bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ステロイド外用薬~素人職員に怒られた!
知らないとは、恐ろしいもので…

ホームの利用者さんには、自閉症、自閉傾向の方もあり、絶えず自傷行動をしている方が2名います。

自傷、他害、なんていいますが…まあ、癖みたいなもので、ある程度はやむないです。傷を作ってしまいますので、その手当をきちんとしてあげれば、叱ったところで、治るものなら、ホームを利用していません。脳神経の伝達の問題ですからね。自傷行動。

何故、自傷行動が起こるのか、は、実は、私も詳しいメカニズムは知らないのですが…
凄く乱暴に言えば、脳のある部分が、過敏なのだろうな、くらいは判ります。
彼らは、自分を傷つけたい と思って、自傷行動をしている とは、限らないようです。
ちょっとささくれが出来てしまった、とすると、その部分が滑らかでない事が気になってしまう、伝達方式になっている為、治るまでそっとしておけば、きれいになる、と言う事が理解できません。

自閉症の方は、感覚に異常と言うか、独特なものがある と言われますね。
光、音、色、食感、触感、色々な物に、独特なものがあって、知的障害を伴う場合には、そのおかしな反応をしてしまう脳が困る事を訴えられませんから、ささくれが出来ると、「きれいにしたい」と思って、むしり続けると言う事になります。


ちょっとしたキズが出来た場合、きれいに本人はしたいのでしょう。
むしりにむしって、かさぶたも、何度も何度も剥がし、感覚異常があるので、絆創膏等の資材を使えない為、いじり放題、ちょっとひっかけただけの小さな小さな傷が最終的には、500円玉くらいまで、大きくなり、いじり続けた結果、痣の様な黒ずんだ肌になってしまう、そこまで治るのに、一般の方なら、数日、その方だと、まずは3カ月、場合によっては、半年もかかる と言う事が、良くあります。





で、ステロイド外用薬の話ですが。

昨年4月に入ったばかりの素人常勤がいます。
それとは別に、生意気肩書付き もいますね。
生意気肩書付きも知らないのかな?と思うのですが、自傷行動がある人がいますし、医者に行くほどでもない、普段のむしり行動には、ローションとか、ワセリンとか、処方の消毒薬とかを常備しておいて、適宜利用して、むしるのは止められませんから、悪化を食い止めるために、スキンケアが必要なのですが。

出血したりして、近所のお医者さんに行った時に、(ホームの利用者の方のちょっとした事には、いつもそこにお世話になっています。)たまたま、そこは、高齢者の方で、慢性疾患みたいな方が多い医院なので。

所謂怪我に使う傷薬は在庫しなくなっていました。昔は、あったんです。でも、お年寄りの怪我は、転んで骨を折る みたいな事で、処方の消毒薬を貰いに来る人は、余り居ないのでしょう。

消毒薬に、中程度のステロイド剤混入で、結構、お医者さんは、ちょっと出来物が出来たとか、にきびだとか、アトピーだとか言うと、気軽にほいほい出してくれる、そういうステロイド剤があります。

どこの医院でもあるでしょうね。その医院は、院内処方なので、在庫はない。だったら、消毒薬を、処方箋で貰えば良いのですが、処方箋制度が新人さんには、良く判らない。


困った話なんですけど。


で、一般の方が、アトピーの場合は別ですが、ちょっと出来物が出来て、と言うような場合に、かかりつけの内科で薬をもらうと。大抵、その、消毒薬が入っているステロイド剤が処方されます。
治るまでの短期間使うには、効き目も良いし、良い薬です。私も自分で持っています。

ところがね。

医師の方は、利用者さんにかなり慣れていますし、受け入れて下さっているのですが、さすがに障害特性迄は、判りません。一般的な、医師としての常識知識はお持ちですが、では、そういう特性を持った方が、日常生活を送る場合、支援者として、どこに気を付けてあげなければ、とか、医師として、どう配慮した薬を出せば良いか 等は、判らないのです。

ですから、私たち、介護職、支援者が、「この方はこういう特性があります。それに配慮した形ですと、○○は、どうも宜しくないので、××の薬でも良いですか?」と相談して、医師の方が、納得して下されば、院内処方でも、院外処方でもいいですから、それを貰えば良い訳ですね。


しばらく前から、単純な消毒薬の方が、枯渇しておりました。
消毒薬入りのステロイドは山ほどあります。

「消毒薬を貰って下さい。これしか在庫がありません」とメモし続けて、1カ月や2ヶ月は経ったでしょう。たまたま他の人が、普段しない、自傷行動で、大出血した との事だったので、それにかこつけて で良いから、「とにかく2~3本貰ってきて!」と頼みました。

結果。

1本だけ貰ってきました。処方箋でした。

何故、1本だけか、と言うと、素人常勤には、ステロイド剤ではなくて、消毒薬に「鷹山が勝手にこだわっている。院外処方と言うのは、特別な薬を貰う時である。一般的な薬は、院内処方である。何故、一般的な薬ではダメで、処方箋が必要な特別な薬にこだわるのか、訳が分からない。」と思っていたのですね。

で、連絡ノートで、「自分勝手に特別な薬に拘って、何がしたいのか?」と詰問状態のめもがありました。


知らないって怖いです。


まず、大抵の医院は、今は院外処方箋です。
ただ、その医院は、お年寄りが多く、所謂門前薬局がありません。
なので、患者の利便性を考えて、院内処方なのですね。

お年寄りは、傷はしませんし、傷をしたからと言って、お医者さんに消毒薬は求めません。
赤チンは今でもあるのかな?「マーキュロクロム」ですね、か、ヨードチンキ(こっちの方が今は、ないかも)か、もっと古いと、オキシフルなんかの処方箋が要らない、ご家庭用傷薬 みたいな物を利用されます。
最近なら、マキロンとかね。で、絆創膏を貼って終わりでしょう。
化膿して大変な事になったら、外科に切開に行くのではないかな と思います。

その医院は、院長先生の専門は、皮膚科、副院長先生の専門は、消化器 なので。
外科は得手じゃありません。
巻爪程度でも、無理です。
白癬でしたら、何とかしてくれますけど。院長先生が皮膚科ですから、息子さんの副院長先生もまあ、普通に出来ます。お年寄りに、白癬何十年治らない みたいな方も多いですし。


と言うだけの事で、「特別な薬は院外処方。普通の薬は、院内処方」ではないですが。
で、「院外処方箋は、決まった薬局でしか処方してもらえない」事はなくて、北海道の処方箋を、期限(4日間ですね)以内に受け取るなら、沖縄でも、沖永良部島でも、構いません。

こんなのは、介護職でなくても、一般常識なんですが。

「何故、院外処方箋の特別な薬に拘るのか。医師に聞いたら、どちら(消毒薬入りステロイドと、消毒薬単体と)でも構わない と言われている。一般的なのは、ステロイド、単体の消毒薬は、特別な薬、何何薬局限定で貰わないといけない。手間も暇もかかる。拘る意味が分からん。鷹山の好みで、利用者の利益が阻害されている」とか書かれちゃうわけです。


そりゃ、2~3日で済む普通の方なら、ステロイド剤でも、消毒薬単体でも良いでしょう。
彼ら(うちの利用者さんの自閉症、自閉傾向のある方たち)は、恒常的に、無意識に、眠っている以外の時間は、ずっとむしり続けている訳です。

きれいになめらかにしたい為に。

むしるのをやめれば、きれいななめらかな状態になる と言う事は、理解できないの。
感覚も異常な感じで鋭いんです。

ですから、長期連用せざるを得ない。


素人常勤職員は、ステロイドと、消毒薬の区別がついていません。
何と何を混ぜ合わせたものが、何と言う名前の、消毒薬入りステロイドなのか、知らないし、学びません。
ステロイドに消毒薬が入っている医学的意味も知りません。
ステロイドの長期連用による、爆裂的なリバウンド、副作用も知りません。

知らないとね。

偉そうなことが言えちゃうんです。
常識として知っている、10年選手の先輩が言っていても、ご家族は、まさかステロイドを常用されていると、知らない状態になっている と言うのも、知りませんから。

「鷹山が勝手に自分の好みで拘っている」と信じ込んでいる素人常勤は、ご家族あてに、ノートにメモを書きました。

「一般的な薬である(内容、効能、成分を知っている訳じゃないです。医者に行かせたら、その薬を貰って来たから、一般的 と思いこんでいるだけですね。)○○が、医師から、ご本人に処方されていますから、それをずっと使っておりますが、××薬を使いたいご希望がありますか(本人は、ないと返事がある と思って書いています。)?もしおありになれば、『特別な薬の××』に、『今後切りかえるようにいたします。』」

???

ずっと本人さんたちが使ってきたのは、ステロイドの入っていない消毒薬の方です。
消毒薬入りステロイドにいつの間にか変更して、気にもしていなかったのは、素人と、生意気ですね。

どうも私がいない間から、全員、ちょっとした怪我等の時に使う常備薬として、ステロイドを完備してあるようで。




本日は、インターネットから印刷した、
消毒薬の説明と、
消毒薬入りステロイドの説明と、
消毒薬には、長期連用しても、副作用はほぼ100%出ないという説明と
ステロイド(一般的にステロイド)は注意深く利用しないといけないと言う説明と、
ストロイド外用薬、長期大量連用による、重篤な副作用についての説明と、

全部印刷して、置いてきます。

それから、恒常的にむしっている利用者さん(自閉症、自閉傾向の利用者さん)のご家族に、連絡して、「ステロイドは今まで、利用した事がありません。障害者専門病院でもステロイドを使いなさい と、言われた事はなく、ステロイドは、長期連用しなければならない本人には、副作用がいつ出るか判らないので、困ります。ステロイドを使っていると知って、驚いています。従来通りの消毒薬に戻して下さい」と返事を書いて貰います。


知らない事はね。

先輩に聞くんですよ。

医師も知らない事を、ベテランが知っている事もあるの。
私が平日夜勤出来るなら、(もう身体的な負担が大きすぎて、無理ですけど。)「ステロイドじゃなくて、消毒薬をもらってきて。」と、ヘルパーさんにも指示出します。
自分が行く訳でない時は、「こういう理由で、処方箋で良いので、消毒薬の方をお願いします。」とヘルパーさんにメモを持たせます。

院外処方箋=特別な薬 ではない事も、知らん、素人が常勤をやっていて、それに疑問を持たない生意気が、責任者 は大変困るのですが、まあ、彼ら若い者素人、生意気にも、私とは別の私では思い付かない、出来ない、色々なスキルがあります。

得意分野で、能力発揮すれば良いでしょう。


が。


感情がありますので…
「あんたが勝手にこだわってるだけ」みたいな事を、素人に文句言われますとね。
少しは勉強しろ、と思いますし。
生意気が、知っていて、教えていないなら、
責任者は誰だ!専門職なんだから、教えなければ、「見て覚えろ」とかやってる場合じゃない
と言いたくなりますね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック