bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



意外に難しい
7月1日に、人工弁を入れた訳ですが。

心臓と歯は直結なので、手術中にバイ菌が歯から回ったら、アウトな訳であります。

ですから、心臓手術の前は必ず歯科に行かされます。酷い虫歯等あれば、手術を延期しても、歯科の治療が先です。

私も手術の前に、歯科に行く様に外科の医師から指導を受け、近所の歯医者さんに行きました。

心臓と歯が直結なのは、心臓病患者なら、常識として知っています。私も子供の頃、病がわかった時に、印刷したプリントを貰いました。

当時は40年近く前ですから、今ほど抗生物質も発達してなかったのでしょう。名前は忘れましたが、薬の名前、量、等が歯科医師宛に細かく書いてあったのを、覚えています。平成になっても、しばらく手元に置いてました。

抗生物質全盛期が終わり、今は日本の病院は清潔ですから、無駄な抗生物質は使わない方向に向いていますね。

手術後も、どんな手術でも、なるべく早い段階から、リハビリ運動を始める様になっています。

私の心臓ですがね。外から見て、自分では分からないです。どんな状態なんだか。

すっかり落ち着いた様に感じていて、折角行き始めた歯医者さん、継続して、ちゃんと治療をしよう!と手術前から考えていて、半月くらい前ですかな、歯医者さんに問い合わせをしてみました。

ワーファリンを飲む様になったので、どうしたら治療を再開出来ますか?と。

歯科医師は比較的歯からの感染症に意識のある方で、手術前は、溜まった歯石をガリガリと取ってくれて、手術が終わったら、深いところの歯石を取って、最後に小さい虫歯が3つあるので、それも治しますか?

てな塩梅でしたのでね。

金曜日に主治医に聞き忘れたので、入院中、良くお世話になった先生宛に、問い合わせの電話をしてみました。

なるほど。

私は体がまあまあ動く様な感じになってきたので、体力的にもう少しリハビリ運動等して、疲れやすいのを解消すれば、心臓の中身は、ホネがまだつかないだけで、もう平気、ただ、今までの勤務が、とにかくキツ過ぎたので、その分、少しは長く療養しちゃおう、と思ってました。

要するに、本人はサボり感覚です。

ところが。

どうもそうではない様なんです。

ワーファリンを一時中止するのは、1週間あれば良いが。

と、入院中お世話になった、私と同年輩くらいかな?小児心臓内科の先生が、説明してくれました。

お医者さんの感性では、まだ人工弁に置換したばかり、人工弁が入った事によって、心臓の内膜が新しく張ってきたり、つまり、心臓再形成している最中と言う事の様なんですね。

つまり、全然落ち着いてない。体の中は、正常な心臓の状態になろうと、やってる最中と言う事です。

そんな時に、緊急性がないならば、歯科治療はしばらく待った方が良い、との事。

なるほど、なるほど。

場所が心臓の中の部品ですからね。精神科医師も、阻害要因がある精神薬をのんでいますので。

ワーファリンを著しく阻害する可能性が高い、と言う精神薬を常用しています。量は、退院してから3錠→2錠に減らしていますが、今でも飲んでいます。

ワーファリンの方が大事だから、その薬は全面的に中止しても良い、と、循環器の先生に伝えて、と言われて、伝えたところ。

主治医はもう現場一筋、多分、論文くらいは結構書いてると思いますが、大ベテランですから、金曜日の色々なデータを見て、今のまま飲んでいて、と指導してくれました。

理論上は、3錠→2錠に減らしたのですから、阻害要因は減った筈ですが、私も病気のデパートですから、同じ事を考えましたけど。

理論上はそうでも、人間の体は、理論通り反応するとは、限らない。

理論上あり得ない事、心臓だけでなく、デパートの病気達のあちこちで、色々な事が起こった経験、沢山ありますし。良い事も起こりましたし、とんでもない事も起こりました。理由が不明なとんでもない病状が、いきなり勃発して、救急さんで、理由は分からないけれど、とにかく症状を止めましょう、と、ちと強い抗生物質なんか
で、無理矢理抑え込んで貰った事もあります。

人間の体は、摩訶不思議です。

そんなのを思い返すにつけ、ああ、確かに、今の心臓内部の状態で、無理に歯科治療をせんでも良いな、と思うに至りました。

仕事始めると、今度は暇がなくなりますから、出来るものは、出来る限り、休職中にどうにかしたいのは、本音ですね。

で。

法人には、復帰は11月(実際の基準は手術から3ヶ月ですから、10月からでも可能)、週に5日迄、週48時間が常勤の最低基準ですが、週40時間迄、夜勤二回、ガイドヘルプ一回は大丈夫。休日は連続しているのが望ましい、と、医師からのアドバイスがあった、と、繰り返し伝えて来ましたが。

半分、サボりかな?と感じたりもするのですが、人工弁はあくまで偽物、異物です。無理を重ねて行けば、生の自然な私の弁が、過剰労働になって、たった3年で、命の瀬戸際迄行ったのですから、これからはもう命懸けの働き方はしたくありませんし。

事実、何もない時は、無茶を一回くらいしても平気でしょう。

しょっちゅうやっていると、少しずつ、20年は何事なくもつ筈の人工弁を含んだ心臓全体が、何かおかしくなっていく訳ですし。

事実、現在、私の左心室の筋肉の状態は、通常より分厚いまま、肥大したまま、です。時間をかけて、正常に近い状態に戻って行きますが、術後半年経たないうちから、むちゃくちゃ過剰労働にされたら、戻るものも戻りません。

わかっているつもりでしたけど、すっかり落ち着いたつもりで、気楽にワーファリンちょっと中止して、歯医者さんに行って、11月の復帰迄に治そうと思った私は、ちと迂濶でしたな。

心臓病、無闇に怖がる事はありませんが、常に注意する事は、やっぱりありますね。更生医療だから、全く健康な状態になる、と、主張する一般の方、当事者の方もおられますが、私は違うと思っています。




うちの法人は、すっかり健康、元通りより健康、今までより更に無理な勤務でも平気。休んだ分、より仕事を増やして、借りを返して貰う、みたいな事、言い出さないと良いんですが。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック