bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



のらぼう

akigawa1_10.jpg
のらぼ~1.JPG













まだ職場にいます。

明日、楽したいので、昼飯がてら、下拵え。


明日は蕗を出そうかと。
煮豆も作ろうかと。

で、調理パンで昼食中です。

時に、皆様。

どこでも、地域限定の野菜、菜っぱの類いありますね?

作付けが少なくて、地元にしか出ないヤツ。

そんな菜っぱで、のらぼう、と言うのを貰いました。ホームで。

ここは、とある地方の東寄りです。ここには、のらぼうはありません。西側地域の幾つかの場所で作られています。

私の実家は真ん中より少し西側。八百屋さんには売っていませんでしたが、良く農家の方からいただきました。


花が咲かない菜の花みたいな見た目で。

堅そうに見えるが、すぐゆだる特徴があります。

お浸しとか、昔風に、油炒めとか。油炒めは、昔風に言うところの、和風のソテーですかね。野菜炒めとは違うのです。単品の菜っ葉等を、そのままか、油揚げを入れるか、で、なたね油で炒めたものを言います。大抵塩味です。

味はですね。菜の花の癖が全然ない感じ。カキ菜と言うのがありまして、ワイワイやってますが、似てるけど、違う。

味も違いますし、姿もちょっとなんですが、間違いなく違うんです。

知ってる地元のヒトには、すぐ分かります。私も解りました。

実は、7日に、生意気がある利用者さんの親戚の方から頂いたそうで。

親戚の方の知り合いの農家から貰った『野菜』です、と、メモがついて、冷蔵庫に放置してありました。

食べ方が判らなかったのでしょうか。


久しぶりで、お浸しにするつもりが、コーンと和えて昨夜出しました。




さ。帰ったら、ひたすら寝るぞ~!


で、何となく、こんな時間です。

帰ります~♪


写真は検索してみたら、存在したので、載せました。
アブラナ科の野菜だそうですから、元々は、菜の花なんかの仲間かな?

でも、違います。間違いなく、違います。

ごく狭い地域でしか栽培されていないので、皆様に召し上がっていただくのは、ちょっと難しいかもしれませんね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック