bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



採血~健康管理~
26日は日勤でした。
殿様と、半日過ごします。

常勤さんは、生意気と、新人さんですが…

「鷹山が嫌い」と言うのと、「仕事はちゃんとする」と言うのが、ごっちゃになっていないか?と家内は言います。おっしゃる通りで、ごっちゃになってますね。

まあ、上司と先輩は、憎たらしいのが相場ですので、それは良いとして。

利用者の不利益になる状態に気付けないってのが、ちと困ります。
逆に言うと、利用者の利益を考えていない事に気づいていない でしょうか?

しばらく前、殿様が、法人の企画で、旅行に行きました。お母様ご存命の頃は、所謂旅行かばんは、小さめのものと、大きめのものと、全部で3つ有った筈です。

その他、最近、急に姿を消した殿様の私物がかなりあります。

で、旅行かばんは、私が私の持ち物を、貸したわけですが(ずいぶん前を検索されると出てくるかな?)「私が貸すのは構わないのですが、私が貸さなかったら、どうするつもりだったですか?(旅行には適さない、小さなリュックサックが何個もあるだけです。)」とメモをしたら。

「26日に必ず買って下さい。」と今頃(旅行は今月の4日?5日?あたりの土日でした。)指示が来ましてね。

今、買う必要のないものです。
お母様、ご他界の際、混乱があり、行方不明の品物が数多くあります。
それを、大体把握しているのは、実は私です。

つい10日か2週間前に突然姿を消した、殿様の私物もあるのですが、明らかに量が半分以下になっていても、どうも、常勤さん、気付いていない様子。



「買えば良い」という発想ねぇ…
「どこか」にはあるんです。「どこにあるか」が判らない。それは調査していないからですね。
調査しても判らない事はあります。そうしたら、お父様、成年後見人の方がおられる訳ですから、「こういうものがあった筈。もしくは、ありませんか?ありましたら、ご持参下さるか、ホーム着払いでお送りいただけませんか?」くらいは、常勤さんがやっても良い様な気がしますが。

私は開設以来、1年ブランクありますけど、6年、ホームにいます。ホームの開設から、一人でやってきました。この種類の障害者支援の経験は、11年目です。
生意気は、4年目?その前は、軽度の人の通所作業所の経験しかないです
新人さんは、この3月が終わると、やっと1年です。その前は、何のお仕事か知りませんが、一般のお仕事をされていて、つまりは、素人です。

物の把握が出来ないくらいの人に、「買えば良い」とか言われますとねぇ…不要不急って、今、丁度言っていませんか?世間では?旅行かばんなんて、不要不急です。今度、殿様に旅行があるのは、今年の秋ですから…本日、必ず、買うように は意味が分からないけれど。

まあ、議論は来月の会議に持ち越すとして、仕方ないんで、買いましたです。



で、元に戻って、「採血」です。

殿様は、酷い花粉症です。明らかにそうです。
しかし、今まで、1年中鼻水が出て、耳がやられて、の状態にかかわらず、ご家族のご意向で、「西洋医学は一切だめ」と言う事でして、治療する事が出来ませんでした。

今、事情は変わり、治療できる環境が整ったので、ある程度の内服薬は飲んで貰っています。(処方のですよ。)

が、先月くらいからでしょうか?殿様の行動がおかしくなりました。花粉症的な症状も強くなりました。
もしかしたら。
勿論、本人さんの中で、何かが狂ってしまって、奇妙な行動に出たり、頑固になったり と言うのはあり得ます。

あり得ますが、考えられる限りの要因を取り除いてもダメなら、本人さんが落ち着くのを待つしかありません。

花粉症は治療できる疾患です。治癒はしませんが、症状を抑える事は出来ますね。

見かねて、本人は同行出来なかったのですが、1カ月ほど前に、私が代理受診して、症状を伝え、医師の判断で、増薬してくれました。

はい。

途端に、ぴた!っと、とりあえず、奇妙な行動は止まりました。

生意気さん、新人さん、「最近、やっと調子が落ち着いてきました。」とか、作業所宛てに書いてます。
自然に落ちついた訳じゃない。治療をしたからです。
耳も悪いのですが、それも症状が著しく好転しました。
それも、アレルギー薬を増やしたためであって、自然に治った訳ではないのでありますが。

どうも常勤さんお二人とも、「自然に落ちついてきた」「自然に耳が治ってきた」と思っている節が大いにあって、実に困ります。


困っている訳にもいかないので。(追加の薬が切れないように算段するでもなければ、何でもなくて、漫然と私が貰ってきたので、飲ませているだけみたいです。)

本日は、その個人医院に、本人同道で行ってきました。

実は、陰部を凄く掻いていて、気になっていました。
「水虫薬を付けて、様子を見たら良い」と新人さんからありがたい「ご指示」があったのですがね。

医師がそう判断したなら、良いんですけど。
素人が、「だろう」で処方薬勝手につけちゃダメです。
まして、その「水虫薬」、本人さんは、以前足にあって、完治したので、在庫がないです。それも見ていません。(見ていれば、水虫薬をとりあえず塗っておけば良い とか言えません。少なくとも、私なら。)

そんなこんなもあり、本人の状態を見て貰いに行ったわけです。

増薬した、薬の在庫もあと10日。私が夜勤が出来るのは、金曜日、日曜日。夜勤の勤務時間で、通院に本人同道は無理ですので、こういう日中の時間に当った時くらいしか、本人同道出来ないんです。

そのチャンスは、実は、月に一度。第4週目の土曜日だけ。(シフト上のリズムによります)


折角医者に行くのです。
全部見て貰った方がよいですね。

症状は緩和されてきた事。
耳の状態が劇的に改善した事。
陰部を掻いている事。
なによりも「今まで一度も何にアレルギーで、こういう事になるのか」を調べた人がいません。

調べるとなると、採血しないとね。

医師に本人さんを見て貰って、「この検査セットが瀧しているだろう」と言うのに、して貰いました。
「狭義の花粉症セット」
「通年性花粉症セット」
「食べ物アレルギーセット」
「皮膚炎セット」等あるようで、皮膚炎もかなりありますから、それも、と申し出たのですが、「その症状はひどくないので、通年性花粉症セット がよかろう」とのお話でした。

それにして貰って、ついでですから、「腎臓、肝臓」→これは医師からの提案、と、私から、中性脂肪、LDLコレステロールが高いんです と申し出、で、その辺も必要な事を、一緒に見て貰う事にしました。



で。ご本人ですが。

かなり重い知的障害が御有りなので…

いつもと違う、何か不穏な雰囲気を感じると、暴れます。
それは、たとえば、採血の経験を思い出して、採血は嫌だ、という意味で暴れているのではないのです。

「何が何だかわからないから、怖い」ので、暴れると言う事なんですね。

これは6年みている私には、判ります。
下手に、採血の専用の部屋(その医院の採血室薄暗くて、妙なソファみたいなのに座らされて、不気味な感じがするんだと思います。5年ほど前、私、大失敗して、採血出来なかった事があります。)でやろうとすると、される事の意味(健康に重要とか、そういう理論的な事は、全く理解できません。だから、ホームで暮らしておられるのです。彼のせいではありません。障害の為です。)が判りませんから、不安で、大暴れ、狂乱状態になってしまいます。

なので、一計を案じまして、「診察室で、ベッドに横にして、それで私が声を掛けて安心させますから、採って下さい」と頼みました。

「本人の前で、痛いとか、我慢してとか、そういうネガティブな発言をしないでください。」

「暴れて針が折れる みたいな事はありません。そのあたりは私が責任を持ちますから、(プロですのでね。障害者支援の。)おっかなびっくり及び腰でやらないで、普通にして下さい。」

等と頼んで…

これがなかなか慣れない方(医師と看護師の方、失礼しました!)には、難しい。

採血が痛いのを良く理解していて、その採血を嫌がって暴れる と思っています。そうじゃないんです。不安で、理解できないから、言葉として、「痛い」が出るのであって、行動として、暴れるわけです。

案の定、ゴムで縛りますね?
途端に「痛い!」と手を引っ込めて、起き上がろうとします。

非日常的な事をされて、判らないからです。

医師の方が「暴れたら、責任問題だし」とか言ってます(看護師さんは、怖いので、医師の方に頼んだようです。)アルコール綿で拭いただけで、なんだか「怪しい空気」を感じたみたいです。

くわえて、私が間違って、逆向きに寝かせてしまったので、「ごめん!鷹山さん、間違えた!反対向き。こっちが頭。」と言っているそばから、看護師さんが、別の事を、何やら言い始め、ゴムで縛り始めようとする始末。

「ダメです!一緒にごちゃごちゃ言ったら、本人、判りません。向きを変えて、横になってから!!!」思わず、怒鳴っちゃいました。看護師さんに。ごめんなさい!

で、向きを変えて、ゴムで縛ると先ほどのように、「痛い!」で暴れました。

言って聞かせます。

「殿様、痛くない。鷹山さん一緒。大丈夫。」と優しく声を掛けます。

針が刺さると、勿論痛いですから、刺さった瞬間「大丈夫。痛くない(いや、痛いけど)。鷹山さん一緒。」と又声を掛けて、本人さんの手を握って、「あとは「そうそう。殿様、上手だよ。偉い!出来るね!頑張ってるね。そうそう。もう少し。」等と、ひたすら褒めます。

彼氏、針が刺さったくらいで、別にどうこうないんです。普通の大人ですから。

ただ、暴れたら、危ないと言う事は理解できません。

なので、「なんだ、こんな事か」で済むように、気を遣ってあげないと、医師の方、看護師の方も困りますし、絶対採血出来ない人とレッテル貼られてしまいます。

プロがついていれば、ちゃんと出来るのです。
それを、医師の方にも、看護師の方にも判っていただかないといけません。


殿様の場合は、こういう感じですが。

他の方は他の方で、又、対応が違います。

のんびりさんは、「採血」も「注射」も痛いけれど、お医者さんの言う事は聞かないといけない と理解しています。ので。彼の場合は、プロの支援者でなくても、失礼ながら、登録ヘルパーさんレベルで大丈夫です。

コーヒーさんも、「採血」「注射」はジェスチャーで表現できます。
が、言葉がないので、適切な声かけ(嫌いな専門用語ですが)で、大丈夫。
少し慣れた登録ヘルパーさんなら、大丈夫かな。
ただ、事前に、「コーヒーさん、今日は注射。ヘルパーさんと頑張っておいで」とかは、プロが伝えておかないとね。
実に悲しそうな、イヤそうな顔をしますが、注射のジェスチャーをしてくれます。
「そうそう。注射(彼にとっては、注射も採血も同じようなものみたいです。)出来るかな?頑張る?」くらいは言っておく必要なありますね。

少し不慣れなヘルパーさんだったら、私たち(生意気も、新人さんも、私もまあ、一応プロとして考えて。)が付いた方がよいかな。

ワンピースさんは、知恵が回るので。
「採血」「注射」とは、どういう事をするのか、は理解しています。

で、賢いのは。(と言うか、ずるいのね。障害者の方は、みなさん、目が澄んで、心がまっすぐで とか言う人がいますが、違います。障害者にもずるい人もいれば、サボる人もいます。真面目な方もいますし、不真面目な方もいます。障害に起因する事は、本人のせいではないので、これは支援が必要ですが、ずるいヒトに騙されるプロは困ります。)

この人なら、判らないふりをして、暴れたり、歩きまわったり、知らん顔して、診察室を出たりすれば、「採血」「注射」をしなくて済む と認識している点です。

これを真に受けた、作業所の職員さん、ご自宅の亡くなられたご家族様 は、彼の爪切り一つ、歯磨き一つ出来ませんでした。勿論、医者になんか連れて行けません。

暴れれば、診察室に入らなければ、イヤな事はしないで済む とがっちり学習してきちゃったんです。

で、今は、生意気が一緒に行ったりしていますが…
新人さんも行った事がありますが。
(様々なお医者さんに)
生意気は、力づくで抑えつけます。腕力という意味ではないですが、生意気は怖いから、暴れないで我慢する と思っていると思います。
ですから、他のヘルパーさんが行ったりすると、大暴れ と言う事があります。

新人さんは、まだまだスキルがないですから、出来ません。出来ないのはまあ、当たり前で、生意気が教えなくてはいけないのですが、それは教えていないので、出来なかった=医者の態度が悪かった と言う事で片付きます。

なので、ワンピースさんに必要な通院は、後回し、後回しにされ、結局、継続した医療的な支援が受けられないと言う状態にあります。

歯磨き、爪切り、耳掃除、みんな私がワンピースさんには教えました。痛くない事、しなくてはいけない事、と折角本人が自覚し始めたところで、私、倒れまして。

今では、爪もろくに切っておりません。
4人全員が金曜日に泊るのは、多くて月に1回です。私の体が、常勤さんと同様に働ける状態ではないので、平日は夜勤が出来ません。

将来的には、一日くらいなら、出来るようになるかもしれませんが、現状では、私が又倒れてしまうので、それじゃ元の黙阿弥です。

と言う事で、運良く月に1回、第2金曜日はみなさん、お休みの前で、お泊まりしましょう となっている日に、泊ってくれれば、せめて、爪切り、耳掃除くらいは出来ますが、通院の付き添い迄はちょっとね。無理ですね。

彼は、心臓が生まれつき不完全で、幼児になったばかりの頃(2歳と聞いています。)手術を受けています。
なので、基本的に「根治治療」で、メスは入っていますが、だからどうこう、というのは無いのですが…

一度、作業所の健康診断で、「危険な状態。すぐ精密検査をするように」と出て、保護者の方がおろおろしてしまって、私が大病院の循環器に付き添いして、「心電図」「レントゲン」「超音波検査(エコー)」をして貰った事があります。

勿論、スキルは必要ですよ。
でも、痛くありませんから、上手に誘導してあげれば、ちゃんと出来ました。

そのあとは、褒めて、褒めて、褒めて、褒めて!!!

で、その後、私が倒れている間に、又、「危険な状態。すぐ精密検査」と出され(好きなんでしょうかね?脅かすのが?)保護者の方、実は、昨年の夏(健康診断の結果が出てから)やきもきしているのですが、生意気も上手に保護者の不安を受け止めるとか、診察に同行する とか気が回らないので…

どうもそのままらしい。

私でよければ行きますが、生意気は、嘘でも肩書付きですし。
新人さんも何も知らない素人さんですが、常勤さんで、私より身分が上ですし。
しゃしゃり出る訳にもいかず。まあ、色々。

知的障害者の人は、必ずではありませんが、体にも不安要素がある人がたくさんいます。衰えが一般の人よりも20年も早いと言う特色の障害を持った人もいます。

親は老いますし、本人は親と同じ頃に、体の衰えでガタが来ます。

老いは避けられませんが、進行を遅くする、サポート体制を充実する等の善後策は取れるんだけど。


取ってくれていれば、私が、しゃしゃり出て、殿様の血液検査に行って、「指示もしないのに勝手に行って」とか思われなくて済むのですが…

思われるのは、これは構いません。
生意気も、新人さんもいつか判る時が来ます。
私も天狗になっていた時期、今思えば、自宅症状がありますし。

問題は…

うちの利用者は、いつ、親御さんが他界してもおかしくない状態です。
利用者さんたちも、確実に衰えていますし、そのスピードが尋常でなく早いです。一度落ちると、戻れませんし、戻る努力を自覚する能力が、障害により、阻害されています。


なんで、非常勤の私が、生意気と新人さんの二人の素人さんに邪魔にされないといけないのか、理解に苦しみますが、まあ、先輩とか、上司とかは煙たいものですから。

利用者の利益だけは守ってくれよ!君たち!
鷹山が嫌い、鷹山憎しのエネルギーで働くは、何とも思わん。

利用者の利益の足、引っ張るの、やめてくれ~!!!

それが出来れば、ベテランです。無理なのは判ってます。
無理だと偉い事になるのも判っています。
ヒトの生命がかかっていますから…

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック