bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アクシデント
私たち、地域日常生活支援の仕事には、利用者さんの理由によるアクシデントは、結構起こりますが、職員や、ヘルパーさんに起因するアクシデントと言うのは、困りますし、滅多に起こるものではありません。

が、起こっちゃったんですね。

一番の被害者は、殿様ですが、私もちょっとびっくりというか、慌てました。

1日の夕方、15時半から、夜勤でした。
2日土曜日は、10時に交代で、殿様は、交代の方と一緒に、お花見イベント(法人主催)に行く予定でした。
で、1日の夜を楽しく過ごして、2日土曜日。

こういう仕事は、個人プレーなので、情報は、表の形で、共有しています。事務所でその月の予定の様な物を様々な形で、出していますので、それを見ながら、仕事します。
自分のシフトは自分で判りますが、他人のシフトや、自分が関係しない利用者さんの利用状況は判りませんから。

9時に交代の方が、殿様をお花見に連れて行ってくれる事になっていたのに。
9時15分になっても、きません。
あれ?

実は、交代の方、常勤さんでした。
これは私の中の話ですが、登録ヘルパーさんなら、10分くらいの遅刻は許容します。
常勤さんは、5分かなぁ…
今回は、ホームへのお迎えでしたから、かなりロングタイムで仕事してますし。
イベントに参加するので、一応はタイムスケジュールがありますし。

連絡くれるなら、(事務所には、間違えました。遅刻します。みたいな連絡してくれないと困りますけど。)30分、1時間くらいは繋ぎますがね。

結局、連絡がつかないまま(事務所のコーディネーターさんも、何度も連絡してくれたのですが、その常勤さんと連絡がつかなかったそうです。)時間がたって行きました。

途中で、コーディネーターさんが、「10時お迎えの間違いでした。」と連絡をくれました。ミスプリントだったのかな?
それはそれで、仕方ないので、10時までは、繋ぎました。

10時10分過ぎても来ません。

これはさすがにおかしい。

コーディネーターさんからも、「きましたか?」と連絡入りました。「一向に来ないまま、ただ今、10時20分」とか返しまして。

お話にならない事態なので、電話連絡が入りました。
コーディネーターさんから。

「とにかくその常勤さんには、早くホームに行って下さいと連絡し続けるから、それまでホームで繋いでいて」と言われましたけど、前日に殿様には、「明日は、お花見だよ、お出かけするよ」と伝えてありますし、朝も、「今日は誰誰さんとお花見に行こうね」と話してあります。
外出の支度もしてあります。

これは、本人さん、「どこか行くんだな。楽しそうだな。」と期待している筈です。

どんなに障害の重い利用者さんでも、約束破ってはいけません。私はそう考えています。

なので、「私、車で通勤ですから、自宅に殿様と一緒に車で行って、目の前の駅から隣駅までは、電車、その先はタクシー(タクシー券、殿様、31日にホームの常勤さんと取りに行ってありました。私のもありますしね。)で、現地の公園まで行きましょう。」と申し出ました。

「でも、疲れるし、殿様を置いて行っては困るし。」とコーディネーターさん。
それは無理というか、ダメですね。殿様を面倒見て、ホームまで送って行く人がいないとダメですから。
それをやるのは、えーと、私しかおらん訳です。

交代の常勤さんの後に、現在、夜勤中の登録ヘルパーさんがいますが、色々やったみたいですが、結局、公園まで14時過ぎには迎えに来て貰う と言う話が、15時半にヘルパーさんに、ホームに来て貰う で終わっちゃいました。

内緒ですが、実は、たまたま、ヘルパーさん、同じ公園の中にいて、帰り道の法人の団体さんに出会ったそうです。私は近道から帰りましたので、そのヘルパーさんとは出あわず。

現地での利用者さんの面倒を見ながら、コーディネーターさんも、あちこち連絡していますから、私がいるので、30分早くホームに行って貰えますか で、済ませるしかなかったようです。

利用者の面倒見ながら、イベントを盛り上げながら、精密なその場でのシフトの組み直しはこれは幾ら、コーディネーターさんも、でも無理ですし。

運悪く、昨日、急に暑くなりました。
薄着のつもりで着せて行ったのですが、汗びっしょり。殿様も私も。
肝心な桜は…
予定は前年度に決めてしまいます。
花見とはまあ、ダシでして、公園でお弁当を食べて、みんなで遊ぼう と言う事です。
見たのは、「枝」でした。「葉っぱ」と言う時もあります。「桜満開」はめったにありません。
天候も、「晴れ」はめったになくて、昨日は「蒸し暑い、時にカンカン照りの猛烈に暑い日」であり、「底冷えのする」時も、「大雨」の時も、年によっては、「小雪がちらつくとんでもない天気」の時もあります。

昨日は、「曇りで蒸し暑く、途中からカンカン照り」の日でした。
頭の上に屋根があるわけではありませんから…
殿様は、スキンヘッドですし…

とはいうものの、殿様本人さんは、実に楽しんでくれました。ホームの他の利用者さんも全員、家族と来ていて、楽しい交流も出来ました。

弁当は、こんな時に、栄養のバランスも何もない と思いますから、我が家の下のセブンイレブンで、おにぎりを幾つかと、殿様、漬物が好きですが、私は自分がダメ(食せない)ので、ホームで出すのは、ごくたまに、塩もみくらいなので、漬物の総菜を買って、ペットボトルでお茶を買って、それで行きました。

そしたら、現地で、お土産を持参された方が、(親御さんが持たせて下さったようです。)全員に菓子パンのホットケーキを配って下さったり、せんべいの子袋を配って下さったり、又、ホームの利用者のご家族から、(昭和1ケタのお宅は、花見弁当持参ですから。)おかずを分けて貰ったり、で、結構、本人さんは、豊かにおかずをもらって、色々食べて、嬉しそうでした。

一番嬉しかったのは、クリームがたっぷり挟んである、ホットケーキだったみたいです。

あるご家族(殿様と、そのご家族の息子さんが、仲良し。今もホームで、一緒に普段暮らしています。)にお邪魔して、そのお宅の利用者さんと並んで、食事もしました。煮豆を分けて下さって、ラップに分けて下さったので、私が、介助で食べさせていると、そのお宅のお母さんが、笑いだしました。

「殿様、口あけて、体乗り出して、待ってますよ。」と。
みると、確かに身を乗り出して、口をあけています。
「殿様!自分で食べなさい!」とか言って、笑って。

楽しい食事タイムの後には、ゲームなんかもありました。
殿様本人が自主的に参加して、効果的に出来るわけじゃありませんが、それなりに雰囲気を楽しんで、ビーチボールバレーなんかでは、私が手を取って、一応真似ごとはしたり。

ああ。縄跳びを飛びましたね。
二人の人が長い縄を持って、それを飛ぶ方の縄跳び。
勿論、縄を持つのは、職員や、ヘルパーさんや、親御さんです。

的確に飛べる人は、実はいません。
そんなのは、どうでも良いんです。

殿様はどう飛んだかと言うと、「縄は動かない。待っている。そこをまたぐ。」と言う感じでした。「よいしょ!」なんてみなさんが言って下さると、ふむ事はなくて、またいでいましたね。
他の方、勢いよく飛ぶんですが、位置感覚がちとね、で、どういう訳か、縄の上に着地 と言う方もあります。

で。仕方ないですから、結局、来た道を引き返して、(帰りは運よく駅行きのバスに乗れました。)自宅で私の車に乗って、汗びっしょりでホームに帰って、とにかくシャワーを一緒に浴びました。

お茶の冷たいのを一杯飲ませて、そのままベッドへ直行させました。
眠りはしなかったですが、1~2時間したら、笑顔で降りてきましたから、回復力は凄く付いてきたんですね。


ここは、生意気と新人を褒めますが。

毎週、土日にヘルパーさんと、最低1時間くらいは散歩をしているのです。
継続は力なり。
代謝が上がってきていて、体温も上がりましたし、血圧も凄く低血圧だったのが、少し上がりましたし、手足が氷のようだったのが、それなりに温かくなってきました。

2日の朝、私が自分の血圧計で(心臓病患者ですから、夜勤の時は、自前の血圧計持参です。)起きぬけの殿様の血圧を測ってみて、びっくり。「114/78 p=49」でした。

もっともっと血圧低かったんですよ。
脈拍が遅いのは、これは何か障害起因なのかもしれませんけど。普通は60前後が望ましいらしいですね。

私は、脈は速いです。病気持ちですから。朝起きた時でも、80近くあります。
昼間活動中は、100近い事も良くあります。血圧も、安静時は、120/80くらいですが、ちょっと何かあると、(要するに活動中)しばらく安静にして測ったつもりでも、「上が160、下は100」なんてしょっちゅうです。

週に2回、1時間ずつは歩く と言うだけで、積年の循環の悪さとか、代謝の悪さとかが、少しずつですが、解消中。回復力もとても良くなりました。

お花見は本人さんは大変楽しんだようで良かったです。


仕事ですから、やむないですし、構わないのですが、私ははい、ボロボロです。
昨夜は、20時にならないうちに、山のように薬を飲んで、神経鎮めて、やっと眠って、2時半頃まあまあすっきり覚めたので、ちょっと日記を書いているんです。

これから、又、睡眠薬飲んで、出勤まで寝られるだけ、寝ます。


昨日は、「最初から、夜勤明けで、お花見に連れていく」予定なら、それなりの労働の仕方をしたのですが、翌朝(昨日)9時に交代の予定でしたから、交代のつもりで、夜中に結構仕事して、寝たの、午前2時過ぎていました。

それからのカンカン照りの花見はきつかったです。

で、アクシデントの常勤さんは、理由は良く分からないですが、急激な体調不調が一時的に来た と言う感じで、どうにもならなかったようです。

うちの法人の仕事、かなりきついですから、若い方ですが、疲れもたまっているのでしょう。

私にも謝罪のメールが来て、ほっとしました。

途中で理事長さんに常勤さんが連絡をやっとしてきた時は、「玄関で倒れて、意識喪失してしまった」と言っており、理事長は「ろれつが回っていなかった」と言っていまして。

まさか(20代です、)その年齢で、脳梗塞!?と心配したのですが、脳貧血?だった様子です。
子供さんが、朝礼でバタン!と倒れる、あれかな?
もしくは、男性ですが、(殿様は男性ですから、可能な限り派男性が付き添います。女性でも大丈夫なのですが、可能な限りは、同性介助です。)病としての、「貧血」なのかな?

病の貧血は、男性には少ないですけど。

ともあれ、そのあたりは、私が知るべきことではないので、「私は仕事なので、アクシデントがあれば、対応します。後は事務所とお話しされて、今後に活かして下さい。」と返して、「殿様に謝罪に行きます。」と書いておられたので、「殿様は、きっと許してくれると思います。お体大切になさって下さい」とか、偉そうなことを書いて。

と言う事で、又、寝ます。

3日も私、殿様と二人で夜勤ですからね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック