bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



東日本大震災、これから
大震災から3週間経ちました。

段々支援の手が届き始めています。

ある程度の被害状況も見えて来ている様子ですね。

企業、資産家、芸能人、各種有志による、募金活動め盛んに行われています。

東電は、とりあえず、原発被災地に、見舞い金も支払い、賠償金も払う姿勢です。


なのですが。

水を指す様で申し訳ありませんが、1ヶ月すると、皆さん忘れるんです。

これは阪神淡路大震災の時に、立証されています。

義援金も、献血も、その時だけ殺到します。義援金はダメになりませんが、無理矢理献血した人の血液は、期限切れで、処分するしかありません。血液の期限は、かなり短いのです。

ですから、普段、街頭で献血の呼び掛けがいつもある訳ですね。

義援金、今、集まっているお金は、当座の支援に使われます。特に、日本赤十字に寄付された分は、現地の医療機関復興の為に使われます。これはこれで、大変大切な事でしょう。

が。

被災地復興、被災者の今後の生活の復興の為には、医療機関整備が終わって、余りが出たら、その分が回るだけです。

医療機関整備には、時間が掛かります。その後余れば、少しは被災地、被災者に行きますが、かなり先の事になるのが、一般的です。
阪神淡路大震災の時がそうでした。友人に、阪神淡路大震災の被災者が数人居ます。全員が同じ事を言います。

おかしな自粛ムードも良くありません。経済活動が低迷しては、被災地に仕事が行きません。結果、生活出来ない被災者は、転居を余儀なくされたり、知らぬ土地で、新たな顧客を開拓出来ず、困窮したりします。


義援金を一回振り込んだ方、献血を一回した方、来月も、さ来月も続けて下さい。

毎月が大変なら、2ヶ月置きでも、3ヶ月置きでも構いません。

義援金も、大金である必要はありません。毎月千円でも良いのです。

そして、一年、二年レベルで続けて下さい。


今の義援金や献血は、当座の凌ぎに使われ、有効に使われている筈ですが、被災地復興、被災者復興には、とても回りません。


原発を完全に止め、安全な状態にするには、10年単位で掛かるだろう、と言う予測があるそうですね。

放射能は出続ける?
原発を止める過程で、被災者の方に仕事が回るかも知れませんが。

かなり特殊な仕事ですから、スキルがある方がどれだけいるか、判りません。

道路、鉄道、港が再開しないと、販売ルートが絶たれたままになります。


被災者が、ごく普通の生活に戻れるには、長い長い時間が掛かるのです。


芸能人の呼び掛けによる義援金は、かなり集まります。これは芸能人の方に拍手です。

でも。

せめて1年、出来るなら、5年、10年、うまずたゆまず、支援を続けて欲しいと思います。

私には、福島県双葉郡広野町に、恩人の実家、親戚があります。

大震災直後、少しまとめて、義援金をその恩人夫婦に託しました。

床屋さんですから、定期的に、散髪に行きます。

そのたび毎に、ほんの少しですが、小銭を持参しています。

もう頂いたから、と、最初は辞退されましたが、申し上げました。

資産家ではないから、大金は無理。でも復興には、長い時間が掛かる。その為には、盛り上がってる時だけ、義援金を出して、後は忘れてしまっては、被災地は復興出来ない。日本中の人が、毎月1000円ずつ、何年にも渡り、義援金を継続して出す事が大切だと思うと。

で、生活に支障のある程は出せないから、ごく少額だし、出せない時もあるけれど、可能な限りは、散髪に来る度に持参します、とお話したら。

頷いて下さいました。


私は多量の薬が必要な体なので、献血は出来ません。と言うか、してはいけないんです。

他人の血液を使わねばならぬ方は、切羽詰まって、生命に危険のある方です。輸血はリスクが高いので、手術予定の方は、大抵は、自己貯血します。私も手術の際、自己貯血しておりました。400シーシー自己貯血して、手術中に出血した分、400シーシーと合わせて、800シーシー戻しています。

生命の瀬戸際、と言われた病状でも、可能な限りは、自己貯血で賄うのが、今の医療の常識です。

にも関わらず、他人の血液を使わねばならぬ方は、一刻を争う方でしょう。

そんな方に質の悪い血液が輸血されたら?

被災地かどうか、は、ともかくとしても。

後は、自己貯血では賄えない程の、大量の輸血が想定される方、でしょうか。

人には出来る事と、出来ない事があります。

又、現地で必要なものと、困るもの、があります。

今、被災地で必要なのは、大量に届いた何が入っているか、判らぬ段ボールの仕分けをする、人手です。

いきなり被災地に、段ボールを送った人がかなり多いのでしょうか?
自治体が募集した、支援物資の分け方が悪かったのでしょうか。

私には判りません。

では、人手が足りないから、と、アツい気持ちで、単身、現地に乗り込むと、お荷物になります。

然るべき、災害ボランティアの団体で、最低限の学習をして、団体の一員として、行って下さいませ。

そして、東電圏内の方、ひいては、全国の方、原発がどうのこうの、で、計画停電が続いていますが。

原発2つ潰れても、皆さん、何とか生活出来ていますよね?

我が家は停電地域ではありませんが、可能な範囲で、節電を続けています。

このまま皆さんが習慣化すれば、地球温暖化を食い止める事も可能でしょう。



私の稼業は、その場限りのものではなく、利用者さんの過去を知っての現在、現在の支援を充実して、その方なりのより良い未来、老後を導く仕事です。

私自身も、生まれながらに、心臓に欠陥を持ち、45年以上、きちんと検査受診は続けていたにも関わらず、昨年、古いタオルにいつか、穴があく様に、生命の瀬戸際迄行きました。

これからの老後を如何に質良く過ごすか、考える時期になりました。


私が立派で完全な生活を送っている、とは思いません。私自身も何をすべきか、考えます。


ふと思い出しましたが。

30年前、実家の屋根に乗っていた、所謂温水器。
あれは、今でも使えるんじゃないか、と思う事があります。

水道管を屋根迄延ばし、屋根に箱があって、その中を水道管が通り、直射日光で温める、と言うだけの単純なものです。

勿論真冬はダメですし、安定しません。ソーラーシステムとは呼べないでしょう。

でも。

簡単な作りですから、今の技術なら、とても安く出来ると思います。

やらないよりは、ずっとマシ。

そんな事を考えつつ、床屋さんに、小銭を託して参りました。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック