bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



虎の尾を踏む男達

200px-Kenichi_Enomoto_1945.jpg
200px-Tora_no_o_wo_fumu_otokotachi_poster.jpg
















仕事は、偉い事になっているのですが、こんな時は、DVDでも見るに限ります。

今、昭和に凝っています。私にとっては、昭和は昔じゃないんです。(年がばれる)

上記は、1945年9月製作の黒澤明監督の映画です。
黒澤映画には珍しく、時代劇。(その後、時代劇幾つも撮ってますが、初の時代劇だったそうです。)

1945年8月15日に、日本は、第二次世界大戦に敗戦しました。

敗戦直前に作られた映画です。

話は、単純というか、何と言うか。まあ、『安宅の関』です。勧進帳ですね。(義経が、弁慶以下6人の部下を連れて、平家には勝ったのに頼朝に追われて、奥州平泉に落ちていく途中の関所の話です。)

本来の勧進帳のお話(舞台)は、歌舞伎にあります。勧進帳と言います。
それを模している映画ですね。

義経の部下は6人、山伏に姿を変えて、どこに道を行っているらしいと言うのは、結構、鎌倉(頼朝)にばれていた と言う事らしく、奥州に行く道筋に、「安宅の関」と言うのが、急きょ作られまして、そこの関所の係員(役人ですね)が、「富樫左衛門丈」と言う人です。その人が、番人ですが、弁慶の義経を思う気持ちに打たれて、百も承知で、関所を通してやる と言うのが、あらすじです。

この作品は、山伏姿の一行7人が、『強力』(地元の荷物運びの仕事をする庶民)を既に雇っていて、その『強力』が、エノケンこと、榎本健一さんと言う事でした。

強力は「きょうりょく」ではなくて、「ごうりき」です。

エノケン、又は、榎本健一で検索すると出てきます。
戦前戦後にかけて一世を風靡した喜劇俳優さんです。
もう、質が違う、ものが違う、という感じの方です。
エノケン・ロッパの言葉を聞いた事がある方は、私よりは上の年代の方でしょうね。

勧進帳の主役は、弁慶です。その次は富樫ですね。
あとは、5人の義経の部下、義経、富樫のところに駆け付けた、梶原と言う、頼朝の部下(義経の顔を知っています。)、エキストラ的に、関所の部下たち、梶原の部下たちの軍勢が出てきます。

本来、エノケンの強力は出てきません。

で、弁慶が、大河内傳次郎(昭和の時代劇の大スターです。生まれは明治で、無声映画時代からの大スター。丹下左膳が一番有名でしょう。フィルムはほとんど残っていないと思います。何しろトーキー(無声映画ね。)弁士と言う人が、映画館で扇子叩いて、喋ったのですね。)

強力が、榎本健一

片岡(義経の部下です。)が志村喬(しむら たかし と読みます。)(七人の侍 で、主役の侍をやった人ですね。)元々は士族(武士の出身)とかで、系図的にもかなりはっきりと先祖が武士だった事が分かっているらしいですよ。

常陸坊が、横尾泥海男 と言う方。昔の方らしく、凄い存在感ですが、検索してもほとんど出てきません。読み方もちと判りませんね。

義経が、十代目岩井半四郎。本名で出ています。仁科周芳。(ご存命です。歌舞伎俳優から、テレビ、映画に転向した方です。今年83歳です。)

富樫左衛門は、藤田進と言う方です。
検索してみると、なかなかの美男子で、昭和の戦争映画の大スターだった様子です。
黒澤明の監督デビュー作が、『姿三四郎』だそうで、その主役の、姿三四郎は、この方だと言う事であります。
自衛隊の幹部などもやっていて、「軍人俳優」とも呼ばれたとか。

何しろ凄い俳優陣で、豪華絢爛!と言う感じです。


これが敗戦間近に作られた と言うのは、かなり驚きでした。

話は単純ですが、大スターの競演とあって、なかなか侮れない作品でした。

「虎の尾を踏む男達』の詳細は、以下のリンクからどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E3%81%AE%E5%B0%BE%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%82%80%E7%94%B7%E9%81%94

そこから検索して行くと、色々な俳優さんのデータに飛べます。

本日と明日は公休です。
もう、実に疲れた週末4日間でしたので、ぼんやり過ごします。
リハビリさんにも行く予定です。

またずれていますが、最初の写真は、強力を演じている「エノケン」です。次の写真は、当時のポスターだそうです。


エノケン映画はほとんどフィルムが残っていないそうで、この作品は、黄金期なのか判りませんが、エノケンを今見られる、貴重な作品かと思います。


ともあれ。

純粋に凄く面白かったです(^-^)☆




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック