bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



その次の連絡
腸閉塞寸前迄、酷い便秘で、丸1年苦しんでいた、のんびりさんですが。

結局、以下の様な、要するに、やるべき小さな事を怠り続けた結果でした。

はっきり言うと、常勤職員が丸1年掛けて、とことん酷くした、職員の怠りが原因でした。

ので、こんな連絡をしております。






のんびりさんの、腸閉塞直前の様な、1週間全く出ない、は、理由は知りませんが、夕食後の、排便を促す声掛けを、丸1年怠っていた為でした。

家族の希望がない、とて、放置してあった、とは、思いたくないのですが。

事実、声掛け開始した、5日、月曜日〜、毎日、排便はあり、お母さんが、薬が効かない為かと、下剤を倍にして下さったので、本日等は、完全な下痢状態です。

自宅には報告し、後は、平日の常勤の方と打ち合わせながら、薬を減らして、水分やヨーグルトで調整されていくそうです。

お母さんに、悩みに悩んだ一年間は、なんだったのでしょう、と、言われてしまいました。

が、悪意があった訳ではないので、腸閉塞直前迄行った事で、ホームに伝えようと決心したので、結果としては良かった、と、プラスに考えています、と言って頂きました。

又、下剤が効かない訳ではなく、従来の量で充分では?と、察せられた事と、きちんと声掛けがあれば、重カマだけで、大丈夫かも知れない、と期待が持てた事は、良かった、とも言って下さいました。

私も一時は、ラキソベロンの錠剤を、頓服で使うしか無いか、と、心配しました。

ご本人の能力は落ちていませんでした。

対応が悪いだけでした。


このくらい、気付いて、何とかして欲しく思いますが、ご家庭では、ホームでは出ないので、本人にストレスをかけるから、無理強いしないで欲しい、週末に大量の下剤で、強制的に出すのが、本人にとって、一番負担のない、健康的な方法である、と、考えておいでと、思い込んで、ご家庭の希望に合う様に、ホームでは出ない事を、好ましく思い込んでいた、と言う事でありました。(それが、知的障害のある、のんびりさんには、ふさわしい、健康的で、自然な排泄で、ご家族も、それを望んでいる と真面目に信じていた という事ですね。)

いやはや。何と申し上げて良いやら。


月に一度の金曜日では、既に懲りかたまっていて、出るは出ますが、ごく少量でした。


本日は完全な下痢で、薬が多すぎる状態です。

ここ迄、連絡文。


これで、プロのつもり、常勤さん、ホームの責任者のつもり、で、良く平気だと思いますが。


時代が違うのでしょう。


声を掛ける、たったそれだけが、知的障害者の方の健康を、良くもし、著しく悪化させもするのです。

腸閉塞は生命に関わります。


しっかりしておくれ!
次の世代は、キミ達が担うのだよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック