bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は実家のあった市にある病院に行きます。私は体質的に分泌が足りないものがあって、国内無認可のドイツの製剤を、自費運用をしている病院で、処方して貰っています。

自費運用の病院ですから、健康保険は勿論使えず、一回何万円もかかります。

自費病院は、製剤に対する知識はありません。ので、内分泌の主治医が昔、実家のあった市に火曜日だけ来られるので、心臓も無事切ったし、色々報告に行くのです。



土用の丑の日がいつか、知らないのですが、その市に、昔、私が子供の頃、とにかく食べなくて、食べなくて、ガリガリで、今にも栄養失調で倒れそうだったものですから。

母親が心配して、定期的に頻繁に、自分が行けない時は、親戚に頼んで迄、連れて行ってくれた、鰻やがあります。

改装はしましたし、昔は全部天然だったのが、今は養殖、天然は1週間前予約で時価になり、老舗と言う事で、随分偉くなりましたが。

夏に一度くらいは鰻食べましょう、と言う事で、家内を誘って、昼は鰻を食べに行きます。

家内はお支度に3時間はかかりますし、診察時間は何時迄、逆算すると、何時に出ないと間に合わない、が、余り眼中にありません。
方や私は起きて10分で外出出来ますし、せっかちですし、第一受付時間に間に合わないです。

と言う事で、家内は置いてきました。

あとで診察が終わってから合流して、鰻です。

家内は伊勢の出身なので、関東の鰻は今一つみたいですが。関東風の店なんで、どうかなあ?

私は出身が関東なんで、たまには食べたくなりますね。
実は。子供の頃旨い鰻を食べ過ぎましたので、そこらの鰻は私は食べないんです。スーパーの鰻、そこらの飲食店の鰻、食べません。

だから専門店二軒で、鰻は年に二回です。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック