bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



相談を受けました。
20年来、肩凝りや、筋肉痛や、体がだるい、痛い等の症状に悩まされてきました。

手術が終わって、一念発起して、整形外科に行って、相談し、理学療法士さんのリハビリを週に2回受けるようにあって、半年目くらいになります。

気さくな話好きの明るい理学さんで、私は2コマ使っているのですが、色々な話をします。1コマは20分。ですから40分ですね。

ネタは結構用意していくんです。
面白い話、困った話、失敗談、町中で出あった方の話、家内の話、仕事の話、色々話をします。

理学さんは、女性で、聞いた事はありませんが、どうも独身の方のようです。相手がいないから と言う様な話をされる事がありますから。ご実家にお住まいかな とも思います。印象ですが。

さばさばした性格の方で、少し前の言葉だと、「男前なおねえさん」と言う感じです。
腕はかなり良くて、症状は少しずつですが、改善しています。自宅で出来る簡単だけど、効果のある体操の様な物も教えて貰って、つらい時にやってみると、結構素人の体操なのに、効果があります。



で、昨日、予約制なので、予約時間に行ったところ、珍しく「ねえ?聞いてくれる?」とおっしゃる。
ああ。年齢は、私よりも少し若いかな と言う感じ。女性に年は聞けませんが、鷹山さんと大して変わらない と言うので、30代後半か、40歳直前か くらいかなぁ?(私は46歳です。5月に47歳になります。)

「はい。お聞きしましょ」と言って、理学さんのお話を聞きました。

精神疾患のある患者さんが来るようになって、担当になったそうです。これは前から聞いていた。こっそりね。プライバシーですから。勿論、その患者さんの具体的な事は、何も知りません。

一回、「最近、パニック障害があると言う方の担当になったんだけど、リハビリ中に、パニック障害を起こしたりしないの?起こしたら、どうすればよいの?」と聞かれた事があります。

パニック障害?それだけなら、PCSDとか言いましたっけ?何かショックな大きな事があって、それがフラッシュバックしたり と言う様な症状がある方かな と思い、「普通に接したら良いと思いますよ。リハビリ中に暴れるとか、発作を起こして倒れるとかは、ない筈。(これには一応理屈がありますが、長くなるので、割愛します)

で、昨日は、「いつも20分遅れてくる」と言う話でした。
良く聞いてみると、その方は、毎回同じ時間に予約を取るそうですが、1コマなのに、20分遅れてくる。毎回20分なんだそうです。

で、どうして遅刻するのか、穏やかに聞いてみたところ、まあ要するに、言い訳をするわけですね。

どのくらい遠方から来るのか、聞いてみたら、(これは私が理学さんに聞きました。)歩いて3分、自転車で来るから1分 と患者さんは言っているそうです。近所な事は間違いなさそうです。

お話を聞いているうちに、これ、パニック障害じゃないでしょ?と思い当りました。
医師ではないし、見たわけでないし、判りませんが、境界性人格障害?又は、統合失調症の可能性があるな と思いました。

精神科には通院しているそうですが、私が理学さんからお話を聞いた限りでは、通院のレベルじゃない。入院のレベルです。診療報酬が3カ月で入院の場合は、がくっと下がるので、3カ月で出されてしまう事もあるのですが、可能なら、半年、一年のレベルでしょう。

結婚されているそうです。
お連れ合いは朝から、夜中まで働いておられる。
患者さんは、交通事故?で、自賠責での受診だそうで、費用は無料ですって。
精神科通院の為の医療証(これは、精神科医に相談すると、医師の方が良い と思えば、比較的スムースに必要書類=診断書の類ですを書いて下さり、精神科に限って、自己負担が1割になります。

まず、それを使っているのかな?
私も家内も使っています。
これは、病気が重いからではなくても、長く通院が必要で と言う場合には、患者の希望で、医師が書いてくれるんです。一応、法律の決まりでは、「重度かつ継続」となっていて、軽い患者はダメですよ というkとになっていますが、運用上は、要するに、精神科に定期的に通院する必要がある患者は、精神科に行く事によって、何とか自分を保っている訳ですから、私なんかでも使っています。もう14年使っています。

で、色々お話が出てきたのですが、患者さんは、0歳の子供さんと、7歳の子供さんが、おられるそうです。

0歳の子供さんを、自宅に置いたまま、患者さんは、毎日のように、あちこちの病院に通っているそうで、夕方、その整形外科に来る時は、7歳の子供さんが学校から帰ってくるので、その子供さんに0歳の子供さんの面倒をみさせて、遅刻して、整形外科に来るのだ と言うお話でした。


うーん…

で、その理学さんは、児童相談所に電話したそうです。そうしましたら、児童相談所は、自宅を訪問してくれたそうで、実は、児童相談所がマークしているご家庭だった と言う事でありました。


多分、なんですが。
推測ですから、根拠は全然ありませんけれど。
育児が嫌なんじゃないか と思います。
病院に通院しなければいけない と言う理由を自分で付けて、0歳の子供さんを自宅に放置して、病院に行ってしまうわけですね。毎日らしいとの事。

ネグレスト?育児放棄とか、子供への虐待とかに、当りますね。0歳児、放置したら、何が起こってもおかしくないですから。

で、それはどうしてか と言うと?

ここからは、もっと、曖昧な推測でしかありませんが、重い精神疾患を抱えていて、お連れ合いにも、患者さん(奥様になります)が、精神疾患、精神障害の状態だ、治療しなければいけない と言う意識がないのかも。

お連れ合いも、消極的ではありますが、加担している とも言えます。

で、理学さんにお話ししてみました。
「それ、多分、精神科に通院のレベルじゃない。半年、一年、入院のレベルだと思う。」と。

したら、理学さんいわく。
「でねえ。入院を勧められているんだって。でも、子供が小さいから、無理なので、断っている と言ってる」との事。


ああ。もう、完全にかなり重症です。
児童相談所が、子供さんを乳児院とか、児童養護施設とか、そういうところに職権で、収容してくれないと、子供さん、生命の危険があります。

その患者さんは、毎回きっちり20分遅刻してくるのですが、ごく当たり前に、その理学さんのところに勝手に入ってくるそうです。普通は、呼ばれてから、理学室に入るのですが、ずんずん入ってくる。
受付の様子は知りませんが、悪びれた様子もなく、遅刻したので、申し訳ない、でもなさそうな様子らしい。

20分1コマですから、次の患者さん、来ておられる訳ですよ。で、なんでしてくれないのか、今一つ良く分かっていない様子だと。

仕方ないので、25分遅刻してきたときには、電気で温める みたいなのありますよね。それで凌いだそうで、それ以外の時は、たまたま空いている理学さんがいた時は、そちらにお任せしたり、自分が二人掛け持ちしたり、で凌いでいて、ほとほと困っているようでした。

病院通いは、子供の面倒を見なくて良い口実なんかもしれませんね。悪びれた様子が全く(かけらも)ないそうなので、統合失調症の可能性は結構高いかも知れません。

言い訳は、いつも同じで、「つい忘れてしまう」とか「疲れているので、寝てしまう」とかで、理由になってない。

精神障害者は、家内もそうですが、「何がどうして、どうなって、だから、こういう事になるので、それを防ぐために、こうして、ああして」みたいな言葉でずらずら説明されても、理解できない、又は、忘れてえしまう事が多々あります。

最初は、通院で済む精神疾患を持った方 と言う事かと思ったので、「なるべく簡潔に、何時に目覚ましをかけて、何時に起きる。何時に家を出る。予約時間は何時です。」みたいなことを紙に書いてみたら、うまくすれば、出来るかもしれない とアドバイスしたのですが、どうも目覚ましを掛ける と書いても、まあ、身にしみていないので、ダメでしょうなぁ…

ので、最後にお話ししました。

入院レベルだと思うし、常識的な行動が出来なくて、それが出来なくて、迷惑を掛けている と言う自覚が多分ゼロ。

紙に書いてみて、堂々と今まで通りに遅刻してくるようだったら、電気で温めてごまかす。

余りに酷くて、他の患者さんに迷惑を掛けるようならば、院長先生に報告して、叱って貰って、それでもどうにもならなければ、支援の仕方はあるんだけど、ここは精神科じゃないから、それは無理だと思うので、内では出来ません と院長先生から、子終わって貰うしかないね。

と言うような話をしました。

支援機関が入っていて、通院介助を利用しているなら、この手の事は、何とかなります。
でも、それを、整形外科の理学療法士さんが、やってあげる事ではありません。

精神障害者には明らかな差別がありますが、それはある程度その自覚があって、助けを求めて と言う事で、支援が入るんです。

お連れ合いも、奥様がそういう状態なら、何らかの方策を取らなければいけないでしょう。

最悪は、離婚かな。
で、お連れ合いが子供さんを引き取る。
調停離婚に、「配偶者が重い精神疾患で、日常生活に重大な不具合がある」と言う理由があります。
その患者さん本人が、自覚して努力し、お連れ合いも支援を入れる、きちんと入院させる努力をする と言うような事をしないで、いきなり調停かけて、離婚できるかどうか までは知りませんが、出来る範囲の精いっぱいの努力をお連れ合いがしているのに、患者さん本人が、全く自覚がなく、家庭が崩壊していく と言うような時はもう、仕方ありません。



そんなお話が途中で終わってしまいました。
40分経過しちゃったんです。

こういうご家庭、こういう患者さん、実は山のようにいるんですよね。精神科に頑として行かなくて、30年、50年と放置していると、(どうしても患者さん本人が、私はキチガイではない 等と主張して、ご家族では、通院させられない、支援の使う気もない~古いg家庭は、支援を使うと言う意識がなく、患者さん本人が暴れないように、好き放題にさせている と言うケースもまだまだみられます。特に、高齢者の親御さんが、中年を過ぎて、発症から30年、50年、放置しているような場合には、ほぼ確実に、患者さんは、野獣化します。)患者さん、ケダモノになってしまうんですね。


我が家は私が偽プロなので、(障害者支援のプロですが、精神障害の支援はプロじゃないです。知的障害重度の方へのプロです。)ある程度支援体制を整えましたが、それでも結構大変です。1年以上かかって、やっと説得して入院させてから、少しずつ家内も良くなってきましたし、私も接し方が少しはうまくなりました。支援機関を入れて、ヘルパーさんに入って貰った事で、かなり好転してきました。

でも、家内は、元通りにはなれないでしょう。
一生、障害と付き合って行く事になります。

私も重度の身体障害者ですし、仕事が障害者支援、自宅にも精神障害者、自分も重度の身体障害者ですので、ストレスもたまりますし、自分の体の状態も保っていかないといけません。

それでも、偽プロが家族だと、何とか支援を入れる事が出来るのですが、一般の方には、制度がややこしすぎて、制度がある事も分からないし、何をして良いか判らないし、性格が悪い、怠け者、サボっている等と思いこんで、治療も支援も入れていないのに、怒鳴るだけのご家族もいます。

このあたりは本当に難しい問題です。

偽プロの私も、家族介護は出来ません。
仕事と、家族は違うんです。


はあ。

何とかしてあげたいですけど、こればかりはどうにもならないんですよね…

次に行ったら、少し続きを話してあげようかな と思っています。その理学療法士さんに。

その患者さん、早く充実した支援が入ると良いけれど。

家内も、まあまあの状態になるまでは、今、ちょうど退院して一年ですが、その前、20年以上、中途半端な通院でごまかしてきたので、3年、5年、あるいは10年かかるかもしれません。

それを多少自覚してきただけ、家内はマシですし、精神病院の主治医先生、支援機関の相談員の方、ヘルパー事業所のヘルパーの方々、責任者の方、に感謝の毎日です。



障害者の為の法律も不備なんです。
早くまともに改正されて欲しいですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック