bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



火事場見舞い
義援金がどうのこうの、と、偉そうなことを書きまして、ふと、思いました。

当然、御身内やら、ご友人やらに、直接義援金を渡す人もいるよねって。

私も恩人の奥様の出身地が、被災地ですので、少しばかりお届けしました。この話は書いたと思います。一週間くらい前かな?

で、被災されたのは、その恩人ご夫婦ではなかったので、ビジネスライクと言いますか、郵便局の封筒に入れたまま、持参したんです。

のし袋に入れようか とも思ったのですが、現代では、ちと大げさかな とも思い、あえて郵便局の封筒(ATMの横にありますよね?降ろした現金を入れる為の封筒。)にしたんです。

じゃ、本来ののし袋に入れたら、なんて書くんだっけ?と考えまして、そこから、あちこち思いつきましたので、これはお遊びであります。

一番マシなのは、やっぱり『火事場お見舞い』と書くのかな と思ったのです。

本来は、火事にあったお宅へのお見舞いですが、この言葉が出来たのは、江戸時代よりももっともっと前の話と思いますから、要するに、災害に遭ったお宅への寸志に、こう書くのかな と。

江戸時代も、安土桃山時代にも、火事もあれば、地震もあったろうし、泥棒の被害もあったでしょうけど、「地震お見舞い」「泥棒お見舞い」ってのは、余り聞きませんでしょう?

小説なんぞ読んでいると、(時代物ね。)「火事場見舞いを持参した」等と言う表現は良く出てきます。
勿論、火事に二度あっては困るので、『結びきり』ののし袋です。
結婚式ののし袋と同じですね。

出産祝いは、『花結び』(当地ではこう呼びますが、えーと、リボンの様に結んであるのし袋です。両結びと言うとも聞いた覚えがありますが…)ですね。子宝に何度も恵まれて下さいね と言う意味だろうかな と思います。

所謂「お見舞い」(病気のお見舞い)は、赤でふちどりされているけれど、水引がかかっていないのし袋ですね。
火事場見舞いも、同じものでも良いのかもしれません。


とここまで来て、所謂「寸志」はどうなってたっけ と思い始めたのでありました。

今、私は、家内と民間の賃貸マンションに住んでいます。
持ち家ではないですから、『職人さんが入る』様な出来事はありません。

遥か昔、実家がまだ、1963年の12月に完成した、最初の家(その時は、平屋でした。後に、何回増築しただろう?最初の家の倍以上の面積の家にまでなりました。勿論2階も付けました。2階は、父母の寝室だけの一部屋でしたが、後に、父だけが寝るようになりましたっけ。訳は、夫婦喧嘩ではないですよ。)の頃は、()内の事で、良く職人さんが入りました。

父の実家は、植木屋だったので、実家の職人さんも庭仕事に良く入りました。

その他、書ききれない程の職人さんが、定期的に入ったものです。

当時の習慣では、(今もそういう土地柄あると思います。)10時と15時(三時ですね。)には、お茶と、お茶菓子を出したものです。休憩時間ですね。
昼飯は、職人さんが持参していれば、少々の小鉢と、お茶等を出しました。

持参していない場合には、店屋物(今、店屋物 って、使います?今風に言うと、デリバリーの事です。出前の事ですね。てんやもの と読みますが、これ、標準語ですかね?)を取りました。勿論、それは我が家持ち。1日で終わる様な仕事には、弁当を持参しない職人さんもいて、そういう場合に、店屋物を取る習慣でした。

半月かかる仕事の時には、職人さんは、弁当持参です。暗黙の了解と言うか、慣習と言うか。

で、当時はまだ、「弁当を遣う」という言葉が生きていましたよ。
「弁当を食べる」事ですが、品がないと言う事で、昔の人は、「弁当を遣う」と言いました。

平成も近づき、新しく土地を買って、二番目の家(最初の家は、もう何度も何度も改築、増築され、最初の面影はなかったです。)を建てた時は、もう、職人さんは、車で自分たちで食事をしに行っていたと思います。

で、長期に渡る様な職人さんの仕事には、最初か、最後に、親分格(やくざじゃないですよ。棟梁格ですね。今風に言うと、現場監督さん)に、少しまとまったお金を、渡していたと思います。

一日で終わる様なちょっとした仕事、もしくは、所謂半端仕事を頼んだ時は、帰りがけに「寸志」を何かに入れて、渡していたと思います。


で、この寸志ですがね。職人さんに限らず、所謂寸志。色々な場面で、寸志を渡す習慣がありましたよね?(って、私が年を喰ってるだけですか?)

渡す時に、何と言って、渡したか と言うのをつらつら思い返しているんですけど。

大昔は、「煙草でも買って下さい」とか「煙草銭(たばこぜに、ではありません。たばこせん ですよ)にどうぞ。」とか、言ったと思います。

他に「鼻紙代に」と言うのも良くありました。

最近は と言うと。

平成近くなって、母が存命の頃は、「帰りにコーヒーでも飲んで下さい」とか。「お昼の足しにでも」とか、そんな事を言いましたね。

ずいぶん前の事ですが。

俳優さんの渡哲也さんっていますでしょう?
そろそろ70歳くらいかな と思います。
石原裕次郎に世話になった方ですね。
今、石原プロダクションの社長さん?会長さん?

この方が、『徹子の部屋』に出演されて、石原裕次郎の思い出話をされたのを、見たことがあります。

石原プロダクションが、倒産の危機に遭った事があったそうです。
当時(いつだか忘れましたが。)の渡哲也さんの全財産を持参されて、「少しですが、使って下さい」と申し出たところ。
石原裕次郎は受け取ってはくれなかったが、云々 みたいなお話でした。

金額はね。1,800,000円でした。これは覚えてる。
石原プロダクション倒産の危機 は、まあ、昭和50年代くらいかなぁ~と今となっては思いますが。

その話をされる時に、渡哲也さんが、何と喋ったかを覚えています。
その前に、黒柳徹子さんが、「全財産、1,800,000円も持っていらしたんですって?」と話を振っているんですよ。
渡さんは、状況を少し説明されてから、(状況は忘れました。)「で、少しばかりのお金を封筒に入れましてね。持って行ったんです。」と言うように、話しておられました。

全財産ですから、「少しばかり」ではないんですけど、そういう話し方をされる年代と言う事ですねえ。

私もブログに「お世話になった方の奥様の実家、出身地が被災地なので」「小銭を少々」持参した と書きました。
別に500円玉貯金を持って行った訳ではありません。

私くらいの年代だと、まだ、「小銭を少々」とか「少しばかりですが」とか、使いますね。

昔の人は、ちゃんとしたのし袋に入れたのでしょうと思いますが、私などは、気を遣わないように、と、わざわざそこらの封筒 と言う事は、良くあります。

ちと話がずれますが、我が家は、中元、歳暮の習慣はありません。
貰う事もないし、差し上げる事もないです。
と言うのは、夫婦して、親と縁が切れていて、全く音信不通ですし、仲人さん立てて結婚した訳でもなく、大きな企業で、上司に とかそういう習慣のない職場(私)だから、ですね。

盆、暮れ、正月の帰省とか、あいさつ回り とかもありません。行くと迷惑がられますし、そもそも、幻住所、昔の実家にあるのかどうか、確かめたわけでもないし。多分、そのまま住んでいる とは思いますけど、はがき、それから、戸籍を分籍した時の、戸籍謄本(家族と同じ戸籍にいるのがイヤで、自分で一人戸籍を作っちゃったんです。私。今は、本人以外の人が、勝手に、誰か家族を別の戸籍にしてしまう みたいな事は出来ません。本人がやるなら、家族の同意入らないんです。)、住所が変われば、住民票 と、お役所の書類は、手紙も挨拶もなく、ただ一枚事務的に送っていますが、戻ってきた事はないので、転居していたとしても、転居届出し続けているんでしょうね。


あら。

随分話がそれました。

子供にお駄賃なんてのも、昔はありましたね。
私が子供の頃は、それほどでもありませんでしたけど、昔の子供は、親が小遣いをくれる習慣じゃなかったようで、又、丁稚に行っている子供等は、立派な労働者ですから、当然、気のいい番頭さんでもいなければ、小遣い銭はありません。

ですから、大人がちょっとした事を頼む場合は、お駄賃を渡した物の様です。

親が一緒の時に、ちょっとしたお小遣いを親戚のおばさんとか、ご近所さんとかが、渡す時は、「飴玉でも買いなさい」とか言って、渡したと覚えています。

私の頃は、大抵、そうやって貰うお小遣いは、100円だったかな。500円は、当時は札ですから…
50円玉、今より一回り大きかったです。100円玉も、今のとは違いました。
バスの子供の初乗りは、15円でした。

そんな時代のお話です。

今、職人さんが来てくれる様な事は、ありませんが、設備などが壊れて、バカ大家に頼むと、ろくなことがないので、自前で頼む時等は、大抵、おひとり頭(ひとりあたり)1,000円程度の寸志を、普通の封筒に入れて、「帰りにコーヒーでも飲んで下さい。」とか「ジュース代に」とか、「煙草代に」とか言って、渡しますね。

最近は、タバコ代 は言いにくくなりましたので、「缶コーヒー」とか「コーヒー」とか「お昼の足しに」とか、母が使っていたと同じような事を言っています。

旅館で、仲居さんにチップを渡したりしませんか?
民宿では渡しませんが、2泊以上する時で、ある程度の格(私ら夫婦が泊れる程度で、その中ではちょっと贅沢 みたいな個人的な旅館さんの仲居さんね。)

ビジネスホテル、大規模温泉旅館風ホテルなんかでは渡しません。都会のリッチなホテルにちょっと贅沢みたいな時は、何か頼んだら、渡します。タオルが足りないから持ってきて とか、特別な事ね。通常のサービスには渡しません。

海外では、文化が違うので、チップは必ず、渡します。(ああ、最近は、クレジットカードの社会になっているので、チップもクレジットカードで払う人が多く、現金をテーブルに置いて渡すのは、ちと時代遅れみたいですが。私は、カード使わないので、仕方ないから、テーブルに置きます。)

ある正月、ええと、5~6年前ですかね?
正月に、二人で、ちょっとした温泉旅館のちょっと良い部屋に2泊?3泊?した事がありました。
まだ、一緒に暮らしていない頃の話です。

大体、いつから、夫婦なのか、自分たちも良く分からない状態なんで(^^;;

うち、婚姻届出していませんし、(出さないと言うよりは、もろもろの事情により、出せない)結婚式をした訳でもないし、一緒に暮らすようになってから、「なんだか区切りがないし、指輪を買おうよ」と私が言いだして、とりあえず、結婚指輪だけは買ったと言う様ないい加減な夫婦なので…

さておき、仲居さんに、3,000円だったかな?チップを渡した事がありましたねぇ…
「恐れ入ります。お頂戴させていただきます」とか何とか、言って、着物のたもとにするり と入れて、持って帰られました。
慣れていると言うか何と言うか、「ああ、渡して良かった」とほっとしたものでした。

そんなこんなで、日本には、チップの習慣はないのですが、実に面倒な寸志の習慣があったりしますね。

海外ではチップは権利ですが、日本ではそうじゃない。
そういう寸志は、して貰った側が、勿論、所定の代金はきちんと支払うんですけど、「わざわざ来て貰って、申し訳ない」的な民族性から、生まれた文化でしょう。

実は、明日、循環器に行った後、床屋さんにもう一度、少し追加の「小銭」を持参しようかな と思っているんです。

余りに被害が大きくて、どれだけ復興にかかるやら ですし、たまたま、床屋さんの親族は、ほとんど報道がなされない地域においででした。隣町?か何かに避難しておいでと聞いています。

私は日本赤十字よりは、その親族の方々が住まう自治体の復興支援に使って貰いたいと思っているので、そちらのお宅にお預けしよう と言うわけです。

「鼻紙代」「煙草銭」と思いましたけど、町役場に寄付をされる と言う事ですから、そのように、ご自由にしていただこうと思っています。

元に戻って。

もし、その床屋さんの親族の方々に直接差し上げる と言う場合は、(今回は私の分はそうじゃないです。)やっぱり「火事場お見舞い」なのかな?と思ったり、(火事場見舞いに行った、等とは言いますが、のし袋に「火事場お見舞い」って、どうもしっくりこないんですけど。)「被災お見舞い」とか書くのかな と思ったり、まさか「地震お見舞い」ってのはないよな と思ったり、で、こんなお話になった訳であります。


公的な表現は、義援金 で正しいと思いますが、日本の古来からの習慣で言うと、何と言うのか、現代の言葉で言うと、何と言うのか、ちょっと興味があったりします。

冠婚葬祭のハウツー本を買うと、出ているかもしれませんね。

単純に『お見舞い』が正解かも。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック