bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



災害ボランティア要請
当地は、直接の被災地ではありません。生活には不便がありますが、買い占め等に走るヒトが多すぎて、行儀が悪いから、でしょうか?

さておき。

当法人にも、自治体から、災害ボランティア要請がきたそうです。

現地は極限状態にあります。一般の健康だった方々でも、たった1週間で、りっぱな病人になってしまいます。折角避難所に辿り着いたのに、亡くなる方も出始めています。

正しい情報か、定かではありませんが、道や、放射線の値やら、現地では把握していて、安全なのに、風分等で、物資が届かない様子ですね。

その為、極寒の被災地では、子供、病人、高齢者、障害者等の、弱者から先に亡くなって行きます。

障害者施設への派遣要員の募集が来ています。

子供、病人、高齢者、障害者に対する支援には、専門職が大量に必要です。
私は高齢者には無理ですが、知的障害者への応援なら、出来る能力はあるでしょう。

大した資格はありませんが、何より経験があります。施設勤務もしましたし、身体障害者の方への、在宅支援もしましたし。我が家には精神障害者の重度のがいます。

生活の場所としての、重度の知的障害者の方への支援は、当法人で、1年休職しましたが、6年目、ごく初期に、まだ措置の時代に、モデルケースとして、当時で言う、重度知的障害者自立寮、と言うのがあったのですが、そこでの経験もあります。

措置→支援費制度→自立支援法→自立支援法見直し、と、目まぐるしく制度が変わって来ましたが、どの制度の時も、この仕事をしてきました。

応援に行きたいのは、山々なんですが。

私本人が、重度の身体障害者です。精神疾患既往もありますから、精神薬も使っています。

何より、心臓に人工パーツですから、ワーファリンが切れたら、終わりです。

常勤迄戻るのは、無理で、非常勤に身分を下げました。健康な若い職員と同じ負荷の仕事量=体力、は、こなせません。

こんなんが応援に行ったら、足手まといにはなっても、戦力にはならないです。

理性では良く判るのですが。

障害者支援でも、身体障害者支援は、かなり昔から普及しているそうです。

ご本人達が、自分の意見を発信出来るから。凄い戦いの歴史があります。

そのお陰で、私等は、充分な配慮を受けられる訳です。有難い事です。

知的障害者の方、精神障害者の方は、判断能力が、病や障害の為に、著しく落ちています。精神障害者の方は、もし完治したり、適切な支援が入ったりすれば、それなりに自己コントロール出来る様になりますが、差別と偏見の為に、充分な支援が入らず、野獣化してしまっている方も多くいます。

知的障害者の方は、ケースにより様々ですが、判断能力が障害の為に阻害されています。判断や融通が効かないのは、彼らのせいではありません。


身体障害者の方には、医療的な支援が必要な方も沢山いますから、看護士等が必要でしょう。医師は勿論、障害に詳しい医師が必要です。

精神障害者の方には、生活支援の専門職、精神科医師、精神科に詳しい看護士が必要です。

知的障害者には、私達の様な、知的障害者の特性に配慮出来る専門職と、身体障害併発の方や、障害特性上、体の老化が早かったり、てんかんがあったり、と言う方々がいますので、生活支援のプロと同時に、特性に詳しい医療専門職が必要です。

私が応援に行きましたら、自分が被災者になってしまいます。

だから行ったらダメなんですが。

思いは乱れる、と言う感じですね。


絶対無理なのは承知だけど、と、前置きして、猫よりマシなら、参ります、と、事務所には返事をしました。

14時~計画停電ですし、被災地は極限です。

どうなる事やら。

私の住まいは、何故か知りませんが、計画停電地域~外れました。今朝11時の時点では、今後、停電は一切ない、となっています。

駅の真ん前なので、鉄道の電力確保の為でしょうか?
昨日も計画停電あったのですが、駅は閉めていて、私の住まいは電気が来ています。

市内でも、電車の駅は幾つかありますが、うちの目の前の駅に隣接する所だけ、実施がないグループになっています。

皆さん懸命だと思いますが、阪神淡路より、数倍酷い災害でしょう。

1日も早く、被災地の方々が、普段の生活が送れる様に、祈るばかりです。


被災地に燃料が届かない為に、様々な不具合が深刻に起こっています。現地は、所謂私鉄、地下鉄がなく、ほとんどの家庭は、車がないと、生活出来ません。

亡くなられた方々も、燃料がなくて、暖が取れない為に、落とさなくて良い生命を落とされています。

燃料の買い占め、計画停電地域での、不要な電気を使わない工夫、風聞におどらされない事、皆様お願い致します。

そして。

ご自分の住まいの周辺の様子を見て下さい。

いつもと違う、売り切れ、閉店があれば、不要な買い占めをしているヒトが多い、と言う事です。

必要な物が切れてしまったら、仕方ありませんが、不安だから、何時間並んでも買って置こう、は止めて、いつものスパンでお過ごし下さい。

風が吹けば、桶屋が儲かりますが。

今は、風が吹いて、被災地で死亡者が出る、です。

どうかよろしくお願いします。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック