bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



休みです
医者の帰りにブランチです。夕方、もうひとつ医者があります。


復帰2ヶ月、あちこち話がこんがらがって、大変です。仕事柄、昼間のデスクワークはないですし、夜勤で四名翌朝出す迄、面倒見られるのか、私も判らない。
殿様一人なら泊まれますが、いつまでも、一人の時しか泊まれない、では、他の職員が、不満持ちますし。
常勤には戻れないでしょう。非常勤で、常勤と同じくらい働くのは出来るかも知れませんが、毎月、通院配慮が必要ですから、ズルい事になっちゃいます。

常勤は、条件はかなり良いが、配慮やらは無理。非常勤は安いけど、配慮オッケーが、当事業所です。当たり前かな?違うかな?うちだと、まあ、仕方無いですね。

様々な控除、年金、給付金等合わせても、見込みよりかなり足りないです。

どうしますかね。

様々なものを活用して、非常勤で、と言う予定だったのですが、なかなかうまく行きません。



さて。昨日の仕事の話を書きましょう。

昨日の夕方は、2時間だけ、ショートステイ型の宿泊の場所の手伝いでした。

利用者さんは二人。

お一人の方と、散歩に行きました。

名前しか聞いてない。初めての方。プロの勘では、自閉症か、自閉傾向かな?くらいは判りますけど。

こちらの言う事はかなり判る方でした。言葉はほとんどない。あ に近い音くらい。はい、も、いいえ、も、多分、あ でしょうか。否定の返事のない方もあります。昨日は、返事は、はい、になる様な話題にしました。


一時間くらい、と、夜勤の職員さんから指示があったので、ぐるっと歩いて、ジュースと軽いおやつ、と言う事にしました。

今はそんなに食べる方じゃないらしいですが、立派な肥満です。

で、食べたいだろうから、軽くおやつ、と言う指示になったみたい。


スーパーで、小さいフードコートのあるところを目的地にしました。自閉症っぽいので、次はここをこっちに行きますよ、みたいに、説明しながらね。

スーパーに着いて、あ!又やった!と後悔したのは、私です。


フードコート、飲み物沢山あるんですが、写真付きメニューがある、目立つのが、ソフトクリームがのっかったフロートだけ。

あとはドリンクバーなのですが、非常に判りにくい作りになってます。

おやつにするには、向かない、食事が多い。クレープ屋と、パン屋はあります。

クレープ、カロリーがね。パンも、あげパンとか、ツイストドーナツとか、見れば、甘くて、大きいのを食べたいでしょう。


つまり、ちとそこは、テクニックが必要な場合がある訳です。


速攻で、ジュースを買いましょう、あと、パン一個!と伝えて、ペットボトルのコーナーへ。その方、自分の好きなのを選べます。いや、やってみたら、選べた。

レジに並んで、買って、お金は渡して、レジの方に、ご本人が渡しました。


それからフードコートに戻りましてね。

角がパン屋なんです。正面には、美味しそうなパンが、ずらり!
そっちを見ると、ツイストドーナツやら、あげパンやらになりそうなので。

角の反対側を見たら、小さい小さいテーブルロールが何種類か、三個100円で寂しく売られていました。

そっちで止まりまして、パン一個!買いましょう!とね。

手で掴んでしまいますから、お店のヒトに取って貰いましょう、と伝えて、店員さんには、一個でお願いしますと頼み。

40円でしたね。四の五の言わずに打ってくれました。座席は、本人さんが空いているところを選んでくれて、いただきます!で、おやつタイムです。

早い!早い!早い!

パンは一瞬でなくなる。
ジュースは、中身を逆さまにして捨てるスピードでなくなる。喉、開けっぱなしかい?と言う感じ。

自閉症や自閉傾向の方に、時々おられます。一気に飲み食いするヒト。


では、帰りましょうと言って、片付けて帰ります。


途中に、地面には踏切、上には、途中迄?工事してる高架、と言う踏切がありましてね。


ん?線路2つ?ここも線路?あれも線路?等と言ってみると、嬉しそうに笑います。

信号はある程度判る様子で、こちらの青がチカチカすれば、次は黄色になって、赤になる、反対側が今度は青、みたいな順番は、感性として判るみたい。興味もある様な感じ。

青だったんですが、変わっちゃうかも、と言うタイミングでね。
青だね、間に合うかな?ダメかな?青かな?赤かな?みたいな話をしながら、信号に着いた途端に、青が点滅。

あー!ダメだあ~!赤だあ~!

等と騒ぐと、やっぱり嬉しそうに笑う。

ついでに、一般の方が自転車でもう赤に近いのに、突っ込んで行きまして、ご婦人三人。

赤だね。おばさん、ダメだね。

等と言うても、笑います。

ふむ。

何がおかしいのかは、今一つ不明ですが、問い掛けに反応出来て、ご本人なりのおかしみみたいなのは、表現出来る。


初めてで、たった一時間の散歩ですから、何も判りませんが、夜勤の職員さんには、上記報告して、残りの一時間は、宿泊する建物で、みなさんで過ごしました。


早く四人で夜勤が出来る様になりたいのですが、いきなりは無理なんで、でも、練習しないと戻らないし、色々厄介です。


でも、戻れて良かったと思っています。やっぱり私は、この仕事が好きなんでしょうね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック