bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



無駄話~方言
来週から、大名出勤なんで、バタバタです。

イロイロネタはあるんですが、関係ないネタにしましょう。



方言のお話

これがどこの方言か、ご存じの方は、ご近所の方かな?

今の住まいあたりでは、使いません。少し西にずれて、ある川を渡ると、出現します。


コア?レア?とか言う方言かなあ。本来の普及地域は知りません。我が家のあたりでは聞かないんです。家内にも通じなかった。家内は伊勢です。東北の知人にも通じない。




寒いですね。しばれる、とは言いませんよ。
寒いと鍋の出番ですかな。
鍋限定ではないのですが、『にくたらかす』は、分かりますか?おみおつけにも使います。御御御汁、と書いて、おみおつけ、これはどこでも使うよね。女房言葉ですが。お手洗いも女房言葉ですね。

にくたらかす、は、誉め言葉ではないのです。ダメ出しする時に使います。

憎たらかす、ではありません。煮くたらかす、です。動詞ですよ。

簡単に言うと、うっかり煮過ぎてしまって、柔らかくなり過ぎたり、煮詰まったりした状態に、してしまった事を言います。


鍋、翌日、朝に雑炊になって出てきたりしますな。憎まれ口を利く時は(良くないね)、『昨日の鍋の、にくたらかしか?』と言ったり。

おみおつけは、最近は味噌汁と言いますな。どーも野蛮な気がしてイヤだけど。
味噌汁を失敗して、味噌を入れてから沸騰させてしまい、更にそれに気付かず、煮詰まった場合。

『あーあ。にくたらかしちゃったよ』等と言います。
煮すぎて、美味しくない状態にしてしまった事を示す動詞です。



別のヤツ

ぶつける
ぶつかる
ぶつけられる

と言いますね。


上から。

ぶっつかる
ぶっつける又は、ぶっつく最後のは
(相手が)ぶっついてきた又はぶっついた

等と言います。

子供があざを作ってきたとしますか。

『ぶっついたのか?ぶっつかったのか?ぶっつかれたのか?』

訳解らんですが。

ぶっついた、も、ぶっつかった、も、ぶつけた責任者は、あざ作った本人です。本人が何かに自分でぶつかったの。

強いて言えば、ぶっついた、の方が軽い感じかな?ちょっとぶつかった、みたいな。

ぶっつかった、は、がっつりしっかり本人が勝手にぶつかって、結構怪我してたり、泣いてたりして、『お前はバカか?自分で勝手にぶつかった訳だろう?』みたいな感じでしょうか。

自分がうっかり何かにぶつかった時も、同じ様に使います。


他人にぶつけられた時は、『相手が、ぶっついてきて』『相手が、ぶっつかってきて』『相手が私にぶっついて』 等と使うかなあ?

自分がぶつかったのか、相手にぶつけられたのか、我々は、言葉の機微で、どちらに責任がある、と、話してるヒトが言いたいのか、見当付きますが、解りにくいですよね。


普段、職場のホームで、誰かがどこかに、昨日迄、さっき迄、見た事のない、傷やらあざやら発見すると。
『何々さん、どっかぶっついた?』なんて、私は良く聞きますね。明確な答えは出ないので、前後の行動等で、推測するしかないですけど。


『くれてみ』と言うのも、良くきょとんとされます。大体の意味としては『貸してみ』と同じ。
『貸してみ』と唯一違う点は、相手に所有権のあるものを『少し私に与えて下さい』の意味がある事です。
他人が食べているものを味見したいとか、そんなのかな。

くれる、は、あなたが私にくれる、と言う意味で、一応、謙譲語。謙譲語の割には、子供がおやつを食べていると、ふらりとお兄ちゃんやら、お姉ちゃんやらが来て、自分の分は食べた癖に、『ちっとべー(少しばかりの意味)くれてみ』と言われ、渡すとまあ、半分は喰われますね。

そうじゃない時もたまにはある。
何かをしていて、うまく行かない子供がいて。
おばあちゃんが助け船、なんて時、『どれ、ばーちゃんにくれてみ』と言ってくれると、何とかしてくれたりします。

家内がどーしても、理解が難しいらしいのは、独特の形容詞が多いです。

勿論、周りにその方言が使えるヒトが、ほとんど居ないですから、私も忘れかけていますけど。



一番通じなかった=今も実は通じてないらしいのは。
形容詞『しんぎりしんぎり』全然見当付かないみたい。

比較的近いのは、濡れ煎餅とか、焼きざましの餅とか、少し歯応えのある団子とかの、食感の事。

これには良い印象も悪い印象もない、純粋な形容詞。『しぎしぎ』と言う形容詞を使う地域もあるそうな。



風呂の湯は、今は、入れる、沸かすでしょうが、これは方言でも何でもなく、風呂は『たてる』もんですよね?

雨戸も、閉めるもんじゃない。たてるもんです。

我が家マンションには、雨戸自体がありませんが。


とある電車に都会で乗って、私の出身地近く迄、その電車で行くヒト、都会で電車に乗ってすぐ大抵分かります。

特に年輩の方。男性が多いかなあ?あとは何故か、大工さんとか、道路工事の安全員?のヒトとか、所謂現場の職人さん。


普段は標準語で話しますし、地元の方言、完全には喋れないけど、聞く方はほぼ完全に解ります。


大切にしたいですが。

今の住まいのあるところは、地図の上では、本当にすぐ隣なんですけど、言葉が違います。


語り辺さんが残す様な凄い文化じゃないしなあ。


国の重要無形文化財、はあるの。多分、全国でここだけ。


なので、書くと出身地が解りますから、それはナイショ。こちらは家内も何となく知ってました。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック