bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



こんな連絡
今朝、こんなメールを法人宛に出しました。
プライバシーに関する事以外は、原文のままです。




誰々さんの訃報、まだ信じられずにいます。

以下、急ぎませんが、ご報告です。

私事

著しく状態が悪い家内は、入院受け入れして貰えませんでした。

関係者の方々と、相談の日々にて、日常生活に、かなり支障が出ています。

私が介護支援計画を立てる状態です。

どこどこ事業所に、自費での追加対応依頼中。

仕事と、自分の通院と、家内をどうするか、で、自宅でも仕事の状態ですが、受け入れないのは、仕方無いです。




ホーム利用者、様々なミスマッチ、健康管理不具合の件は、年代の違い、常識の違いで、やはり通じません。

一番のネックが、どうも家族から指示があれば、素直にするが、言われなければやらない、又は指示が細かく来ないと、やらない様子です。

私が提言しても、けむたがりますので、やむ無くご自宅から、情報を引き出し、ご家族に、指示を細かく出して貰っています。

言われれば、素直にやるのですが、まだ自分で利用者の利益の為に、考える、同僚と分かち合う、提言する同僚の意見に耳を傾ける、は、難しい様子。

世代の差でしょうか。
言われないと、自分からは考えない、のが、当たり前みたいな感じです。

家族の仰る通り、なので、家族が細かく指示しないと、それは家族の希望ではない、言われない事はやる必要が無い、となってしまいがちな様子。

のんびりさんの便秘解消の為に、家族に細かく指示をノートに書いて貰ったところ。
その当日から、たちまち効果が現れ始めています。


現状ではやむ無いのですが、これでは家族の担っていた事を、ホームに移管出来ません。

が。平日居ない私が、客観的に提言をしても、家族の要望でない、と判断する習慣らしく、平日実践して貰えません。

私の勝手な拘り、で、終わってしまいます。



このあたりを、大変悩んでいます。


感性や、個性、世代の差は、これはどうしようもない事なので。


勿論、彼らには彼らの良いところ、得意な事は、沢山ありまして、大変真面目に仕事に取り組んでいます。
利用者が楽しく暮らせる工夫、和やかな雰囲気作り、パソコンを効果的に使って、様々な事に生かす、等は、私には出来ない、彼らの良いところです。

2つがうまく噛み合い、お互いの得意分野を生かし合い、相手には、自分に無い長所がある、自分の不得意な事は、相手にやって貰い、認める、学ぶ姿勢。

相手に不得意な事はあるが、得意な自分が補い、逆に自分が不得意な事は、相手に補って貰う姿勢に、お互いがなれば良いだけの話なのですが。


彼らが得意とする事は、ビルを高くする事。

私がやってきた事で、彼らには無い事は、ビルを高くする為に、日常生活の地味な基礎を深く安定させる事と、この仕事は先を見越して、観察する事が大切、と言う事で、具体的に、成果が見えにくいのか、地道過ぎて、すぐ答えが見えないのか、と言う、決定的な差があるようです。

ある程度、すりあわせをしながら、頑張っていますが、若い職員の方々、ご家族の方々の間で、かなり考え込んでいます。


個別支援計画には、書いてあるけれど、実際に、ホーム側で、色々考えを持ち寄って、ご家族に提言し、すりあわせをしながら、事務所のご指導を頂き、達成して行く、と言う感じではないので。

家族や、事務所から言われたら、素直に真面目にやります。

平日居ない私が、メモや会議で提言すると、それは言われていない、希望が出ていない、言われたらやれば良い事だ、になります。

基礎を深く掘る事には、感性が無い為、否定的です。


私だけが完璧な訳では毛頭なく、彼らの成果は、私は言葉で認めますが。

私が得意?で、彼らに無い点については、私の勝手な拘り、と言う感性から、なかなか抜け切れない様子。
相手が理解出来ない、無駄な事について、言及したり、手助けを求めたりしても、何の意味があるのか、解らないのかも知れません。

なかなか難しいものです。
私も出来る範囲の事をして、これは無理だったので、お願いします、と、表明する様にして、彼らが難しい事は、頼んでくれる様に、少しずつ働き掛けをしています。


私より経験豊富で、ご指導願える、年輩の職員の方が、リーダーだと良かったのですが、無いものは無いですから、現状から何とかしないといけませんね。


只今は、こんな感じの様子です。


最初に戻りまして、家内が入院を断られた為、どうしても、私に負荷が掛かります。

実際の支援は、自費で、支援事業所さんにして頂きますが、やはり家族ですから、見えてしまいますので。

世の中、なかなかうまく行かないものです。

自分が倒れないのが、まずは先決です。
それから仕事。次が家庭。
頭が混乱しそうですが、気をつけてやっていきたいと思います。


理事長、働きづめですね。
お体、大切にされて下さい。
病を抱えた身ですと、健康の有り難さが、身に染みて判ります。

今後とも、ご指導の程、宜しくお願い致します。



やれやれ。誰も悪くないと思いますが、世の中うまく行かぬものです。

若い世代二人が、似た様な感性の様で、ゆとり世代ど真ん中、と、経験1年の新人さんですので。

私はもう常勤には戻れませんし。


頭の回転、良くしないとねぇ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック