bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お悔やみ
今朝早く、私どもの法人が発足するのに、深い影響を与えた、知的障害のある方が、逝去されました。

この方は、全盲の方で、かつ、重度の知的障害がおありでした。

長年、専門施設に入所されていましたが、約10年前、私どもの法人の卵みたいなものが発足し、法人化して、その施設を出て、念願の一人暮しをされていました。

勿論、知的障害がおありですから、様々な困難がありました。ご病気もありました。それでも、ご本人は、作業所に通所されていましたから、自分の力だけで、稼いで、全て、自分で自立している、と、信じて生活されていました。

ちょっとキレやすい方でね。すぐ怒ります。意味が通じないので、困った事をされる事もありました。ここ1〜2年は、生活能力、気力が低下し、かなりご病気も難しくなり。

この方の場合には、法人の理事長との付き合いが長く、理事長に電話を掛けては、様々話をされて、その支援が大変難しいのですが、全面的に理事長が担っていました。

食事は作れませんから、その方を主にする、熟練のヘルパーさんがおられ、身分は、只の時給のパートさんなのですが、法人と連携して、ヘルパーさんをまとめて下さる方もあり、私どもの自治体で、たった一人の、先進的な事例の方でもありました。


本年正月。

非常勤職員が、昼食の支援に訪問したところ。

吐血して、としゃ物もあちこちにあり、苦悶しているご本人を発見し、すぐ救急車を呼びました。

としゃ、吐血の原因ははっきりしませんが、救急受け入れ病院に運び込まれた時は、誤咽性肺炎で、肺が真っ白な状態。

その夜が峠だと医師から説明があったのです。

一進一退を続けましたが、奇跡的に、意識が回復し、経間菅栄養で、口から食事が出来ず、又、気付いた時は、足が伸びたまま固まってしまい、立つ事、あたわず状態でしたが。

理事長等が行くと、話もし、車椅子で少しはあちこち行き〜病棟内ですが〜看護師さん、リハビリの担当者に、得意の悪態、罵声を浴びせる迄になられたのです。

病は収束しませんでしたが、診療報酬の関係で、老人病院的な比較的近所の病院に転院して、まだ2ヶ月経ったかどうか、の時でした。

肺炎が治らない原因は、本人さんの体力が乏しく、痰を出せない事により、肺の底に、細菌満載の痰が溜まり、膠着状態と言う事でした。


昨日、夜に入った頃、メーリングリストが回りました。大変危険な状態であると。


慌てて、ぶっ飛んで行くと。

計器のデータが凄まじい事になっておられて。

脈拍が170〜100程度を乱上下。酸素を10リットルマスクで入れても、SPO2が80台。痰の吸引をすると、一時的に90台後半に。すぐ80台に戻ってしまわれます。呼吸数が30越えておりました。

今まで、抗生物質を多用するしかなかったので、もう抗生物質はほとんど効きません。

医師の見立てでは、1週間は難しいだろうと。


彼はマンションを買うのが夢でした。さすがに買えないので、賃貸ですが、念願のマンションに移ったばかりでした。

すぐに、病魔に襲われ、闘病半年にて、今朝早くに他界されました。

たった一人の肉親のお兄さんが、ご本人のマンションで待機され、理事長等も一度帰宅して、心配していた所。

早朝に、なくなられました。誰も間に合わなかった様子です。

今日は、大変帰りたがっていた、賃貸ですが、マンションに帰ったそうです。

通夜が明日。
告別式は、明後日です。私は明後日は夜勤なので、告別式には参列出来ません。あすの夜の、通夜だけ参加する予定で居ます。

余りに突然で、誰も看取る関係者か間に合わない時間に、お一人で、違う世界に行ってしまいました。


この稼業を長くやっていると、数年に一度は、お悔やみが出てしまいます。



今度生まれて来られる時は、目が見えて、健康に生まれてきて下さる事を祈りましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック