bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



休日です
中途半端な休みは困るのですが、今月は色々行き違いがあり、なんだか仕事関係、みな中途半端です。

朝、リハビリの予約があったので、そこから、私の本籍地のある役所に回りました。

私は戸籍の上は独身ですが、父と同じ戸籍に居ません。幼い頃からの確執で、私が自分で分籍してしまったからです。

で、家族とは全く縁が切れていますが、父と妹が、私を大嫌いなだけなので。

ちと必要な書類があって、遠くの役所迄出掛けました。午前中から出掛けて、まだ、自宅に着きませんよ。
で、父は司法書士でした。でした、と言うのは、過去形です。ふと数日前に調べたら、司法書士会に父の名前の登録がなかった。

あれこれ調べると、別の方、私と同じくらいの年齢の方が、後を継いで下さっているのが、分かりました。
私が若い頃、大変仲良くお付き合いをしていた、別の司法書士さんのご自宅に、えいや!で、お電話してみると、その別の先生は、大きな病気をされて、合併症が出て、お大変だ、と、奥様が話して下さいました。
本日、では、と、とにかく役所の回りに様々な事務所がありますので、インターネットで調べて、役所と、先生方の事務所を回りました。


いくら息子や兄が気に入らないから、と、お世話になった先生が、かなり難しいご病気、どうも、父本人も、何らかの難しい病気を抱えている、後を継いで下さった方は、父と同じ時期に仕事をしておられた司法書士先生の息子さん、と、次々、長男の私が知らねばおかしい事が、ぞろぞろ出て来て。

あちらこちらで、名刺の裏に、自宅の連絡先等書いて、ご挨拶する羽目になりました。

後を継いで下さった先生は、子供は娘一人、と聞いていて、お嬢さんのご主人様ですね、とか、言う始末です。

妹の事しか話していない訳ですな。その後を継いで下さった司法書士の先生は、父の事務所に来る様になって、20年は経つそうで。

何がそんなに、長男坊が憎いやら。妹も、父の事で事務所にきた事はあるようでしたが、兄がいるとは言わず、子供は私一人で、嫁に行ったので、先生、父の後は、よろしくお願いします、とかやってたらしいです。

ま。良いですがね。

司法書士免許は返納出来るらしく、かなり前に返納してるそうです。

今、76歳ですから、遠からず、葬式が出ます。

妹で、司法書士先生方への連絡やら、なんやらは出来ません。


どうするのかね?


父は遺言状を書いてあるようで、喪主は妹、と、明記しているようです。

公の理由は、私がクリスチャンだから、だそうですが、死んでも、長男に葬式仕切られたくないんでしょう。

現実に、親戚でなにやら、と言う事はある筈ですが、一切連絡寄越しませんから、徹底的に排除したいんだろう、と思います。

私は構いませんし、気楽で良いですが、親戚は父が長男で、私は長男の長男、つまり、直系の後継ぎ?みたいなもんなので。

昔者の親戚のおじ、おばは、なんで、親戚の大切な会合に、長男の長男が来ない?嫁連れて、毎回来るべきだろう?

と、多分思ってますが。

知らせがないものは、行けません。父と妹がブロックするらしい。



お疲れ様な話です。


で、父の後を継いで下さった先生にご挨拶して、とっくの昔に、仕事は止めて、免許を返上し、何かは聞かなかったのですが、父も厄介な病で、頻繁に医者に行っている事を知りました。


お世話になった、別の先生は、腎臓を1日おきに透析ですと!近い将来、腎臓移植が必要です。ドナーになれるには、型が一致しないとダメ。

私、心臓はダメですが、肝臓、腎臓は大丈夫。どうにもならなくなってから、ドナー探しても間に合いません。私も検査は出来ますし、腎臓は2つあるし、医師に相談すれば、提供出来るかも知れませんから、と、奥様と電話で話した事でした。



役所の用事は、父方のルーツ探しです。どこ迄遡れるか、と、戸籍係に探して貰ったら。

私の祖父のその又祖父の父親、迄、データがありました。私→父→祖父→その父→祖父の祖父→その又父。

何代前になりますかな。

最初の方の人は、嘉永とかね。明治の直前が嘉永です。弘化元年とかね。黒船見ましたか?みたいな時代です。

廃藩治県てありましたよね?あれ、明治4年です。

大政奉還、明治元年。江戸で言うと、弘化?嘉永?

挙げ句に、最初は、私の出た所は、隣の県の一部だったようで。

除籍謄本はそんなに高くなかった気がするんですが、改正原戸籍謄本は、一通750円するんです。

財布の中身見ちゃいました。

父方の祖父は追えましたが、父方の祖母が出たのは、現在の隣の自治体。それ以前の父方の歴史は、運が良いと、郷土資料館に残っているか、どうか。



1日で済む筈が、大金?手間暇がかかって、行く所が増えました。


ぐずぐずしてると、古い資料はガンガン消えてしまうので。

休み毎に、都会の役所と、田舎の役所を行ったり来たり、になりそうです。



しかし。

母方は明治元年迄しか負えず、昭和の資料も、都会からルールを実施していくので?消えたものばかり、なんですが、父方はエライ田舎なんで、実施の順番が遅いのか、なんだか判りませんが、150年近く遡れました。

今、150年で消えるらしいです。

今年中には、全部取らないとね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック