bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神科に行きました
今日は休みですが、通院が、昼前と、夕方にあり、間に、引っ越しの見積りがありましたから、ちと忙しい1日でした。

最後が精神科だったのですが、私が診察室を出たら、患者さんが三人!

前の方が長引きましたので、その分後ろにずれていますが、時間的に三人待たせる程、時間オーバーしたかと、慌てました。

違いました。

患者さんは一人です。

会社の上司でしょう。係長と課長?課長と部長?

受付の馴染みの事務の方に小声で聞いたら。

家族同伴なら、まあ、判りますが、未だに、病気なのに、プライバシーなのに、会社の上司が、乗り込んで来る話は、良くあるそうです。

そういう場合は、診察時間の最後にするそうな。

精神疾患も、おたふく風邪も、インフルエンザも、骨折も、みんな病気なんで、患者さん本人の問題じゃないんだけど?

何で、家族なら、まだしも、会社の上司が、ずかずか診察室に入るのか、理解出来ませんが。

会社の上司が、本当に精神疾患なのか、精神疾患だと、解雇したいが、出来るか、とか、勝手な事を考えるんでしょう。

未だにね。

私の上司も、口が滑ったのか、本気で思っているのか、まだ精神科に行っているのか!?と、言った事がありますしね。

こういう上司、会社、社会が、精神疾患患者を、重症化して、社会復帰を困難にしてる訳です。

私が心臓切って、命の瀬戸際状態の時も、法人は見舞いにも、問合せにも来ませんでした。

最近は、非常勤の時間数は守ってくれますが、段々無茶なシフトが増えて行きます。

見た目に判らない障害者は、暮らしにくい世の中です。

精神疾患の急性期の方はなあ〜。
差別歴然ですから、闇に葬られてしまいます。
上司が二人もずかずか診察室に入って来る様な会社の社員の方は、治るものも、治らない。

25年くらい前の家内が、まさにそうでした。

3年前、一緒になって、私がプロ故に、おかしい事に気付き、説得して、入院させてから、やっと少しずつ見込みが出て来ましたが。
家内は30年近い、SEのスキルと、働く能力を失いました。

今、すれちがった患者さんが、家内が辿った様な、転落への階段を、転げ落ちて、どうにもならなくなる、最初の一歩が、本日で無い事を祈りましょう。

法的な差別も、身体、知的、精神の順番で激しくなります。

病の為に、出来ない事を補う為のサービスは、精神障害者には、ほとんどありません。

時々、猟奇的な事件があると、マスコミは、こぞって、精神科通院歴あり、と叫びますね。

50歳の方だったとして。

30年前でも、探せる限りは探し出して書くようです。近所の噂でも、書くんじゃないかな?
30年カルテが残っている医療機関は、ほとんどありませんから。

犯罪は罪ですが。

野獣化させたのは、家族、会社、社会のケースが、かなり多いんだけど。

で。事件に走る、精神疾患重度のヒトも。

精神疾患重度と言うだけでは、事件には走りません。
24時間、正気でない、訳じゃないから。

そういう状態のヒトが、在宅していたなら、適切な医療を受けさせなかった、近しい人の罪ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック