bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日~仕事です
夜勤入りで、明日の夕方16時迄。

火曜日は昼間4時間、お出掛けの付き添いです。古くから利用されている方ですが、私は6年目にして、初めてです。お名前は知っているんですがね。

さっき迄、本日が返却日のDVDを見てました。役所巡りで、疲れて、なかなか見られず、返却日。明日の朝迄に返却すれば良いのですが、生憎仕事中ですから。
2本借りて、1本しか見られず。両方見たいのですが、仮眠時間がないので、1つは諦めました。

見た方は、ハンターと言います。
年配の方は、スティーブ マックウィーンをご存じでしょう。60年代のヒーローですね。代表作と言えば、大脱走でしょう。

彼の最後の作品、遺作です。

西武劇に、賞金稼ぎと、悪者と、保安官、みたいな話が60年代頃迄、かなり流行しました。

賞金稼ぎの制度は1900年頃、合法化されたらしいですが、マックウィーンは54歳?くらいで、肺癌?で他界してまして、まあ、賞金稼ぎの化石みたいなのが、現代にいた、と言う設定です。

ハンターと言う題名の映画、沢山ありそうですが、スティーブ マックウィーン、遺作、等で検索すると、出るかも知れません。

DVD化は20年くらい前?10年くらい?かな?その時新作で出た訳じゃないです。
私は子供の頃、マックウィーンの訃報を知っています。


最近、古い名作のドンパチ、みたいなのが、DVD化されたり、リメイクされたりしてますね。

ハリウッドも金がないのでしょう。


サブウェイ123の、原作は、やはり、サブウェイ パニックでした。賛否両方あるみたいですが、古い方が断然面白い、と、私は思いました。

見られず返却してしまうのは、ロッキーホラーショーと言う、古い古い、イギリスのミュージカルです。

元々はロンドンブロードウェイの舞台と思います。それが映画化されたのが、これかな?

これも60年代か70年代と思います。リメイクされているかは知りませんが、サイケと言う風潮が70年代、日本でも、大ブームになりまして、日本発の流行じゃないんで、60年代かな?と。
サイケが判らない若い方は、インターネットで引いて下さいませ。色々出ると思います。最近少し前に、レトロと言う事で、一部の若い方には流行ったみたいですが、日本中がサイケでした。


残念ながら、その頃、私はごく子供で、サイケは、戦争が終わり、平和になって、若者文化が爆発した現象ですから、調べると沢山あると思います。


ロッキーホラーショーは、イギリスの古い館の主がいまして、男性なんですが、女装の主です。

で、まあ、パーティみたいな事をする。

それだけの話です。

サイケに意味を求めてもダメなんで、まあ、新しい価値観で、色々な文化が花開いた、その中の代表的な映画、と、私は思っています。


後年、ラ カージュ オ フォーリーズ、と言う、出演者全員が、女装の男性、と言う、華やかなミュージカルの舞台がありましたが、ひょっとすると、これは、ロッキーホラーショーをモチーフにしてるかも?

一度返却して、又、借ります。実は何回も借りてるけど、見られず返却。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック