bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR




K3200006.JPG











写真は、殿様の「頭」なんですがね…

なんか生えていませんか?
先端が尖っていて、根元が太く、長さは2ミリか4ミリか、そんな感じ。

これ、なんでしょう?

みなさまが、利用者にこういうものが急に出来たら、放置しますか?

私はすぐ皮膚科に連れて行きますが、(近所のかかりつけ内科でも良いけど)今の世話人さん2人、そのまま、放置しているようで。

殿様、足のつめ、足の裏、足指の裏側が、変形、変色、二枚爪、浮いている、皮剥け等などいっぱいあったんです。今回夜勤したら。

???

普通、こういう事が、起こったら、原因を考えるでしょう?


靴がきついのではないか?とまず、考えませんか?

ホームから作業所までの通所は、送り迎えが玄関前まできます。靴も変えていません。と言う事は。

日中、作業所で履いている上履きの類が変更になって、それがきついのでは?とまず、考えませんかね。

勿論、治療は大切です。
皮下出血して、足の親指の爪が真っ赤だったそうです。それを切らずに伸ばして、やっと、先日、変色しているところを切ったばかり と世話人さんが説明してくれましたが…

なんで、皮下出血したか を考えないとね。
皮膚の弱いヒトではあります。
爪切り放置していて、靴下か何かに(本人が履いている)に本人が、引っかけたんじゃないかな。
で、本人は意識ないから、がーっと出血。

その時点で、靴が話題にならんのが、ちとびっくり。

世話人さん2人、一生懸命仕事していますが、見る場所が違わないかね。

で、頭、ですが。

これ、脂肪の塊 で片付けられているようなんだけど…

脂肪の塊は、こういう形になりません。
いわゆる異形成が起こっている時って、何か必ず原因がある。
本人は訴えられない。

いじるヒトは、(殿様はいじりません)いじり倒して、触らなければ3日で治るものを、半年経っても、一年経っても、治らない、どんどん傷口が広がっていく みたいな事になりがちです。コーヒーさんと、ワンピースさんは、いじり倒すタイプです。

殿様は、逆にいじらないし、訴えないし、こちらが良く観察して、処置を医師に依頼しないとダメです。



耳にアレルギー性の湿疹が持病であります。
通院と処置、毎日の塗り薬が欠かせないんですが、今、放置してあって、みあねた作業所が、時々耳掃除を、看護師さんが来た時にやってくれています。(一応、作業所では、公には耳掃除はグレーだから。前みたいに、医療行為とかは言わなくなりしたが。)恥ずかしい事です。ホームで、やるべきことなのだから。
まず、通院の復活、毎日のケア、医師による処置を元に戻さないと。

足全体も凄いことになってますから、医者に行って、それから原因を探して、原因を解決しないと、同じことが起こります。

頭にキノコを生やしていて、「脂肪の塊」とか言ってるようじゃ、世話人勤まらないです。
よしんば、100歩譲って、脂肪の塊だとしましょう。それでも、その部分が良く洗っていないとか、どこか(枕とか多いですね。寝てる間に圧迫される)に長時間当っていないか なんかを検証する必要はあるんじゃないかしら?

で、除去できるものなら、医師に除去して貰うか、世話人さんが、技術があるなら、sっと除去してあげてもいいです。

これは、脂肪の塊ではなく、除去=切ったりすると、多分、かなり出血します。脂肪の塊は、除去しても出血はしない。



私は非常勤の一番下のぺーぺーですが、それは病の為に格下げにされてしまったのであって、悪いですけど、今の世話人2人より、経験も技術もあります。判断も出来ます。

白癬菌か、ウイルス性?と思うのですが、(菌糸tか言いますね)それだったら、感染しますから、自分の中で、白癬菌の感染個所が増えていくわけでしょ?
殿様はいじり倒す事はしないけど、意図せず触る事はあるわけで、自己増殖されたんではかなわない。

他の利用者さん全員に言えそうですが、少なくとも、私がいる間は、こんな「いかにもケアから放置された知的障害者」みたいなことが蔓延してはいなかった。

登録ヘルパーさんに頼んでも、通院はさせました。

困ったなぁ…


出来の悪かった若い相棒は、私が倒れた為に、ホーム長に出世して、権限も役職手当も付くようになったそうな。

私が給与は少なくて良いから、短時間常勤にしてほしいと交渉したには、理由があります。

責任取れる、権限がなくなっていまうのが、とても困るから。



ちょっとだけ自慢をして、終わります。


利用者の部屋を夜勤の時に、ちと調べて歩いたところ。???な現象が起こっています。

自宅のお母さんに電話しました。
「最近、と言うか、私が療養させて貰ってから、○○さん、こういう事がなされていなくて、お困りではありませんか?」
お母さんいわく「そうなんですよ。この1年間、こういう事で、ちょっと本人の部屋を0確かめに行こうかと思っていたんです。」

自宅へ週末(月一回だけなんですが。)持たせるべきものを、持たせていないので、ホームに溜まっていて、自宅に戻っていないんです。
それは、通所先で使うものなので、自宅に戻らないと困る。ホームに溜まっていると、自宅の在庫が減るでしょう?

その方の部屋をもう一度調べて、「これがいくつ、溜まっています。あれはいくつです。その代わり、それがいくつしかなくて、足りないはずです。」と報告して、「ああ、やっぱり、それなら、我が家にこれとあれが無いのが辻褄合います。何日に回収にホームに行きます。」とお返事。


こういう細かい事は、年配じゃないと出来ないのかも知れません。
余り目立って世話人さんの顔をつぶすわけにもいきませんが、世話人が一年も気づかないとか、何が出来ても通院もしないとか、やっぱり困りますよね。

殿様には本人の変化を判断してくれる家族はいません。ホームが終の棲家です。
世話人が判断しないで、誰が、彼の健康を守るの?

ついでに面白い現象も発見。

ホームに出勤したら、足場が組んであります。
外壁の塗り替えをする様子です。
ホームに入ると、「いつから外壁の塗装が入るので、いつから足場が組まれます。いつまで塗装が入るので、よろしく」みたいな張り紙と、不動産屋さんの担当さん?の名刺が掲示してありました。

ああ、外壁塗るんだ と思った私。

で、翌朝、昨日の朝、工事の方が、外付けのコンセントを使ったら。ホームの内部の床暖房のプラグが浮いてしまって、毎日リセット作業が必要な様子。

それは面倒なんで、事務所に問い合わせをしました。理事長さんに。
『こういう事で、外付けのコンセントを業者は使いたい。そこを使うと、毎日世話人さんが、リセット作業で大変なので、他に外付けのコンセントありませんか?2階のベランダのは、あれは、エアコンにつながっているコンセントでしたっけ?』と質問したの。

面白い事が判明。

①ホーム長から、理事長に、外壁の塗装工事が打ち合わせに来た、実施はいつから、と私が決めました みたいな報告が上がってない=ホーム長が勝手に不動産屋と交渉した。→事務所を通して と勘違いしたんでしょう。事務所抜きで、勝手に不動産屋と交渉して、代金は事務所に請求して とかやった訳じゃないと思う。うっかり ですな。いわゆる「ほう、れん、そう」の習慣が全くないの。ホーム長。

②実は、法人から、不動産屋を通じて、数年前から、「屋根の塗装をしてほしい。屋根の塗装が寿命で、雨漏りとか、室内の温度が逃げるとか、こもるとか、瑛居が出そうなぎりぎり」と大家さんに交渉していたのは、私も知ってます。1年前から休職してたけど、知ってます。

が、そのハナシとは別 と思ったのは、屋根を塗る様子の足場じゃなくて、外壁を塗る足場なのは、私にも何となくわかった。業者さん(塗装やさん)は「外壁を塗る」と言っている。ここがホームなのを知らない。昼間もヒトがいる(私が住んでる?)と思ってる。

ちと怪しいんで、理事長あてに連絡したら、上記の様な訳だったと。

「屋根は塗るって聞いてる?」

「いや、そこまでは私には判りません。昨夜泊っただけなので。しかし、しばらく前からホーム内部に張り紙などあって、塗装工事がある とは判りました。当然、理事長からの指示だと思っていました。」

「初耳だ。じゃあ、屋根塗装の筈が、外壁になって、屋根も塗るかどうか は知らないんだね?」

「はい、知りません。」

「判った。ありがとう。」

で電話は終わりましたけど、ホーム長、知らなかったじゃ済まないから。
「ほう、れん、そう」して頂戴ね。


写真は、殿様の「何かが生えている頭」です。
宇宙人じゃないんだから、耳とか、つのとか、頭から、生やさないように!
実は、右のまぶたの上にも、「なんかが生えて」ました。

何?

もう!


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック