bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お出掛け中
当地方、本日は1日雨の様子です。傘と長袖です。

お昼前に、整形のリハビリがありまして、それから床屋さんに行きました。

これから帰り道で、途中で昼食を食べて帰ろうかな、と言うところで、バスの中です。

バスと電車、一般的には電車の方が早いですね。信号ない訳じゃないけど、電車は余り信号では停まりません。渋滞もありません。

なのですが。

私の住まいは、私鉄の駅の真ん前です。この駅は本線の駅なのですが。

我が家からどこかへ出掛けようとすると、本線のその駅から、何回も乗換えしないと行けません。他の路線との連絡が悪いのと、枝線が入り組んでいる場所でして、幾つもの、その私鉄の枝線が複雑に絡み合っています。

その為、道路も踏切だらけで、どこに行くにも、踏切沢山抜けないと行けないのです。

一つ乗って、階段を登り降りして、隣のホームに移動し、待ち時間があって、乗換える。数回やらないと、他の路線の本線に出られません。

しかも、我が家の前の駅は、その私鉄の本線ですが、本線の都会側の終点は、中途半端な場所にあり、その私鉄専用の終点です。

基幹になる、大きな駅に行くには、私鉄の終点から歩くか、一つ手前の駅で、別の路線に乗換えて、基幹の大きな駅に行くしかないんです。

歩くにはちと面倒な距離。乗換えると、他の路線の運賃が別にかかります。

意外に不便?なところかも。


身体障害者手帳があっても、一人で乗る時は、電車は割引になりません。50キロ、100キロ単位で一人で乗れば、割引効きますが。

介護人と二人で乗れば、隣の駅でも半額ですが、介護人=ヘルパーさんを一々頼む状態では、私はないので。

私が家内を介護しながら、一緒に電車に乗る時、くらいですかな。介護人は家内じゃなくて、私ですが。

家内は精神障害者手帳なので、介護人無しでは、電車に乗れない事が多いですが、電車の割引は全くありませんので、形上は、家内が私の介護人と言う、訳の分からん事が起こります。



で。

どこへ行くにも、乗換え、乗換えですから、電車が一概に絶対早い、と言う訳でもない様な。

バスは、家内も私も一人でも、障害者手帳を示せば半額です。うまくすると、乗換え、乗換えの電車より、一本で行けて、早くて、しかも割引があるので、断然安い、と言う場所が結構ある事に気付きました。


最近、良くバスに乗ってます。バスは時間が読めない場合もありますから、お年寄り、が断然多いです。シルバーパスもありまして、ある年齢から上の方は、手続きと年間料金を支払う事は必要ですが、電車の階段の登り降り等しなくて良いので、バスを愛用されるのかな?

で、時間帯を選べば、大抵座れます。電車で体キツい時って、見た目じゃ分かりませんから、下手に座れませんが、バスだとそういう事は少ないです。

今、乗っているバスは、床屋さんのある駅前から、私鉄の隣駅行きです。

障害者割引は、半額で子供料金ですから。

隣駅の側で、遅い昼食を食べて、隣駅から、我が家の前の駅迄もバスはありますが、一駅なら、電車の方が便利で早いですので、隣駅からは、電車で帰ります。

相変わらず、家内は、カバーをかけて隠した障害者手帳の内側を見せて、小声で、すみません、お願いします、と、やってます。

私はカバー等はかけていません。そもそもカバーはあるんです。カバーには、障害者手帳、と印字してあるのがイヤなのかな?

精神保健福祉手帳、要するに、精神障害者手帳には、差別を避ける為、とて、障害者手帳としか印字されていません。

知的障害者手帳は地方によって様々ですが、療育手帳、が多いかな?

身体障害者手帳は、そのまま、身体障害者手帳です。

家内は障害者手帳と印字されたカバーの上に、更にカバーをかけている訳です。
こんなものは好きで良いと思うので、家内は家内の思う様に使えば良いと考えています。

私は、そのまま使います。バスの割引して貰うには、運転手さんに、子供設定して貰う必要がありますので、手帳を見せて、障害、割引、とだけ言って、機械の操作をしてくれてから、磁気カードをタッチして降ります。

すみません、申し訳ありません、ごめんなさい、と思う家内の心情は全然分かりません。

が。確かに、精神障害者には法的にも、運用慣習上にも、公的に明らかな差別があるのは事実なので、やむ無いかな、とも思いますよ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック