bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心付け
引越は無事に終わりまして、まあまあ家の中も片付きました。本日から、私は通常通り仕事です。毎週火曜日から木曜日は、大抵公休なので、そこを利用して、引越をしました。

引っ越すにあたって、いろいろな方々が、入ったわけです。まず、エアコンがありませんから、4台入れました。それから引越屋さんが来ますね。古い方の賃貸に残る窓式の冷房機の取り外しなんかは、エアコンを入れてくれた業者さんの下請けさんが、やってくれました。不動産屋さんにもお世話になりました。賃貸の世話をしてくれていた不動産屋さんの、売買部門の営業の方に探して貰ったんです。入ってみたら、排水が不具合があって、それは、売り主の会社さんからリフォームを請け負った会社さんの職人さんが、ちょっと見に来てくれて、「終わったばかりの現場だから」と無料で排水の清掃をしてくれました。

私が子供の頃。

生まれてから、大学時代まで住んだ家は、増築を繰り返して、30年近く使いまして。
その間、手直しやら、なんやらで、いろいろと職人さんが入りました。
当時、母は、10時と15時に休憩時間で、お茶菓子を出し、お茶を淹れ、昼には、ちょっとした小鉢と、お茶を淹れておりました。

当たり前のことでした。

平成近くなって、今の実家を建てた時は、土地を買い換えたので、お茶出しには行けませんで(母は、車の免許を持っておりませんでした。)棟梁にまとめて(いくらか知りませんが。)お渡しして、適宜していただいたと記憶しています。

今は、飼い主が入らないうちに、設備なんぞは、先にやってしまいます。いつ入っているかも分からないので、お茶出しもしなくなりました。

とは言え。

どうも、私は気になるんです。

設備業者さんのエアコン設備一式も、引越屋さんの代金も、実は、かなり値切りました。

でも、引越に伴い、冷房機を外しに来てくれた、設備屋さんの下請けさん、引越屋さんの梱包作業員の方、引越作業員の方(トラックで積んでいくいわゆる引越作業をする方たちですね。)、昨日、排水の不具合を発見して、リフォームをされた業者さんに連絡したら、「無料で、調査しましょう。」と言ってくださり、実際に、排水を清掃して、直して下さった方、それから、不動産屋さんに、何もしないと言うのは、気が引けます。

それぞれお仕事やら、作業内容やらで、差はつけましたが、ポチ袋(これが今、なかなか無いんです。祝儀、不祝儀ののし袋はあるんですけど。心付け用のポチ袋を探すのに、苦労しました。)を10枚用意して、こんなにポチ袋要らないかな、5袋セットだと良いのに、と思いつつ、それぞれに、少々の金額を入れまして、お渡ししました。

引越屋さんのトラックに積んでいく作業員の方は、たぶん、貰い慣れておられます。全部で4名の方が来られたので、ポチ袋では、入らなくて(まとめた金額で、高額紙幣1枚でも良いのですが、みなさんで、分けるには、細かい札の方が便利ですから、わざわざ細かくしました)郵便局の封筒に入れてお渡ししました。

梱包の方は、開梱もなさるので、一応2日分の積もりで、ちょっと包みました。少し辞退されたので、渡す人と、渡さない人がいるのかな?

エアコンの下請けの職人さんと、リフォーム会社の排水を掃除してくれた職人さんは、大変辞退されました。でもねぇ・・・こういう方は、本当に現場の方ですから、「帰りにコーヒーでも」とか「お昼の足しに」とか言いまして、「いくらも入っていません。コーヒー飲んだら、おしまいです。」などと申し上げ、まあ、受け取ってくださいました。

不動産屋さんには、引き渡しを依頼したので、賃貸でも、購入でもお世話になりましたから、「みなさんのコーヒー代に」とメモを入れて、丁度引越の日は、2日とも定休日でしたので、ポストに投函してきました。

値切った分がぱぁになるくらい、心付けにかかりましたが・・・

値切った分は、会社の収入になるお金です。
心付けは、その方、個人のポケットマネーになります。

だから、引越代金、エアコンの代金、取り付け作業代金などは、値切りましたが、現場労働者の方には、やっぱり、私はほんの少しですけど、お心付けをしたい世代です。

私なりに境界線はあって、エアコンの取り付けを請け負ってくれた、大きな業者さんの営業の方には包みません。当日、ちょっとした作業に来てくれたのですが、それは仕事の内だから。それから、不動産屋さんの売買の営業マンの方、賃貸を世話してくれていた、営業マンの方、には個人的には包みません。不動産屋さん全体には、少々包みましたけど。


はあ、結構な金額が、心付けに飛んだなぁ でも、こういうものは、日本人の良い慣習として、するものだ と思っているので、納得していたら。

床屋さんがあるのですがね。
もう20年来お世話になっている床屋さん。
マンション買ったよ!とちょっと自慢をしに、頭を刈りに行った時に申しましたら。
引越しの翌日と言うか、梱包を引越し当日にして下さった方々が、開梱に来て下さり、それが終わったあと、頭を刈りに言ったわけですが、その時に、思いがけず、引っ越し祝いをいただきました。

高額ではありませんが、お気持ちに大変ありがたく、嬉しかったです。

それは「奥さんと、一回ご飯食べたら、終わっちゃう」と言われて、頂いたのですが、私のポケットマネーに戻りました(^^;;
心づけ分が、半分ちょっと助かりました。

あちこちにお知らせやら、お礼状やら、も昨日出しまして、後は、登記簿謄本が届くのを待つだけです。
本籍地は、すでに移動しましたし、住所地も契約と同時に移しましたから、住民票も手元にあります。
登記簿謄本は、代書屋さん(司法書士さんです。私の父も司法書士でした。)に3通お願いしてあります。

1セットは、私が記念に持ちます。
後の2セットは、絶縁状態の血の繋がった人たちに送付します。
メモも何も入れません。
ただ、事務的に送付して終わりです。

さて。

しばらくは、仕事以外はぼんやり休養して、夫婦ともに、少し元気になりましょう。

今夜は、コーヒーさんと、殿様が泊まります。コーヒーさんは、月に3回くらいは、金曜日に宿泊するようになりました。明日は、ホームから、プール同好会 と言うのが法人の中にクラブ活動的にありまして、集団で、夏に何回か、プールに行きますので・・・コーヒーさん、泳げる訳ではないのですが、ビート板で、浮いて進むことはできまして、楽しみにしているはずです。

ご自宅からですが、ワンピースさんも、プール同好会のメンバーですので、明日は、ご自宅から、サポーターさんと一緒に、プールに行くと思います。

殿様は、ホームでのんびりかな(^-^)星
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック