bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



災害の教訓
当地は、災害発生地ではありませんが。

遠くても凄まじい地震でしたから、結構大変だったわけで、しかも、災害は続く訳です。

で、本日、用事があり、バスと電車を乗り継いで、お世話になっている方のお宅に行きました。(あ、私、木曜日まで、本日から3連休です。)

床屋さんです。
私が20代前半の頃から、もう25年くらいのお付き合いになります。
普段は、月に2回刈りに行くだけです。

そこの奥様のご出身が、「福島県」と聞いていました。

で、地震から数日たって、お電話したところ。ご主人様が出られて、「大丈夫じゃないのよ。ほら。原発で。みんな避難している。」と教えて下さいました。

こういう時、少々の事なら、「お陰さまで何とかやってます。」とか言うのが、大人の常識です。
その範疇超えちゃってる と言う事ですね。

結構悩みました。

お見舞いに少々の小銭を持っていこうと思いましたが、直接お渡しすると、お返し等のご面倒をおかけします。と言って、日本赤十字でも良いのですけど、その奥様の演者の方には直接は届かない。

悩んだ末に、持参したんです。
小銭を少し封筒に入れましてね。

当地周辺は、かなり広く、計画停電、実施地域です。私の住いはまだ、実施がありませんが、床屋さんのところは、本日数時間実施があったとか。

で、お届けに行くのに、まさか現地へ行かれている事はない と思いましたけど、停電でお店を閉めている可能性もあるので、一応、お電話しました。やっている との事で、「野暮用で、あとでちょっと寄ります」とだけ言って、バスと電車を乗り継いで行きました。

訳を話して、お渡しすると、やっと、どこのご出身か判りました。

福島県双葉郡広野町

現在大騒ぎになっている原発から、50キロくらい離れたところ でしょうか。海も近い太平洋側です。

でお渡しして、帰り道、私のPHSが鳴りました。見ると、床屋さんからです。
おっしゃるには。
「広野町に自分たちも落ち着いたら寄付をするので、その時に一緒に寄付させて貰います。」との事でした。

目からうろこが落ちました。

ご親戚のタバコ代になれば と思った私。
町に寄付して、復興に自由に使って貰おう と考えた床屋さん。

人生経験の差ですね。勿論、ご親戚皆様、非難しておられますので、それなりの支援はなさっていると思いますが、それとは別に、町に寄付を と言うまでは、考えが及びませんでした。

お暇な方、「福島県双葉郡広野町」と検索されてみて下さい。
広野町役場のホームページは、「インフルエンザに気を付けましょう」みたいなことが、最新情報になっています。
つまり、町役場も、災害状況の把握とか、職員さんも被災されていますから、発信とか、そんなことが出来る状態じゃない と言う事です。

それほど、酷いんです。今回の東北は。



別の話。

地震発生から4日間、一人で凌いで、帰り道 だったと思います。

とある交差点にセルフのガソリンスタンドがあります。私はセルフ嫌いなんで、別のガソリンスタンドを使っていたのですが、数年前のガソリン急騰で、維持できなくなられ、閉めてしまわれました。
以来、近所にそこしかガソリンスタンドがないので、そこを使っています。

さておき。

T字路交差点の角にありますから…

ちょっとガソリンが値上がりした とか、連休前とか、そういう時には数台の車が国道に沿って、少し並びます。

そうしましたら。国道側ではなくて、細い路地ではないけれど、幹線道路ではない方の道路に、長蛇の列が出来ています。私はそこを通って、通勤するので、仕方なく追い越して、信号待ちしようとしたら。

何と!信号の角まで、ぎっしり車がハザード付けて停まっています。要するに、こちらは仕方なく右側通行ですから、対向車線から車が来たら、正面衝突です。

細い方から、国道に向かうと、国道で、行き止まり、右か左に曲がらないといけない場所です。国道から曲がってくる車は、そーんな遠方からは見えません。

で、見ると、ガソリンスタンドのアルバイトさんと思われる若い方が交通整理?の為に立っています。
だったら、1台、2台と前へ前へ詰めたがる車に、ストップ掛けて、直進車両の逃げ場を作ってやらないと事故が起こります。

おっさんはおせっかいですから、窓開けて、声を掛けました。「1台か、2台中に入れたら、その次を進ませないで、逃げ場を作らないと、正面衝突するよ!」

お嬢さん(女性でした。)いわく。
「みなさん並んでいますし、進んでくるので…」

えーと、その進んでくるのを整理するために、あなたが立っているのではないかな?

宜しいんですけど。

そもそも、大型連休前でもそんなに並んでいないのに、なんで?と思ったら。

ガソリンが不足する と言うニュースだか、デマだかが飛んでいるんだそうで。
普段なら、このタイミングでは入れない と言う乗り方をしている人までが、不安に駆られて、満タンにしに来ると。

と、流通混乱していますから、在庫はあっても、届かない。被災地では、輸送の為のガソリンが必要ですが、酷いのになると、被災地に行って、何やらして、(不要不急ですよね。)被災地のガソリンスタンドで無理やり満タンにしてくると。

自分は見舞いに行って、良い事をした と思っているのかもしれません。

同じ事が、マスクにも起こっています。
当地まで、福島県の放射能は飛んできません。そんなでかいレベルの話じゃないんです。
福島では深刻ですよ。

で、大量消費地、大都会で、売り切れ続出で、同様に、交通混乱で、在庫はあるのに届かない。被災地にも届かない。


少し頭、冷やしませんか?状態ですね。


災害ボランティアの経験のある方で、災害ボランティア団体の一員として、現地に問い合わせ、受け入れされた方以外は、一人で、人助けのつもりで、現地に乗り込まないでください。

同様に、個人で、支援物資を現地に送らないでください。現地では、今、生命確保の為に、みなさんが必死です。そこに大量の個人からの支援物資が届いたら、えらい事になります。

自治体のホームページを見ても、「個人からの支援物資はご辞退いたします。」とあります。

企業が100万本の飲み物 とか、10,000枚の毛布とか、そういうのは、良いのです。ちまちました個人の物少しばかりでは、支援にならないんです。


そういう事をね。今回の地震で知りました。
大変申し訳ないですが、地震当日、たった一人で、利用者の面倒を見て、家族と連絡を取って という体験は、非常に貴重な体験でした。


と書いているうちに、今度は、静岡県で、震度6だそうです。


同じ場所での余震はびっくりしませんが、先日は、千葉県?で、ありました。本日はこんな夜遅く(地震は、時間の都合を考えてくれませんので)に、震度6。

ちとイヤな予感がしますね…
群発地震ではなさそうですが…
普通の地震じゃありません。


みなさまも、どうかご無事で、安全にお過ごしください。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック