっていますから、ライフワークで、調べています。


なので。どこでも、初めて見る氏、と言われますね。読むのは、交流深くなった方はちゃんと読んで下さいます。

で、読める氏を普段は使うので、鷹山だと信じている友人等が多い訳です。


ネットネームですから、変わった文字を使いました。実際に実在しますが、ごくごく少ない氏の様です。

どこから探してきたか、と言うと、TVドラマに「危ない刑事」と言うのが、20年以上前でしょうか?ありましてね。

主演が、舘ひろしさんと、柴田恭平さん。
舘ひろしさんの役名の氏が鷹山さんです。それを頂きました。

ですから、プライベートでは、20年近く使っています。


ホームのご利用者の方は、三名が、私と同年代。

お名前は、私が同級生にいた様な、普通のお名前です。

渉さん(わたる)
秀氣さん(ひでき)旧字体ですね。
大さん(私の年代では、かなり斬新なお名前です)

お一人、20代前半の方がおいでで、ご兄弟姉妹、皆様、星が付きます。

ご本人は海星さん(かいせい)文字は実は、海の星ですから、通常は、ヒトデと読みますけど。

男性は、漢字二文字で、音は4つが多かったです。

漢字一文字で、音は3つの方も一般的でした。


女性は、子や美、代が付いて、文字は二文字、音は3つの方が多かったですね。

その中で、大、と一文字の男性は、かなり斬新だったと思います。


家内は訳あって?途中で、通称として、永年使用した、と言う理由で、今の名前に、家庭裁判所に申し出て、許可された、と言う経歴があります。

なんでも、誰でも一度だけは、名は変更出来るそうです。理由には色々あるらしいですが、5年10年日常的に使っていて、皆様が、通称の方で無いと、戸籍の名では、理解されない、みたいな時は、比較的スムーズに変えられるらしいです。
何か不都合があったんでしょうね。

私の親は、平凡で誰でも読める普通の名前、と言う事で、名をつけたそうです。クラスに何人か、いつも居ました。

文字が少し一般的じゃないですが、平仮名にすれば読めますので。

利用者さんも同世代ですから、クラスにいた様な名前の方が多いですね。
海星さんだけは、世代が違うんだな、と言う感じ。

私の実の氏は、私は子を持たなかったのと、下が妹なので、夫の氏を選んでおり、断絶します。

これは私には残念な事で、成人の夫婦養子になって下さる方がいないかなあ〜と、良く思いますよ。

家内は少し肉親の縁がありますが、兄が氏を継ぎ、残ります。私は天涯孤独ですから、残りません。

昔と違い、氏を残す為に、契約して、夫婦養子を取るケースは少ないですからね。親戚とも縁がないので、氏を残す事は無理そうです。

ちょっと残念です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック