bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アパッチ砦
古ーい、西武劇ですね。

主演は、勿論、最近私が凝っている、ジョンウェインです。

デジタル化は、まあ、昭和55年、レンタル開始とありますから、その時はビデオかも。デジタル化してDVDにしたのは、もっと後かも知れませんね。

最近、白黒やら、日本語吹き替えがないやら、の古い映画を見る様になって、とにかく子供の頃を思い出しました。

時代劇と西武劇とアメリカが悪いドイツ軍をやっつける、等の洋画が中心でした。

往年の名作が沢山ありました。

が。

時代は変わったのだ、と、つくづく思います。

今の価値観では、差別意識が強すぎて、とても公共放送では流せません。

でもね。とても面白いのです。その時代を知っている私には。40年振りくらいでしょうか?

勿論子供の頃にテレビで見たものですから、筋は覚えていません。でも見ると、子供の頃が蘇って来ます。
子供は抗争の歴史、勝ったものと、虐げられたものの仕組みは判りませんから、単純に、勧善懲悪の作品で、判りやすく、かっこ良く、スカッとする様な映画でした。どれも。

アメリカの先住民族を、今、正式には何と呼ぶべきか、実は私は知りません。

今、先住民族が少数民族になっているのは、アメリカの迫害があったから、と言うのは、まあ、確実なのでしょう。

所謂、黒人を意味する、ブラックと言う言葉、ジャンク英語だと、ブラッキー等とも言う単語がありますが。

アングロサクソン人、つまり、白人から、所謂、黒人を呼ぶ時に、ブラック、ブラッキーとは、今は呼びません。

日本人への蔑称は、ご存じの通り、ジャップですが、数年前国際会議で、どこの国だったか失念しましたが、ジャップと使い、国際問題になった事がありましたね。

所謂黒人の方が、自分に誇りを持って、私はブラックだ、と使う分には良いのでしょうが、そうじゃない人が呼ぶ場合は、アフリカ系アメリカ人、等と呼びますね。

フランス国籍だったら、アフリカ系フランス人かな?

アパッチ、スー等は、アメリカの先住民族のそれぞれの名前です。日本には、アイヌの方、琉球の方、等がいますね。それを日本は単一民族国家等と言って、エライ事になった政治家も、何人もいます。


そういう背景は知りつつ、野蛮なインディアンをやっつける西武劇は、昔の価値観だと、知っていても、今見て、非常に面白いのは。
名優が沢山いたからでしょうか。

何しろ、馬しか出て来ませんし、特撮もCGもないんですよ。

それで、これだけ魅せるのは、脚本、監督も、凄いのでしょうが、やはり、名優でしょうなあ~。

自由の国アメリカも、戦争中?前?は、歴然とした階級社会だった事も判りますね。


あとは~

言葉が単純です。私はアメリカ英語が、旅行くらいなら、聞ける、喋れる程度の初級者で、書く、読むは出来ません。

字幕見ながらですが、昔の映画は、半分くらいなら、何となく聞き取れます。

今の俳優さんで、日頃生活に使う様に、軍隊で使用する様に、馬に乗れる俳優さんは、それほど居ないでしょう。

時代劇の古い俳優さんも、役柄に合わせた乗り方の出来る方が大変多いです。

リアリティがある、と言うのでしょうかね。


CGがないですから。背景等、建物等は、壮大なセットと、一部、スクリーン合成ですね。

ロケ地は、開発されていない、西武劇撮影に適した場所が沢山あったのかな。

あと、俳優さん、みなさん、西武開拓時代のダンスが踊れますね。西武開拓時代は、娯楽がありませんから、フォークダンスとは、少し違うのですが、男女がペアになって踊る、スクエアダンスみたいなものがありました。正式な晩餐会でも踊られましたし、軍隊の家族の私的なパーティや、何かのお祝い、着任、転任等の時、大統領
の誕生日、就任なんかでも、あちこちでダンスはありました。勿論ダンスに音楽は付き物ですから、軍人は、正式なダンス、音楽も出来ないとダメ。上官になる程。

男尊女卑は当たり前ですが、それをレディファーストと呼びましたね。

ダンスは、ワルツ、タンゴの類いではありません。スクエアダンスですね。

ヨーロッパ発のダンスとは、趣を異にします。

軍人の家族は女性もたしなみとして、ダンスは踊れないとね。馬もね。



あ。でも、大抵、主人公は、差別意識のない、斬新な、平等主義者として描かれ、孤立するが、最後はめでたしめでたし、と言うのが、時代が新しくなるにつれて、増えますね。


アパッチ砦にも、そんな風潮が少し伺えますよ。


本日は、夕方~夜にかけて仕事です。


昔の映画はとにかく長い!アパッチ砦も2時間を越えます。3時間と言うのもざらにありました。

あと40分くらいで終わります。


終わったら仮眠です。

今夜はちと厄介な仕事の補助なので。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック