bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



結局
私が悪い で、会議は終了しました。

どうもね。まあ、以前の私に、不具合な点があった事は否めないんですが。
(体が生命の瀬戸際だったからね。心も病むよね。)

理事長さんの心の奥底には、「鷹山は精神疾患を隠して入職した」
「障害者の職員は想定外」と言う、本音があるようです。

これは個人の感情ですから、どうしようもありません。

生意気と新人。

私が不満を持っているから、不満を述べたら、その通り、すぐやっているのに、まだ不満なのか と思っているようです。

私が不満なんじゃありません。
利用者に不利益と、家族に不信感があるから、困るんです。


で、会議中。

ちょっとした大喧嘩になりましたが…

要するに、世代も違う、年齢も違う、環境も違う、色々違うわけです。
その中で仕事しなくちゃいけません。

なのですが。

生意気と、新人さんは、「すべき事」を押せ押せにしていて、家族が不満を持っています。
本人たちも自覚はありませんが、「すべき事」がなされていないため、不具合な状態になっている方もあります。

出来ない、知らない、気付かない は仕方ありません。経験浅いんですから。
同様に、私もカン違いもありました。
どこにあったやら、どうしても無かったのですが、コピー用紙ね。山ほど在庫があったそうです。

とはいえ。

理事長から、「お互い様だから」のたった一言を引き出すのに、どれだけ総すかんを喰らったか。
私だけが心がけが悪い と言う事ですね。

すべきことをしていない やってほしい と何度会議で話題にしても、簡潔にメモにしても、やる訳でもなく、返事がある訳でもなく、出来ない事情があるなら、家庭に知らせるでもなく、放置状態だった訳でありました。

そこについての、「それはいかん」と言う言及は、理事長からも無いです。
「それはこういうふうに、親に確認すればよろしい事だろう」で、生意気と、新人さんはおとがめなし。

私だけ30分ほど怒鳴られました。


人の心の奥底は判りません。

今まで「このくらいで、この事柄をしていかないとね」と私がやってきた事は、全部崩壊です。
で、理事長さんは、「親御さんに確認して、計画に入れるようにすればよろしい」と涼しい顔です。


昨日、ちょっと揉めた書類がありましてね。

本日までに記入して、話し合うので と言う事だったので、まあ、何をもめたかは良いのですが、公休返上して全部書いていきました。

はい。

その用紙を送ってくれた人。
鷹山が、「その紙を貰っていない と騒ぐと面倒だから」送ったらしいですよ。

で、若い二人は、全く記入がありませんでした。

彼らにとっては幸い、本日は喧嘩騒ぎが起こったので、その文章の検討は出来ずに終わりました。書いてなくてもばれなかった。


子供じゃあるまいし、もうちっと何とかしてほしいものですが、理事長まで、二人は真面目にきちんと仕事をしている、お前がギャーギャー言って、輪の乱している と思っているようじゃ、こっちが、若い者に胸をさすって、何とかしないとダメですね。


家内が、「そんなにイヤな職場なら、転職をしたらどうか」と言ってくれました。

実は全くそんな気はありません。
今まで、散々イヤな思いをして、誤解されて、でも。

この仕事が好きなんです。
利用者の力になりたいんです。
利用者は私と同じくらいの年齢です。
中には、体の年齢は+20歳 と言う特性を持った方もいます。

彼らの親は、70歳代越しています。
親の死も来ます。
本人たちの死も、20年したら、確実にやってくる人があります。

それを、全部看取ってやりたい と思うのです。

当法人は、市内では、トップを切って走っています。
うちがやり始めたから、法律や、自治体運用が付いてきた と言う事もたくさんあります。

これから素晴らしい他の偏見の無い法人に就職し直そうとは思いません。
偏見は、どこにでもあります。
精神疾患既往を申し出なかった で、あやうく解雇されそうになりました。
身体障害最重度になって、色々面倒も起こります。

それでも、やっぱりこの仕事がしたいんです。


ふぅ。

どうやって、バカ二人に教えるか ですね。
私は定年まで13年しかありません。3年後には、給与の昇給がストップします。
あとは若い者に任せるしかありません。
育てるのは私の仕事でしょう。

育つかなぁ…
無理だろうなぁ…

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック