bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



おかしな天気?
天気予報によりますと。

本日、当地方は、猛暑で大雨、?だそうです。

今は朝なのに、猛暑です。ギラギラと言う感じですね。

夕方、精神科の予約があるんですが、その頃、大雨でしょうか?

今年はお天気がおかしいですね。夜でも30度ありますし。雨が降っても気温は下がりません。私の部屋は構造上、室外機がつけられないんです。ダクト穴が用意されてない。

ちとね。大家さんが、そろそろ80歳は越えると思われるんですが、大家さんとは、どんな義務があって、店子から家賃が貰えるのか、の基本的な常識が全くない人でして。

近隣のきちんと管理されたマンションの相場の約半額の家賃です。

管理が出来ない為に、不動産屋さんには、いつも苦情が入るのですが、常識的な対応が全く出来ない為、相場の家賃では、誰も借り手がないので。

大家さんは、相場と同じに家賃を上げたいらしいですが、築20年で、最初につけた設備が、点検も修理もなく、そのまま。壊れてしまっても直さない、なので、不動産屋さんが、今以上に店子が入らなくなります!と、必死で止めてるらしいです。

今でも空き室が多いですよ。駅前3分くらいで、部屋は広いので、ちゃんとやれば、倍の家賃取れたでしょうなあ。

我が家は、駅前で、家内が5分歩く物件はイヤ。そんなに遠く迄歩けない!と頑張ったので。

この家賃は何かあるな、と思いつつ、承知で借りた様なもんですね。カネがそれほどかけられないから。

案の定、家内は精神障害者の、かなり思い患者になり、労働はダメ、障害年金2級ですし、私も過酷な労働環境で、身体障害者の一番重いのになりましたから、仕事と給与を減らして貰って、障害年金で補うしかなくなりましたので。

家賃が安くて助かったと言う感じでしょうか。

設備はガンガン壊れるので、又は、前の方の時に壊れて、非常識な大家さんですから、修理も新しく入れ換えもしないから、嫌気が差して、出てしまったか、みたいな感じでして。

家賃の更新の時に、更新料金払わないよ!と、脅かして、直す迄、更新料金払わないで頑張って、やっと更新毎にまともにさせています。

そんな安くて、建物はまあまあ程度なのに、管理がバカで、非常に住みにくいとこですから、夏、冬は困りますが。

この家賃で駅前、この広さは、バカ大家さんだからこそ、なんで、我慢して住んでます。80歳は越えてる大家さんですしねぇ。ご主人は、この春他界されたそうですよ。

変な天気が続く中、土曜日に友人と午後から野外イベントについ、行ってしまいました。仕事してる時は、いつも夜勤明けで、辛くて行けなかったのです。

切って1ヶ月半経ちましたし、少しなら運転も出来る様になったし、リハビリで歩く事にも、かなり馴れてきたので、大丈夫かな?と行ってみました。

参加するのも見物するのも自由なんで、勿論見物。

この日もおかしな天気で、曇りで全く陽射しがないのに、息が詰まる程蒸し暑い。汗はそれほどかかないのですが、衣服がぐちゃぐちゃになっていくので、実はかなりの汗もかいた筈。

着替えも持参して、帰る時に替えたのですが、替えた途端にビショビショでした。

体力消耗しちゃったみたいで、昨日は寝たきり。本日はDVDの返却期限なんで、車で返しに来ましたが、傷の切り始めの部分、つまり、喉のすぐ下ですね、が、イベントに行った日から、常時痛いですよ。

家内が傷を見て、かなり発赤して、ちょっと腫れてる感じ、と言います。動くと又、皮膚が引っ張られるので、又痛い。

車乗ると、シートベルトするでしょう?丁度当たって痛みます。

まあまだ切って1ヶ月半。とても本調子にはなりません。仕事の復帰は11月頃から!と、事務所には再三言ってあります。本当は10月から復帰しても良いらしいですが、肉体労働者ですし、今の事務所の勤務が過酷で、実は3年で、ごく軽症の先天性の心臓の不具合が、命の瀬戸際迄行きましたので、負荷は軽くして貰わないと、又倒れ
て、今度はしんじゃった、では困るので。

健康な人でも、異常気象は堪えます。病人、身体障害者等には、更に堪えます。私は更正医療で、ましにした訳ですが、治癒した訳ではありません。心臓に爆弾抱えたままの人生です。

折しも、一人、過酷な労働環境にやられて、倒れる前に、と、やっとの事で退職した常勤がいます。私より若い人。

一年に15人居ない職員が、一人は命の瀬戸際で心臓切って、ほとんど今年一年棒に振り、一人は、危険を感じて、必死の思いで退職し、では、事務所も少しは考える、かな?

仕事自体は気に入っています。退職する気はありません。が。3年で命の瀬戸際迄行く様な働き方は、もう出来ませんし、したくないですね。

負荷を減らす事に、話がまとまると良いのですが、分かりません。

みんな大変だけど、文句も言わずにやっている、手術が済んだのだから、健康、故に、以前と変わらぬ負担で、退職した人の分迄、働く様に、みたいな話になったり、最初は便宜的に少しだけ配慮しても、3ヶ月もしたら、元の木阿弥、では、かなり困りますので。

不況でも介護屋さんが人材不足なのは、とても良く分かります。賃金が安くて、過酷だから。何故かと言うと、自立支援法のせいなんです。

うちは、せめて給与は、と言う事で、色々な制度、補助金を駆使して、全て、職員に還元してくれます。介護屋としては、破格の待遇です。一般企業の水準には到底届きませんが、出来る限りの事をしてくれます。

かなり良心的だろうと思います。

地域でもかなり定着しているので、依頼は沢山来ます。

だから、労働は過酷です。
なので、登録ヘルパーさん、非常勤待遇で経験重ねて、一人前になった人は、過酷な労働を嫌って、別の普通の労働環境の法人さんで、常勤になります。

うちで何年、非常勤で、この仕事とあの仕事が出来ます、と言えば、法人の仕事の質が良い事は、地域に知られているので、まあまあ何とか、別の法人で常勤になれます。

良し悪しなんですよね。

自立支援法の見直しがそろそろの筈。介護保険法もそろそろ。

サービスの低下で、経費を節減しよう、と言う空気が上の方から現場に暗雲の様に漂っていて、今、福祉の世界は、利用者にかかる費用負担は大きく、サービスは悪い、又は、当然、サービスが使える方に、理由をつけてサービスを使わせない、と言うのが横行しています。

働く人も、利用する人も、みんなが困る暗黙の運用になっているようで。

勿論、法律そのものには、なるべくサービスを使わせない様に、こういう要件の人は、この理由をつけて、門前払いするように、とは書かれていません。

運用、慣習、前例、と言う、お化け、妖怪が、ばっこしてる訳です。

いい加減、エライお国の役人も、幾ら何でも露骨にやりすぎた、と気付いてきたみたいなので、数年うちには、少しましになるでしょう。

で、又、10年くらいすると、経費節減、で、お化けと妖怪が又出る。

しばらくすると、少しましになる、の繰り返しかな?

役所の書式が一定のスパンで、A4になったり、B4になったりして、その都度、変えなくちゃいけない、もっともらしい理屈がつくのと同じかな。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック