bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



家内とヘルパーさん
私の周りが騒がしいのですが、頻度はともかく、とにかく私は、来月1日~は仕事です。

体調を見ながら、と言うのが、どーも職場の上司にうまく伝わりません。

こういう事なのです、と、もう一度メールで連絡しましたが、なるほど、そうか、と思うか、やかましい、何なら1ヶ月先迄、絶対に責任持って一人で出来ると、今の時点で確約出来るのか、はっきりしろ、と思うかは、分かりませんが、常識的には前者を希望しますよね。

1ヶ月先の体調なんか、分かりません。



ところで。

家内に自立支援、精神で、専門のヘルパーさんが入る様になってざっと2ヶ月半。

7月から支給決定は出ていましたが、生憎私は7月1日に心臓切ってますから、何も出来ません。何とかの瀬戸際状態でしたし。

家内が一人で、各関係機関と連絡を取って、地域生活支援センター、ヘルパー事業所を決め、各々と必要な契約を済ませ、ヘルパーさん入れる算段が、自分で出来たら、重度の精神障害者じゃないです。

なので、私が退院して、少し何とかなり、各方面算段つけて、必要な契約を本人がいる所で、確認しながら済ませ、実際にヘルパーさんが入ったのは8月~。

行政は杓子定規ですから、当然の様に、10月~は週に一回90分のみ、に当たり前にサービス切って来ます。

私が心臓を切る程の?瀬戸際、身体障害者一種一級になる、とわかって、半年交渉しても入らなかったヘルパーがやっと入ったのに。
障害程度区分も、大抵は1しか取れないのに、(精神障害者への行政の姿勢の明らかな差別があります)2を必死で取って、週に二回、一回90分×2を取ったのに。

取ったと言うより、ぶんどった、と言う方が近いかな。

で、当たり前に10月~は、週に一回の常識通りに戻しますから、とか、涼しい顔で言われて、障害者福祉課に通う事、数回。

本人に会いに来る様にやっと段取り、週に二回はどうしても必要、と、夫婦揃って申し出ました。

埒が開かないかな?と思ったその時、障害者福祉課さんが、週に二回、一回60分なら、継続して、3月末の見直し迄出して、その後も継続出来るかな、みたいな事をつぶやいた。

週に一回90分と、週に二回、一回60分では、週に二回、一回60分の方が、30分お得です。

家内は非課税で、住民票上は、私が世帯主、家内が同居人、ですが、税法上は別世帯です。

ややこしいですが、ややこしいなりの、訳と事情がありまして、こうなっています。

なので、自立支援法で使う、ヘルパーさんの自己負担一割はないんです。自己負担ゼロです。

だから、自立支援法に基づくヘルパー派遣を限界迄沢山使いたい訳ですね。

私も充分な給与を得られる程は働けません。身体障害者一種一級ですから、最重度、障害年金も申請してますが、出るのは来年の春、出ない可能性もゼロじゃない。


と言う訳で、とにかく週に120分は、もぎ取ったので。
(やーねー。プロが家族にいると。役所の都合を聞いてくれない。わざわざ黙っているのに、自分で法律知っていて、断れない権利主張をしてくる。)

週に60分、つまり一時間自費で足せば、今まで通りになります。


そこで、手を打ちました。ヘルパー事業所さんは、一回90分、週に二回で10月以降も用意してくれています。


で、段々家内も、使い方?が分かると言うか、出来る様になってきました。
まだまだですが。

私がそろそろ復帰と切羽詰まって~家内が~きて、ヘルパーさんに頼む事が何もない、必要ない、ヘルパーさんが来る迄に、何か頼まねばならないから、物凄く大変、とか、泣き出して、大喧嘩になった事もありました。


本来は、本人とヘルパーさんで、話をして、ヘルパーさんが本人の気付きを上手に促すのが良いのです。本人は気付かないだけで、必要な事、将来は自分一人で算段から、作業迄、全部出来る様になったら、ヘルパーさんを卒業出来ます。


これがヘルパーさんの力量によるんだな。

仕方無いので、不本意ながら、基本的なヘルパーさんの使い方を教えました。

本人がヘルパーさんを使う中で、気付いて欲しかったし、ヘルパーさんにも、力量があると思っていましたが、実際はむらがありますね。

で、簡単に大きな枠の予定、月の予定、週の予定、みたいな考え方も教えて。

やっと、よちよちながら、少しだけ使える様になりました。自分の必要な事に。

今は、衣替えと、大規模片付けをやってます。大掃除のギリギリ一歩手前くらいで。

私が仕事に復帰したら、例え、リハビリ出勤の状態でも、家事雑用をする余裕はありません。

家内がヘルパーさんをうまく使いながら、最低限の事で良いので、何とかしてくれないと、私が倒れます。
二度倒れるのは、バカ、と言います。仕事を失ってしまいますし。

二人して障害者、しかも種類が違う、価値観、常識が正反対、の夫婦なので。

何とかなるか、どうか?

やってみましょう。やってみないと、分からないですしね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック