bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



久しぶりに寝汗
しばらく、明け方、ふくらはぎが激しくつって、目が覚める、と言うのが続いていましたが、今朝は久しぶりに寝汗です。

実はパジャマ通り越して、シーツや掛け布団カバー迄怪しい始末。勿論、パジャマは雑巾みたいに、絞れます。


なんでかいな?
なんでかは、判りませんが、何か疲れたのでしょうね。


関係ありませんが。


障害者タクシー券の配布が始まっています。小さいけど、そろそろ選挙もある筈です。

開始前に、親に印導渡しておけば、ホームからヘルパーさんと本人で、タクシー券取りに行けますし、選挙もヘルパーさん付きで行かせられます。

後手後手に回ると。

子供の言い訳みたいに、今、やるつもりだったのに、勝手に自宅でやってしまった、になります。

で、放りっぱなし、が、日常化する、と。

昨日、自分がタクシー券を貰ってきたので、生意気と新人に同期メールで送りました。

タクシー券を本人に取りに行かせましょう、選挙に行かせる為に、準備をしましょう、と。

どうやら?新人さんは、重度の知的障害者に、選挙に行かせる意味が判らない様子。

まさか、政治を理解して、本人の政治的な考えを反映する候補に、的確な有効票を確実に投票する為、ではないです。

簡単に言うと、大人の義務の体験と、社会参加。加えて、選管の教育です。マニュアルはあるみたいですが、当事者の意思を汲み取る支援は、選管には出来ないの。

何故かですか?

重度知的障害者の、投票権を、どうせ出来ない、と奪ったら、エライ事になりますから、重度知的障害者にも、選挙権はありますし、被選挙権もあります。立候補も出来ます。

さすがに、立候補はいかがか、とは、私も思う。

投票に来る事を実際に想定してないの。

選管の係員が慌てているのも、うまく対応出来ないのも、私は何度も一緒に行っているので、知っています。



どうせ、投票なんか行かないから、と思ったらしい新人は、投票券を自宅に持たせるのが良い、と言っています。

三人でメール交換で話し合ったのですが、そんな意見でした。

家族とは、住所が違うのと、選挙は日曜日なので、行くなら、平日の夕方、ヘルパーさんと、になります。
新人は、絶対無理、行く筈がないし、無意味、でも、嘘でも選挙権があるから、尊重してますよ、と言うポーズ、建前の為に、ホームからヘルパー付きで行かせるのではなく、自宅に証拠の投票券を渡せば良い、との意見でした。


これは選管と同じ考え方ですね。

夏迄には選挙ある筈なんで、そうじゃない、と言う話を、生意気が責任者ですから、生意気から新人にして貰いますです。

初めて、選挙に行かせた時、うちの子供は絶対無理だと思っていた、と、目を潤ませていたお母さんがありました。

普通の生活って、障害者の世界の普通、じゃないです。

世間一般の、健康な人も、病気の人も、庶民も、金持ちも、みんな引っくるめて、社会ですからね。

重度知的障害者だって、選挙の権利も義務もある。

あら。

寝汗の話でしたのに。



生意気と新人を怒らせずに、すべき事をするには、神経使うので。

色々続くと、寝汗もかく、と言う事にしましょう。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック