bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



健康管理
ホームの常勤さんは、いわゆる「ゆとり世代」の世代で、ちと困る事が良くあるのです。
教育のせいでしょうか。
社会のせいでしょうか。
親のせいでしょうか。
本人の性格が悪いんでしょうか。

本人の性格が悪いのは、結果としては、そうかもしれませんが、そうなるに至っては、「ゆとり教育」のせい なのかもしれません。

先日、のんびりさんが、腸閉塞ぎりぎりまで、排便せずにいて、夜間救急診療所で、ノズルの長い浣腸をいただき(レントゲン撮ったら、腸の半分以上が固まった便でびっしり詰まっていた)使っても効果なく、(こんなに固まって、腸閉塞ぎりぎりになっていたら、ちょっとやそっとでは出ません。)次の日、かかりつけに相談して、常識外の量の下剤を遣う羽目になり、その又、翌日の朝、コロコロと少しずつ硬い、小さな便が出始めて、その又翌日、やっと下痢状態になって、更に翌日やっと全部便が出た という事がありました。

本人さんが、腹痛で、泣き出してから、全部出るまでに、4日かかった訳です。

当然、ホームは、(腹痛は金曜日の夜 みたいです)火曜日まで、休みました。

これ、ホームで、排便管理してないからですね。

本人さんは、小便はともかく、大便は、面倒くさいので、したくないんですね。
とどうなるか、は、理解できないので、自由に出来るホームと作業所では、大便をしなくて済む居心地の良い場所として、排便しないのが、いつの頃からか、定着してしまったようです。

2年ほど前までは、私も常勤でしたし、作業所にも声を掛けて下さるベテランの方がいて、作業所ノートに、排便情報は、集約していました。生活の中でも工夫をしておりました。本人さんも、それに対応できる体の能力がまだありました。


排便しているかどうか等は、明らかに判る方もありますが、聞かないと判らない方もあります。
判らない方が、正常な排便能力を持っていれば、気にしなくても良いのです。
能力ないヒトを自由にさせておく のは、これは、支援放棄でしょう。


次が、殿様。

彼は、アレルゲンは調べたら、全然ありませんでした。でも、慢性鼻炎の症状があり、花粉症の時期等は、酷くなります。
ですから、薬で症状を抑えています。ダウン症候群ですので、粘膜、皮膚が尋常ではなく弱いのです。その為かな?とは思いますが、障害者専門病院への定期通院を、2年放置していたので、理由や、何かは、7月に常勤2人が、雁首揃えて行くらしいですから、その時にでも、聞いて来てくれれば良いです。

現在症状はありますが、花粉症の時期は終わりました。アレルゲンはないのですから、薬は減らせる筈です。

薬袋を見ると、5月2日に薬の飲ませ忘れで、勘定が合わず、沢山残っていて、医師と相談して、数を合わせました。昨日は、服薬調整の相談に行きました。勿論、夜勤明けで、残業です。

何回、「薬があと何日分しかないから、医者に行って下さい」とメモしても、一度も行きません。常勤さん。人の心の中は、判りませんが、「アレルゲンが無いんだから、どうでも良かろう」と思っているんでしょうかね。

アレルゲンが無いからこそ、細かい服薬調整が必要です。無駄な薬を飲まない方が良いからです。

医師の方に本人を見せて、「飲ませ忘れが激しくて、3分の1は忘れている。でも、この状態を保っているので、アレルゲンは、こちらで調べて貰ったところ、ゼロだし、花粉症のシーズンは終わったし、なので、薬を減らせるのでは?と考えて、ご相談に来ました。」と。

医師は、「粘膜が弱い、ダウン症候群」と言う可能性を示したら、「あるかもしれないね。」「専門病院に、常勤職員が相談に行く」と告げると、「判った事があったら、知らせて下さい。」

減らしてみる薬は、これをまず減らして、様子を見て、1カ月で、又相談に来て下さい との事でした。

私が予想していた薬が減りました。この稼業長くやっていると、癌の薬は判りませんが、日常的な処方薬の事は、真面目に仕事していれば、判るようになります。


で、医師に叱られました。「今回で、飲ませ忘れでずれているのが3回目。今回合わせると、4回目に合わせる事になる。こんなに飲ませ忘れているのでは、判断ができない。管理しているのは、誰?責任者は誰?」と。

私じゃないので、「常勤職員さんなんですけど、私は、先生もご存じのように、心臓切って、重度身体障害者になってから、非常勤になりまして…」とかもごもご言わなくちゃいけません。


これを、まさか、アルバイトのヘルパーさんに、「服薬調整して来て下さい。」で、放り投げて、帰る訳には行きませんし、常勤さん、排便把握も、アレルゲンが無いのに、症状が激しいにも、気が無いんですから、私が一人でやってます。

利用者さんが、楽しく暮らす事については、効果が見えますし、彼らは得意です。
パソコンなんかも、非常に得意です。
大いに評価します。
私には出来ない事、幾らでもあります。

彼らには、私が提言する事は、「鷹山の勝手な拘り」でしかない訳ですね。
ベテランが言うには、意味がある事が判らない。
で、腸閉塞ぎりぎりで、生命の危機 になっちゃうんですね。
知らないのですから、お互い学ぶとか、頼むとか、連携すれば良いんですけど、「ゆとり世代」には、結構難しいです。

高齢化で、ダウン症候群の利用者さんは、これから、どんどん体の能力が落ち、頑固になり、ひいては意固地になって行きます。それは障害特性です。今から(今、もう、十分高齢化していて、頑固になってきて、受け入れなくなってきています。)少しでも喰いとめる努力が必要なんですが…


ゆとりさんの、名言があります。

ホームには、手軽な血圧計がありません。
私は、自分が重度の身体障害者で、人工パーツを埋め込んでいますから。
夜勤のたびに、持参します。自分の血圧計。携帯できる大きさです。
で、殿様は、先天性の心臓疾患があるので、週に2回ですが、測っています。

のんびりさんにも、今後、必要が出てくる可能性が高いので、(訳はちょっと省略)「ホームにある血圧計は、大がかり過ぎて、手軽に測れないので、手軽なこういうタイプのものを買って、週に一度で良いから、のんびりさんも、データ集積を始めたらどうか。」と提案したところ。

ご自宅には、言えませんでしたけど、「自宅で、測ってくれと言ってきたら、測ればよい。必要ないから、言ってこないので、言わないうちは、面倒だから、しなくて良い」と言う様な事を言われて、開いた口が塞がらなかった事もあります。

便通の事で、ご自宅と話し合っていて、血圧の話になったので、「常勤さんにそうだんしてみたところ。ご自宅から、書面で要望が無い限り、血圧のデータも、プライバシーだから、その侵害に当たるので、してはいけない。」と言われまして…とか誤魔化して。

言われないとやらない世代なんでしょうかね。



という訳で、昭和10年くらいのお父さん、お母さんは、期待はしても、要望があっても、口に出したり、連絡ノートに書いたりしたり、しません。
気を悪くするかな、申し訳ないかな、色々遠慮します。
それを察して、私などは仕事をしますし、うっかり気付かずに、大問題になっていることが判明した時は、とにかく謝って、改善し、様子を報告してきました。

これは、今では、古い感性なんですな。

ので、再三お願いして、「とにかく書いて下さい。電話で伝えて下さい。悪気は全然なくて、ご希望が無いから、現状を維持すべきだ というのが、今の若いヒトの常識です。彼らは非常にまじめに仕事に取り組んでいます。知らない為に、方向がずれてしまいます。ご自宅と、常勤さんで、話し合って、妥協点を見つけて下さい。」とお願いする日々です。

さすがに、腸閉塞ぎりぎりまで行っても、気付かないので…
「書きます。電話します。不真面目な訳ではない事は、良く分かっています。」と言って下さいましたけど…

さて?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック