bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



B型肝炎抗体
10年程前に勤務していた施設に、B型肝炎を既に発症している利用者さんが二人いました。

私の所属部署で、そこは、行動障害が激しい方をまとめて入所させている部署。他の部署は、てんかん発作が著しい方を、まとめて入所させておく部署でした。
旧措置で出来た施設で、今もそのままの運営をしているなら、時代遅れですね。
何しろ、旧入所更正施設なのに、グループホームなどに、ステップアップして、退所した方が8年間の運営中、ゼロと言う所でしたから。

社会参加、地域生活、等は念頭にないんでしょう。一生入れておくつもり、家族も面倒を見るのは面倒。どこかに預けて勝手にやってくれれば良い、と言う感じなんでしょうかね。

結果、誰一人退所出来ない。あ。ステップアップじゃなくて、高齢になり、病気も沢山出て、高齢者病院とか、老人ホームとかに、施設の勝手な都合で、追い出された方はありますが。

で。

私の部署に、B型肝炎のキャリア?と言う状態ではなくて、発症している、と言う方が二人いたのです。

当時の上司がそっと教えてくれた事によれば、施設側の管理が悪くて、どういう原因か、ルートかは知りませんが、感染、その後定期的な受診やら、服薬やら、をさせず放置した為に発症、と言う事でした。

真偽は分かりませんが。

確かに肝炎の薬は飲んでいなかったし、病院にも通院していなかったですね。

行動障害激しい方達の部署です。他の利用者さんで、噛みつく、ひっかく、暴れる、等の行動を取る方があります。

じゃ、更正するのが役割の筈ですが、見張るだけ。暴れたら、押さえつける。

感染者の方の一人は、何故か噛みつく方々が、噛みつきたい何か、があったのか、いつも噛み付かれていました。

施設の運営方針に疑問を持ちましたし、様々な事情で、私はアルバイトでした。職員には絶対なれない事情がありました。

で、退職した訳ですが。

しょっちゅう噛み付き事件、ひっかき事件、暴れる、喧嘩が起こるのに、感染者の方々も、しょっちゅう噛み付かれるのに、働いている我々に、B型肝炎の予防注射の補助が出ないんですよ。

で、職員さんにも、接種している方はゼロでした。手袋するくらい。

冗談じゃありませんから、自分でお金出して、接種したんです。最初は三回接種して、抗体がついたか検査します。約1年かかった?半年?

半年かな?最初に接種して、次が1ヶ月後、次が半年後だった気がします。

接種三回とその後の抗体がついたか、の検査で、合計35000円程かかります。保険効きません。注射一本が8000円の消費税、検査が7000円の消費税だった様な。

それから10年。

ずっと気になっていました。10年は持たないだろう、と。

私は障害者支援が仕事ですから、特に知的障害者が専門ですので。

利用者の方々は、昼間は大抵どこかの施設に通っています。在宅の方で、ご家族がどうしても、ご本人を病院に連れて行けない、と言う事もあります。

私達の様なプロを使って下さると良いのですが、利用なさらないご家庭も勿論あります。

どなたがどんな病をお持ちか分かりません。

びっくりする様な大きな病があっても、気付かないと言う事もあります。

ご本人は自覚出来ませんし、訴えられないし。

一般の方にも沢山おられますが、所謂水虫。あれ、知的障害者の方には、非常に多いです。

治せるのですが、みんなが持っている為に、例えばグループホームで、何年もかけて、通院、服薬、清潔を続け、やっと治した!と思ったら、何かの拍子に、昼間の施設で貰ってきて、運悪く又感染、と言う事は、しょっちゅうです。

私、ホームの仕事を4年と少しして、自分が倒れて、今は休職中ですが、4年間は、他にも沢山仕事はあるし、したけれど、利用者の水虫との闘いでした。

どういう訳か、訳の分からない所に発症するんですなあ。

首とか。
足の太股とか。
肩とか。
腋とか。
これは想像つきますが、陰部とか。

足の指、足裏に出た人は寧ろ少ないくらい。

足指に子供の頃から20歳過ぎる迄、ずっと感染しっぱなしだった、若い方は、良く家族に聞いてみると、医者に連れて行こうとすると、暴れる、興奮する、医院の入り口で絶叫する、診察室に入っても、聴診器を当てる、患部を見るだけで、大暴れ、と言う事で、医者に連れて行けない、との事。

ご家族が市販の薬をあれこれつけてみていたそうですが、まあ、無理ですね。

で、ホームから通院させて、私のいた頃迄には、ほぼ完治させたかな?

ところが。
本人さんは、水虫をむしるのが、大いに楽しみだったんですね~。もしかしたら、感覚鈍いのかも。不満そうでした。むしりたいのに、皮膚が綺麗になってしまって、むしれない。

ま。そんなもんです。

水虫ひとつで、この騒ぎですから、B型肝炎なんか、誰が持っているか分かりません。予防注射があるんですから、抗体つけた方が絶対良い。職業倫理です。

先日、かかりつけの内科で血液検査した時に、言うのを忘れたのですが、数日して思いだし、言いに行ったら、1週間くらいは、検査会社は検体残してあるそうで。

問い合わせて貰ったら、ちゃんと残っていました。追加で、抗原、抗体両方調べて貰いました。

はい。予想は的中。
もう抗体ありません。
来週、ワクチン取り寄せて貰います。普通5年くらいらしいですよ。

最初に三回接種してるので、切れたら一回で済みます。又8000円の消費税です。


でもね。

10年前のあの施設で、ある時、一斉に健康診断で、血液取ったついでに?B型肝炎の抗原、抗体を利用者全員調べたんですって。

私のいた部署の、噛みつく、ひっかく、の類いの加害者になる方々、全員、抗体があったそうです。

つまり、発症はしなかったし、所謂キャリアにもならなかったけど、感染して発症してる方に噛み付き、ひっかき、してるうちに、ぷち感染して、運良く抗体だけがついた、と言う事ですね。

怖い、怖い、怖い!

退職して良かったです。本当に。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック