bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



腸閉塞ぎりぎり!!!
私は、身体的な要因で、常勤職員には戻れず、非常勤で勤務しています。
平日は、生意気肩書付きと、素人新人がやっている訳ですね。
勿論、彼らにも意欲はあり、私の考えつかなかった事柄に大きな成果を出したりは、してくれています。その点は、勿論評価しますが…

生意気肩書付き は、丁度「ゆとり」世代なんです。
その為かもしれません。
先輩から学ばない、自分が全て、という感性は、教育が悪かったためで、本人のせいではないのかも知れませんね。

とは言え。

以下の様な事があったそうで、これは論外です。


久々登場ののんびりさんですが。

彼は、ダウン症候群で、手帳は2度、障害程度区分は、4かな?多分。
言葉はあります。見た目には大して重くない様に見えます。
実は、かなり厄介(本人のせいじゃありません。障害のせいです。)な事があります。

言葉はあるのですが、言葉で理解できない。これが彼の生活しにくさの一番の要因でしょう。
いつも困っているのですが、元来明るい性格の人なので、困っている事が、表面化しません。
又、風が吹けば、桶屋が儲かる と言いますが。
(ご存じない方の為に。風が吹く→埃や砂が飛ぶ→眼病の人が増える→視覚障害者が増える(昔の諺ですから、当時は、めくら と言いました。→視覚障害者の方は、三味線で生計を立てようとする→ネコが減る(三味線に張られている皮はネコです。お稽古用のはイヌですが。)→ネコが減って、ネズミが増える→増えたネズミは桶を齧る→桶屋に注文が殺到する→桶屋が儲かって喜ぶ)

行動がゆっくりとしか出来ません。
本人が決めた予定の行動がありまして、それは定着すると、習慣化し、変更できなくなります。
その予定が、本人の行動能力を上回ってしまう事がしばしばあります。
いつもの生活とは違うスケジュールになった時でも、従来通り、本人が自分で決めて、習慣化している行動を取ろうとします。
それについて、言葉で、延々と説明しても、理解が出来ません。
結果、オーバーフローして、消化できなかったり、眠る時間が遅くなったりします。
睡眠時間が極端に短くなり、その為に、様々な事柄に悪影響を及ぼします。
本人は困りますが、なんで困る事になるのか、は、理解できません。

ですから、上手に遊びながら、習慣化行動が増えない様にする事は、かなり大切な事であります。


で、彼、のんびりさんの「ホームでは本人の予定表に入っていない、大変大切な習慣」があります。
「排便する」です。
元々特性上、腹に力の入りにくい方。又、特性上、感覚が鈍い方 です。痛み等、排泄感等を、感じにくいんです。
外出した時に、ヘルパーさんが、「お手洗いは大丈夫ですか?」と聞くと、「うん。大丈夫。」と言って、行きません。結果、6時間とか、8時間とか、毎回、「うん。大丈夫。」で小便に行かず、という事がしょっちゅう起こります。

これは働きかけが違うんです。「お手洗いに行きましょう。」と言えば良いのね。
行けば、結構凄い量の小便が出ます。
特性上、言われた事には逆らわないと気が済まない という方もあって、「お手洗いに行きましょう。」と言われたら、どんなに小便がしたくても、大暴れで抵抗して、直後に屋外で、失禁する という方もありますが、のんびりさんの場合は、そっちじゃないです。「大丈夫か?」と聞かれると、「大丈夫」と答えるのが、正義だ、 と思っている様子です。

だから、手洗いに行けば、ちゃんと小便は出ます。

ホームでも、小便は少ない回数ながらも、するのですが。
排便をする というのは、どうも、本人のスケジュールには入っていないようなんです。
ですから、同様に、きっかけを見つけて(食後とかですね。)排便をしてくるように伝え、出たか、出ないか、判りやすい言葉で、聞く事が大切です。
「ちょっと?いっぱい?」等ですか。

私が常勤だった頃は、少々の工夫もしておりました。
まずは水分。帰ってきて350ccのコップに何かを一杯。
食事時に食事中と、食後で、2杯 朝は、一杯しか飲ませられない事が多いので、自室に水筒を持たせて、飲めるようにします。
就寝薬を飲む時に、一杯。

なんだかんだで、350ccのコップに5~6杯は最低飲んで貰うようにしていました。2100ccですね。
大体2リットル半は飲むように、と言われるそうです。ダウン症候群の方、代謝が悪いからかな?
それに、作業所でも、2~3杯は何か飲む様ですから、まあまあぎりぎりセーフでしょう。

あとは、食事と言うか…

月曜日、水曜日、金曜日 に夜勤をしていました。その翌朝は、必ず、朝食に、果物を入れたヨーグルトを出しました。牛乳も買っておいて、「カフェオレ」とか「コーヒー牛乳」とか称して、2日に1リットルは消費するように(利用者さんは、4人ですが、牛乳飲む方は、2人だったかな。)して、のんびりさんにも、コーヒー牛乳として、夕食後には必ず出していました。

作業所でも、排便があった時には、把握して、ノートに記載してくれていました。
私も記載をしました。「ちょっととの事」とか「いっぱいとの事」とか。「無しとの事」とかね。

そんなんで、少しは下剤の量が減らせたのですが。


私が倒れている間に、様々な状況も変わりました。若者2人が運営して、私は、お荷物的な立場になってしまいました。
「ゆとり」の生意気肩書付きが、天下を取ってしまったので、まだまだ経験の浅い人です、見えない事に気づくのがまだまだ。
作業所の担当職員さんも変わりました。
把握のメモがいつの間にか途絶えました。


そのほか、生意気のせいだけではなくて、様々な見えない不具合が重なって…

しばらく前、「のんびりさん、下痢、下り気味で休み」と日誌に書いてあり、直感で「おかしいな?」と思いました。

いつも便秘の人が、下痢で休みって、ウイルス感染の大腸炎でも起こしたか、 と。

早速、ご自宅に聞いてみると。


最近は、ホームでは排便が出ていない様子で、改善がみられた時期とは異なり、出ないのが当たり前だった頃に逆戻り、自宅に帰ってきて、下剤を沢山飲ませて、週末で1週間分の便が出る状態。
排便把握のメモもいつの間にかなくなり、把握できない状態。

との事。

で、ある夜「お腹が痛い」と大泣きをして、様子から考えるに、便が2週間は少なくとも出ていない状態と考えられたので、大急ぎで、夜間救急診療に行くと。
レントゲンを取って貰ったら、腸の半分よりかなり上の方迄(?ちと曖昧ですが。私の記憶が)便が硬く固まっていて、腸閉塞寸前状態だったそうです。

感覚の鈍い方が、痛くて大泣きするくらい、酷い状態だったんでしょう。

ノズルの長い浣腸を処方され、試みたが、翌朝になっても出ず、かかりつけ(我が家の2軒お隣のビルです)の医院に、見て貰ったところ。
とにかく、早く出してあげなければいけないから と、大量の下剤でとりあえず、出す事になり、大量飲ませて、やっとのことで、排便させたそうでした。

それも、飲ませた翌朝から、やっと出始めて、最初はコロコロとした状態、最後の方になって、やっと汚泥のように、下痢状態になったとの事。

それは体力消耗しますから、「下痢、下り気味で休み」なのは当たり前ですが。



ビルを高く建てるには、基礎を深く掘らないといけません。じゃないと、ビルは倒れます。
基礎を深く掘る分と言うのは、目に見えにくいです。
私が色々工夫していた頃は、本人さんの体の状態も少しはましでしたでしょう。
下剤も減らせました。

が、今は、私は、のんびりさんと一緒に泊るのは、1カ月に1度です。

普段は、若い人が生活を支えているのです。



排便が出ずに、腸閉塞寸前!なんて、聞いた事がありません。
普段の生活の中で、排便をするように促し、多少は工夫もし、確認をしないとダメですが…

本人は、口では理解しませんし、口で、報告してくる事を、本人任せでは把握しきれません。

工夫が無理、本人の高齢化で、工夫ではもう出ない という事なら、下剤を変えるしかありません。
習慣化しやすい、常時使っていると、排便能力が落ちてしまうような強い薬がありますが、そういう薬でも使うしかないんです。

その為には、雑学程度の医療や、薬の知識も介護屋にはなくちゃダメなんだけど。

「下痢、下り気味で休み」で終わっちゃうようなら、ちょっと困ります。
普段の生活を見ていない私でも「おかしい!」とい直感で感じたのですから、普段の生活を見ている人は、ちょっと見てくれないとねぇ…

さて、来週、会議がありますが。

ゆとり 生意気肩書付き は素直に聞いてくれるでしょうか…

便秘が当たり前なので、体重も増加の一途をたどっています。
成人病満載の方です(本人のせいではなくて、障害特性の為の現象です。)又、循環が悪いので、太れば、心臓に負担がかかります。

心臓の不具合の怖さは、私は身をもって知っています。


困りましたね…
どうしますか…

お母さんに、「ホーム長(のんびりさんの担当者でもあります。)強く依頼して下さい。平日いない者が、ごちゃごちゃ言うと、おかしな事になります。又、かかりつけ医院の2軒先にこの度、引っ越しましたので、事務所に一声かけて下されば、勤務扱いかどうか はともかくとして、ご一緒する事も出来ます。黙って は労働者として宜しくないので、事務所にだけは、こえをかけて下さい。事務所がダメと言ったら、ダメですが、そういう事はうちの事務所は言わないと思います。」とはお伝えしましたけど…

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック