bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



生意気盛り
と言いたくなるような、生意気な同僚が職場にいます。

昨年。

もうちょっと言うと、一昨年の秋頃から、先天性の心臓の疾患が、えらい騒ぎになっていまして。結局昨年の春に「これ、生命の瀬戸際ね」状態が分かり、現在は、立派な身体障害者になりました。人工パーツを使っていますから、身体障害者手帳1種1級、障害年金3級、市の重度障害手当金支給対象者 ですね。

で、私が1年近く休職していたので、生意気が、グループホームの肩書付きになりました。本来は私がなるべきところ、休職中では役に立ちませんから、仕方なく、生意気がなったのですな。

生意気は、ちょうど、生意気盛りの年齢です。
私のしている仕事は、障害者の方向けの仕事でも、重度知的障害者、日常生活支援 ですから(要するにグループホーム。法的にはケアホームと言います。ケアホームは重度対象、グループホームは軽度対象です)そんなに普及した仕事ではないです。

自分で言うのも偉そうですが、経験と熟考が必要な、かなり難しい仕事だと思います。私は11年目ですが、今の職場に入って、休職期間含めて6年目。3年目あたりから、やっと、親からの苦情が入るようになりました。苦情が入らない=苦情がない ではないのです。出来ていない、困っている、どうにもならない時は、親は苦情を言いません。出来そうだとか、改善の兆しがあると判った時に、初めて、「実はあの頃(過去形で)こういう事があって云々」と苦情が入るようになるんです。

私に苦情が入るようになるには、3年かかりました。




生意気は、障害者向けとしては、比較的一般的な仕事の経験が3年、私と同じ職場で働くようになって、確か4年目。私がいる頃は、本当に何もしない職員で、どうしてくれようか と良く思ったものでした。


考えてみれば、私も心臓がマックス状態になったまま仕事をしていたので、精神的に余裕がなかったのでしょう。生意気に素直に伝わる方法で、伝えていたとは言えない部分は大いにあると思うのです。
今は、まずい事があったかもしれないな とは思います。

それにしても、下記のお話は、かなり笑えるので、笑って下さいませ。





ある日、夜勤に入りました。
介護屋、病院の入院病棟、いわゆる療養施設なんかは、法定で、「日誌」というものが存在します。
ご利用者さんの日常を記す為のものです。

ストックのクリアファイルを見たら。
最後の1枚になっていました。
使っちゃったら、無くなってしまいます。

で、コピーをしようと、試みたのですが、パソコンとプリンタがありまして、初めて触るので、良く分からない。

生意気に聞くと、罵声しか返ってこないので、比較的機械に詳しい、年下の先輩に当たる、常勤職員さんに聞いてみました。

「こうなっている筈だから。ただ、そこのプリンタは僕が入れたのではないから、理屈はこうだけど、具体的な操作方法は判らない」と。

ていねいに教えてくれたので、その通りにやってみました。
動きません。

で仕方ないので、生意気にメールを入れました。

用紙が最後の1枚になっております。こうしましたが、うまく動きません。どうしましょうか? と一応、バカでも、肩書付きですから、胸をさすってお伺いを立てますとね。

「コピーを掛けて、次の準備をする と、何何の時に伝えましたよね?覚えていないんですか?忘れたんですか?数十枚コピーしておけば良い事です。」と素敵なお返事が参りました。

私、プリンタとパソコンの関係が分かりません。
教えて下さった方によれば、「プリンタの電源は電源、パソコンの電源は電源、で、パソコンとプリンタを繋ぐと、コピー機能のアイコンが出る筈だから、云々」でした。

そうならないので、聞きますと。

「そんな事も判らないんですか?自分で出来ないんですか?(笑)」とか何とか、要するに、彼氏、ほとほと呆れた と言うように、あざ笑う意味で(笑)とつけるのが、大好きです。

格闘して、プリンタは動くようになりました。
結局、パソコンとは繋がないタイプだったのです。

さて、とコピーをしようとすると。

コピー用紙、4枚しかありません。


はい?あんた、大丈夫?

常勤職員が、しかも肩書付きが、(私は健康上の理由で、非常勤職員になりました。でも、私はこのコアな職種の10年選手で、生意気とは親子ほど年が離れていて、当然私の方が、生意気の親ほど年上です。経験も倍以上あります。)最後の1枚まで用紙を使いきって、そのまま。

コピー用紙は4枚しか残っていない事に気づかず、そのまま。

で、「コピーすればよいだけの話ですね(笑)」とか

「そんな事(プリンタを動かすこと?)も出来ないんですか(笑い)」とか

「電源も自分で探せないんですか?(笑)」とか

平気でメールで送ってくる神経、私には理解できないんですが、これ、一般的なビジネス常識で、普通の事ですかね?

バカは死ななきゃ治らんので。

「最後の1枚まで使いきって、コピー用紙は4枚しかなくて、責任は気付いた私にあるのか!バカ者!返信不要!」とがらりと態度を変えて、放置しておきました。


さて。

実はファックス用紙も切れていました。
寄贈されたもので、型式の古いもの。
感熱紙なので、取り寄せです。
用意していないから、データは電話機が覚えていますが、受信データの出力は出来ません。

コピー用紙は、本当は4枚あって、私が書くべき日誌を書くと、2枚残るのですが。ちと書き方を変えてやろうとも思い、書きなおしをしたので、本当のマスター用紙1枚残して、全くのゼロにしておきました。

連絡して、「無くなったら、なんで買ってこないのか」とかキレられてもバカらしいですから。

勿論、メールでの連絡は無しで、「コピー用紙は3枚でした。本当のマスター残して在庫はゼロです。」「ファックス用紙も切れております。送るにもコピー用紙がないので、送れません。受信も、ファックス用紙がゼロなので、送れません。よろしくお願いいたします」とだけ書いて、さっさとそのままにして、帰宅してまいりました。

ミスはね。誰でもあるの。
切れてる事に気づかない事もあるの。
そんな事はごちゃごちゃ言いません。

「あ、切れていましたか、コピーをお願いします。」とかね。

「用紙がないんですか。すみません。明日、私(生意気)が買いますので、何かの裏紙でも良いので、簡単に書いておいて下さい」とかね。

ミスはミスで認めないとね。

で、ミスは誰でもします。
勿論、私もします。
ごめんなさい と謝って後始末しますよね。

彼(生意気)の後始末を、どれだけ私がしているか、は、生意気は知りません。

利用者のご家族から、苦情もいっぱい聞くのですが、私が便乗して「そーだ!そーだ!」と言うわけには参りませんから、言い訳したり、かばったり。四苦八苦しているのは誰か と言う認識もありません。

幾ら生意気盛りだとしてもねぇ…

ま、ヤツが仕事が出来ない癖に、威張りたがるのは良いんです。
ヤツの将来は暗いですが、暗いのは、本人のせいです。
本人がお荷物になったり、出来ない事で、解雇されたりするのは、本人の勝手です。

利用者さんや、ご家族に、多大なる迷惑を掛けているのが困ります。
後始末はしますけど。
私の立ち位置は多分、今はそこだと思うので。

あざ笑うのが大好き ってのは、人として、どんなもんよ と思う毎日ではあります。

こんな状態なので、たかがグループホームの職員だけで、打ち合わせすれば良い小さな会議に、理事長さんが出席なさる事になりました。

情けないやら、恥ずかしいやら…


生意気はそうは思っていないようで、もう、どうしましょう。


自分は出来る、一番偉い、肩書もある、年配のあいつ(私ね)は、出来ないバカ職員だ、何も教えてやる必要はない、なーんて確信していると、後で泣きを見るのはどっちかな?

どっちでも構いませんがね。

私が何でも正しい とは思いません。勘違いも、間違いもあるでしょう。
話し合いたくても、「(笑)」しか返ってこないか、そもそも返信がない ではどうしようもありませんで。

私たちの仕事は、現場では個人プレーです。ひとりで、利用者さんの面倒を見て、夜勤をします。

ですから、「ほう・れん・そう」が無いと、仕事にならない。

「ほう・れん・そう」って知らないんだろうなぁ…



放置しておくつもりです。
10日本日は、理事長さんご参加で会議です。
その時、理事長さんから、指導があると思いますが、それでも、「オレが正しい!」が治らなければ、徹底的に放置 かな? .

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック