bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



内科
来月から一応復帰するので、様々な憶測、勘違い、が交錯しています。家内も何か考えるらしく、不穏、不調、不安定です。


職場から、何を何時間なら、責任を持って大丈夫なのか、リストを出せ、とか言われましてね。


そんなもん、やってみなけりゃ分からない。今回ダメでも、次回は平気かも知れない。ごく短時間でも、ダメな時はダメだろうし、当日現場に出てみないと、責任なんか持てません。


あちこちの医師、私をサポートしてくれる主治医の方々は、それはやってみないと分からない、絶対はない、その日により、大変な事が出来る時もあれば、小さな事でもダメな時もあろう。そうして、少しずつ馴れていき、ある程度迄は、訓練で戻る筈。

無理無茶はダメ。

生身の大動脈弁ではないから、一生リスクはある。

こういう普通の事をわかってくれますが。


職場は少し?大分?視点の角度が違い、少ししか働けないなら、アルバイトのヘルパーにするから、絶対大丈夫な確約出来る事を、今、表明し、確約したなら、必ず責任を持って、一人でこなせ、と言っている訳ですな。

気持ちは分かりますが、確約なんか出来ません。


が、確約なんか出来ません、と言うと、じゃあ、仕事は辞めて、生活保護と年金で暮らしたらどうか?みたいな、極端な話に飛ぶし。
うちの理事長、心臓病を患っています。やはり弁が良くないらしいですが、薬で引き延ばしています。

それでも、雇用側は分からんもんですかねぇ。



先週は心臓の偽発作を起こしました。


今週は頭痛です。
私は普段疲れても、ストレスが溜まっても頭痛はしません。


家内の様子も充分おかしいですし、どんな復帰にされるのか、体調には波がある事が分からない人達が作るシフトで何とかなるのか、さっぱり見当がつきません。


で、先週は偽発作でしたが、今週は趣向を変えて、頭痛らしいです。


消炎鎮痛剤は、どれもみんな出血傾向があります。
消炎鎮痛剤じゃなくても、薬には、出血作用があるものは大変多い。


はあ。困ります。

責任持って絶対大丈夫と今から確約出来る事、なんて言われてもねぇ。

様子見ながら、疲れて堪らない時は、シフトが入っていても休める、そのぶん、入っていない時に、元気があったら、臨時で加わる、しかも、当日、くらいの感じで、しばらくやってくれないと、重圧でおかしくなりそうな。


で、内科に相談して、一番ましな消炎鎮痛剤と、本来精神科で貰う睡眠薬が足りないので、それと、各頓服で10回ずつ出して貰いました。


就業規則に、私が身体障害者になる、どうも精神科にも通院している、と判断した途端、精神障害、身体障害で業務に耐えられないものは、解雇する、と、条文が増えたし。

いつでも私を解雇出来る様に、準備万端?
良い気分にはなれませんね。私が障害者になる、と、わかった途端の理事会の日付になってるんだもん。


昨日家内と外出したので、本日は二人ともボロボロです。帰宅したら、夕飯の支度をして、あとは寝ていましょう。



誰でも病気はします。病気したから、面倒だから、解雇する準備をしておこう、と言うのは、実に不愉快ですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック