bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



笑えないお話 骨密度検査
昨日、駆け込みで、ちょっと骨密度を量りに行った。
予約制。 婦人科系統の骨粗鬆症外来です。
このあたりでは、レントゲンじゃなくて、超音波の専門の機材でやってくれるところは、そこしかない。

本当は、値が安定しているので、(何故か落ちない。骨密度。同年代の平均か、それ以上いつもある。)2年置きで良いでしょう になったんだが。

体壊したし、動いてないし、11月から仕事だし。
当分量りに行くわけにいかないわ と思ったので、予約。
行って。
検査室。

医師の方が、体の向きを直した。

「痛い!(心の声)」


ひー。骨密度量りに行って、医師に、ぷちぎっくり腰にされました。

しかも、そこは、整形外科の延長の骨粗鬆症外来ではなくて、婦人科の延長の骨粗鬆症外来。医師には、ぎっくり腰風の事を、治す技術はないし、そこ、えらい遠いんです。

電車で行くと、5回乗り換え。私鉄、JR色々取り交ぜて、2駅乗っては乗り換え、1駅乗っては、乗り換えで、ぐるっと外回りの連絡通路を使わされ、私鉄からJRへ などなど、とにかく徹底的に面倒くさい場所にあるのです。

とはいえ、このあたりで超音波の専門的な機械の導入があるのは、あとにも先にもそこだけなので、骨密度が、一般の方よりも、劇的に下がっていく可能性の高すぎる私は、男性でも、定期的にはやはり行かないとね…

本日は法人の健康診断で、病院へ(寒い) 行きました。
11月~復帰で、なんで医師が、ぎっくり腰、製造するかな!!!
しかも、婦人科系統の医師だし、言うても湿布でも出るだけでしょう?


行きは駅から歩いたんですが、(隣の駅から歩いて10分位のところです。)帰りは痛いし、きついし、で、仕方なく、タクシー呼んで、福祉タクシー券(と言うのが、身体障害者には支給されるのです。)で、タダで、自分の駅前迄帰ってきました。


明日は整形外科のリハビリと、勤務先との交渉があるので、整形外科の理学療法士さんに、何とかして貰います。


ああ。もう!!! .
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック