bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



明日~仕事です
2日に、一人暮らしのご利用者の方が、危篤状態になり、2日間程、病院に詰め切りでした。

本日は7日です。昨夜、同僚にメールで聞いたところ、ICUは出られず、人工呼吸器外せない状態は続いているものの、危篤からは3日の夕方脱し、緩やかながら、少しずつ回復の兆しがある、と言う事でした。


何処まで回復出来るか、判りませんが、早くお元気な様子を見たいですね。

人工呼吸器繋がっていても、意識はある場合は良くあるのですが、彼はあるのか、知的に障害が重い方なので、少し薬等で、意識レベルを落としているかも知れません。

私のオペの後、翌日、自分の病室に移る直前迄、人工呼吸器繋がっていましたし、その後は、数日、常時酸素10リットル、その後、4リットルで、邪魔ですから、眠れずに困った事を思い出しました。


そう言えば、ある方から、かなり古い記事に「あなたが書いたこの記事は、医学的、科学的に間違っています。正しくはこうです」と、閲覧履歴の残っていない、初めて?の方から、訂正を要求するコメントをいただいたのですが。

製薬会社のホームページじゃありませず、前後の日記の絡みで、たまたま出した事が、薬物の常識から専門家の方が見ると、明らかな間違いなのだそうでした。

ここは、医師、薬剤師、医師組合?健康保険組合、保健所、厚生労働省の、公式ホームページではありませんので、そのあたりは、ご承知下さいね。

6~7年は、このブログ書いてると思いますが、過去の記事の、専門的な何かの間違いを、あら探し?ではないのかな?ご親切に、「これこれは、あれが正しく、これは間違いです」と、いきなり過去の記事にコメントつけられたのは、まあ、初めてです。

ご親切な方、ありがとうございます。

ここ、医療の専門家の公式ホームページではないので、個人の日記ですから、そのあたり、皆様、改めて、ご承知下さいませ。




元に戻ります。

4日から役所が開きましたね。5日から営業のお店さんも、多かったようです。
役所巡りをして、朝出て、夜に帰宅、を繰り返しておりました。

ご先祖さんのルーツ探しです。


明治~大正にかけて、商売をしていました。母方の家系です。

出版社、と言うべきですかな。昔の事とて、若い頃から、謎がありました。

正月の楽しみに、と、始めたら、外ぼりは判ってきたのですが、本丸が不明。

でも楽しかったです。まだまだ始めて1ヶ月。100年前の事が判るのは、いつかな?

法的な書類は、法定の保存期間があります。今まで80年、と言うものが多かったらしく、私が調べているのは、100年と少し前。江戸時代の最後、嘉永年間あたり~。嘉永は数年で終わり、明治になります。

大政奉還とか、昔、習った気もします。

その頃の話なんで、書類請求しても、しても、無料の廃棄証明ばかり集まりますね。

今は、民間にデータが残ってないか、国会図書館で閲覧出来ないか、考えています。

国会図書館、遠くて、敷居が高くてね~
古過ぎて、デジタル化されてないの。館内閲覧だけ可能で、借りたりは出来ないみたいです。


ま、そんな事を昨日迄やってました。


当地方、猛烈な寒さと強風で。さすがに苦しくて、家内に知らせようと、バスの中の優先席で、短いメールを打とうとしたら。

正義の味方の85歳くらいの、元気いっぱいなお爺さんに怒鳴られた、と言う訳でした。



最後は映画の話に飛んでみます。

数年前、サタデーナイトフィーバーの、ジョン トラボルタ、が犯人で、ディンゼル ワシントンが、地下鉄職員で、と言う、映画がありました。

題名が、サブウェイ123。
DVDが今年の夏頃レンタルで出て、見ました。ドンパチ好きの私には、少し好みが違いましたけど、面白かったです。

それのモチーフになったのは、これ?と言うDVDを偶然借りまして、今朝、見てみました。見たら、あれ?これがモチーフ?と気付いたのね。

サブウェイ パニックと言う題名です。DVDになったのが、1998年。これでも充分古いですが、中身の風俗等見ると、どうも60年代、70年代、みたいな感じ。

ドンパチも出て来ますが、ピストルですし、今風の機関銃とかは出て来ない。

80年代前半くらいの、ニューヨークは、私はリアルで知ってますが、もう少し古そうです。

名作のDVD化だったのかも知れませんね。

サブウェイ パニックは、実は、サブウェイ123より面白かったです。
のっとられた地下鉄の車両が、べラム123と言う。

サブウェイ123も、車両番号は123です。地下鉄の作りは、今は刷新されて、システムも変わっていますが、私が知ってるシステムのままの光景でした。

キース ヘリング、と言う、若くして他界された落書きアートみたいな、斬新な事をやった方があるのですが。

落書きしちゃいけない、地下鉄は、私が知っている頃も、落書きだらけ。キース ヘリング氏も、元々は体制に逆らい、落書きしてはいけないものにばかり、描いていました。

今でも、彼のショップはあちこちにありますし、彼の名前を冠した、財団があります。

生きていれば、私より10歳?5歳くらい?年上の筈。


なーんて、昔のニューヨークを思い出しながら、話もとても良く出来ていて、鑑賞した今朝でした。

今は、友人と約束があり、ちょっと遠くに行く電車の中です。帰宅は終電くらい?

昨日、寒さで苦しくて、今日は用心して、着込んできましたが、強風がないので、思ったよりは寒くないです。着込んできたからかな?

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック