bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今夜は夜勤です
昨日は、家内と少し高いファミリーレストランに、予約して、昼飯に行きました。

前に行った時に、アンケートを書いたら、限定メニューと言う案内が来て、まあまあ安かったので、気分だけクリスマスです。

夜は簡単なものを、私がざっと作りました。家内は、昼飯に行く前に、用事で出掛けて、帰り道に食材を山程買って来ました。

夕飯を自分で作る気なんです。買い物なんかしてきてはダメ。あとに響くよ、とは言いましたが、まあ、気合いで出た時しか、ついでの用事は出来ないね、とも言っておきました。

どうせ、昼飯から帰宅したら、そのまま夜中迄眠るの、私には判りますから。

で、案の定、家内はかなり遅く迄正体なく眠り、眠るつもりは全くなかったのに、どうして?とかやってます。



今日は夜勤なんで、ブランチに来てます。


びっくり、と言うか、笑っちゃいけないかね?と、言う場面に遭遇。

うちは、霊園の参道にあります。
近所は石屋に、葬儀屋に、葬式用の果物屋に、と言う、環境です。

で、このあたりは、私鉄、が、網の目の様に入り組んでいます。


どこに行くにも、線路、踏切4つくらいは、必ず通る。歩きでも、車でも。

で、霊園山門近くの踏切に差し掛かったら。

そこ、すぐ開かずになるから、車もヒトも必死なんですが。

普通に一時停止して、動いたら、お弔いの方々が、目の前を突っ切る!

で。

坊さんと、喪主(せしゅが変換で出ないです。施主ね。同じですか?ここらは喪主とは余り言わないです)の方が、骨上げしたばかり、と思える、骨壺にカバーを掛けた、あれ、ね、お骨を持って、坊さんと並んで走りました。

なんか変な感じがする。

えらいおかしかった!です。笑ってしまいました。
続く方々は、線路のここなら、と言う場所で、こっちが停まって通しました。

石屋に戻って行ったから、弔問客待たせてて、慌ててたのかも知れませんね。



坊さんで思い出しましたが。

時々、スクーターで、袈裟衣きた、お仕事スタイルで、バタバタ走ってる坊さんが居ませんか?なんで、笑えるんだろう?

ひらひらするからでしょうか。


あの格好で普通の事してるのは、見ないから、自重してるんだろうが、踏切を、坊主と骨壺が走る!

は、さすがに初めて見ました♪

寒いですね~

冬ですね~


私自身はクリスチャンですから、余り坊さんとは関係ないんですけど、どっしりと歩いて欲しいかも。

お骨を持った方!

走ってはいけません!

つまづいて、ばらまいたら、ちと、面倒な事になりませんか?

でもね。

ご一行の様子を見てると、何となく和やかな感じでした。

どなた様か判りませんが、良いご往生だったのかも知れませんね。今ごろ、ご本人は、お墓の中で苦笑されているかも。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック