bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



嵐を呼ぶ男
30年近く前、太陽にほえろ、と言う、刑事ドラマがあったのを、皆様は、ご存じでしょうか。

私はちょうど、その世代に当たります。ごく最初の頃は覚えていませんが、ドンピシャリの世代ですね。

これの主役と言うか、捜査一課の課長さん、木暮課長と言う役をやったのが、東京都知事、石原慎太郎さんの弟さんで、石原裕次郎さんです。

嵐を呼ぶ男以外に、山程シリーズ映画がありますが、私の中で、石原裕次郎と言えば、嵐を呼ぶ男、だったので、レンタルで借りて、今夜、利用者さんと見てみました。

私は初めて見たのです。利用者さんも初めてじゃないかなあ~。

映画と言えば、大映、東映、日活の時代です。ふるーいお話ですな。

公開は1957年です。

私は1964年
利用者さんは、1965年
ついでに、家内は1956年です。

TVじゃなくて、映画ですから、家内もリアルでは見ていないでしょう。


少し前、嵐を呼ぶ男、の、一番の名シーンがCMに使われていた事がありましたよ。ドラムを叩くシーンです。

こんな歌を、石原裕次郎が歌います。

♪おいらは、ドラマー、ヤクザなドラマー、おいらが叩けば、嵐を呼ぶぜ♪

続きもありますが、割愛。

で、見てみまして、特典映像で、キャスト紹介等がありましたので、そこを見てみました。

ヒロインは、北原美枝さんと言います。石原裕次郎さんの未亡人です。裕次郎と結婚して、芸能界を引退されました。本名は、石原真紀子さん、と言います。ご健在です。


その他のキャストを見て、仰天しました。

年輩の方しか通じないと思いますが、裕次郎の母親役が、小夜福子さん!

知ってる方、かなり古い方ですよ。戦前の、宝塚の娘役のトップの方です。
戦前の宝塚の方は、芸名を小倉百人一首からつけた方が大変多いのです。

天津乙女さん
(あまつ、おとめ)

天津風、雲の通い路、吹き閉じよ、乙女の姿、しばし留めん

(あまつかぜ、くものかよいじ、ふきとじよ、おとめのすがた、しばしとどめん)より。

小夜福子さんの歌は、ちと失念。脳細胞がドンドン減って行くお年頃なので。


水の江(絶対、文字が違う!江の字が違います)瀧子さん(今は、タッキーと言えば、何やら、若いごろごろいるジャニーズのタレントさんのようですが、元祖、タッキーは、水の江瀧子さんです。古すぎて、判りませんね。きっと。)

この方は、戦前の男役のトップですが、天津乙女さん、小夜福子さんよりは、若いんじゃないかな?

今、職場ですから、調べられませんが。


もっと若くなると、越智吹雪さんとか。この方は戦後かしら?男役のトップでした。

小夜福子さんの、映像が見られたなんて、仰天!!でした。


他にも。

金子のぶおさん(又、文字を失念。昭和の終わり頃、老年の時代劇の悪役をしておられました)

岡田真澄さん(男性ですよ。エリックニュートンさんの弟さんと記憶してますが、さて?ハーフの方です。ご存命と思います。20代後半~30代くらいに見えました)


白戸マリさん
クラブのトップダンサーの役です。今でも活躍されているか、と思われますが。

芦原いずみさん

まだ10代ではないかと、見えました。ある人物の妹役です。



みなさん、余りに若いので、石原裕次郎以外、誰も判らず、あ!北原美枝さんは、見た事ないけど、判りました。裕次郎映画のヒロイン=北原美枝さんなので、誰も判らず、キャスト紹介見て、初めて、ビックリ!

映画そのものは、戦後、アメリカで流行した、ミュージカル映画の影響をかなり受けていますね。

アメリカのミュージカル映画のその頃のスターは~


タップダンスの達人の方、勿論、戦前、で、フレッド アステア氏等がいましたね。さすがに他の方は失念。


ウェスト サイド ストーリー等は、革新的な新しいミュージカルだった頃でしょう。もっともっと前のミュージカル映画の影響を受けています。

関係ありませんが、ダンサーであり、ジャズミュージックの出来る、アフリカ系アメリカ人の方に、サミー デービス Jr.と言う方がおられました。タップダンスが凄くて、子供の頃、夢中で見たのを覚えています。


しばらく西武劇が続きましたので、今度は石原裕次郎をしばらく出してみますか。

フレッド アステアなんか凄いのですが、流石にもうレンタルではないでしょうね。戦前ですから。

ジョン ウェインも戦前で、兵隊さんは、みんな馬に乗ってる時代ですが、余りに有名な為、今でもあります。


最近、監督さんで活躍されている、クリント イーストウッド氏。
西武劇も時代の変遷がありまして、1960年代くらいの、新しい西武劇のスターでした。

最近でも、新解釈の西武劇ありますね。午後3時10分、何とかの時、等。
見ていませんが、確か、今をときめく、ジョニー ディップが出ていた筈です。

嵐を呼ぶ男、は、今夜二回見ましたが、自宅に帰って、元気のある時に、キャスト紹介メモして、もう一度見たいです。

石原裕次郎のデビュー作?最初のヒット作?は、太陽の季節、と言います。

この映画から、1950年代~1960年代にかけて、太陽族、と呼ばれる若者がおりました。戦後風俗のひとつの象徴だったとか。


太陽がいっぱい、ではありません。こちらは、往年のフランスの名優、アラン ドロン、です。犯罪者の話ですよ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック