bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ボランティア
今、必要があって、殿様に、ボランティアさんを探しています。



ボランティアって、正確な定義を知らないんですが。
私の中では、タダ働きの労働力では、勿論ありません。

私自身は、プロですから、職業のスキルを、ボランティアとして、タダ働きはしません。対価が無ければやりません。

その中で矛盾を感じながら、でも、職務としてやらねばならんので、悩んでいる訳です。

殿様のニーズは、彼の必要に応じた、制度からの支給がどうしても得られない為に、ボランティアさんを頼む、と言うものです。

他の利用者の方は、制度の中での支給で間に合います。

それは、完全な自立をしておらず、ホームが担うべき部分を、家族が担っているから、です。

殿様は、お母様が他界された事により、完全に自立して、ホームの支援だけで、生活しています。

言わば、自立の理想、完成の様な人生を歩んでいる訳です。


そういう方に、制度の支給が付いて来ません。散々役所とは、様々なヒト、様々な団体、勿論、うちの法人も必要を訴えて来ました。
結論は。

その暮らし方は、大変良い。素晴らしい。
しかし、制度には枠組みがあるので、必要充分な支援=お金、は、出せない。

と言うものです。

殿様でも誰でも、支援が必要な方に支援を行うには、お金が掛かります。

誰が費用負担するのか、と言う事ですね。

一番都合が良いのは、志のある、近隣の市民の方々が、無償で、10年、20年、と継続して来て下さり、それに生き甲斐を見い出され、見返りを求めず、スキルは身に付けていかれる事、でしょう。

ボランティアさんは生き甲斐。殿様は必要な支援を安定して。自治体は、費用負担をしなくて良い。法人は殿様の生活維持の為に、持ち出ししたり、経営を圧迫されずに済む。

全て丸く収まる様に思えるのですが。


阪神淡路大震災の時に、国が味を占めた事は。

激甚災害が起こったら、ボランティアと言う名目で、国民をタダ働きさせれば良い。

資金は義援金と言う名目で、国民から吸い上げれば良い。

と学んでしまった事ですね。

国民の善意は、ヒトとして、当然の事ですが、それを見越して、システム化したら、これは善意の横領です。

こんな感性がありますので、自分はボランティアのタダ働きはしないんです。

街で困っておいでの方があれば、可能な限り、どなた様にも、お手伝いはさせて貰っています。

別にいわゆる弱者の方でなくても、道に迷った方、海外からの旅行者の方が、店等で、言葉や習慣の違いで困っておいで、とか、電車の中で、忘れ物を見つけたとか、スモールライトが付いたまま、エンジン切って、駐車場に停まっている車を発見したとか。


こんなのは、当たり前のお互い様です。


まあ英語の話せる外国人の方じゃないと無理だけど。


ボランティアは、それとはモノが違います。

日本のご近所の昔ながらの助け合いとも違います。


でも、殿様は、ボランティアさんが居なければ、生活が成り立たない、瀬戸際が近づいています。




困りました。
本当に。

何とかしなくちゃ。

常勤さん二人は、そこまで考えが及ばないでしょう。法人としては、自分達も、必要な時は、自分の休暇を潰しても、ボランティアに行くし、こちらが必要な時には、来て頂く、と言う姿勢で良いのだろう、と思います。

これを、法人レベルではなく、個人の段階に降ろして来ると、制度の不備を、ボランティアさんと言う、タダ働きで補う、と言う矛盾にぶつかります。

だって。

ボランティアさんは、都合の良い、タダ働きをしてくれる労働力、じゃありませんから。


と、ボランティアセンターへの募集広告の用紙を大分前に貰ってきたのに、書けずに毎日睨んでいます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック