bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は精神科です。
休職したのが3月。それからすっかり私の闘病記録になりまして、すみません。

一体幾つの医者に定期的に行っているか、と言うと。

一番頻繁なのが精神科
その時の私の様子で相談したり、提案があったり、薬を微調整したりね。

ちょっと困ると内科、アレルギー薬は切らすと面倒な事になるので、長期処方で2ヶ月分まとめて貰います。その他、あれ?と言う時は内科です。血圧やら血液検査やらのデータも、ここに集めてます。

循環器はこれからずっとそんなに頻繁ではありませんが、血液検査しながら~トロンボ検査等~薬を調節しますし、胸骨を切っていますから、3ヶ月に一度くらいは、心臓外科も受診しないといけません。

普段行くところは、小児心臓内科です。先天性は大人になっても、小児に行くんです。成人病の心臓病と、理屈が違うから。


最近、手術が決まって、歯医者さんに行き始めました。何故かと言うと、歯と心臓は直結していまして、酷い虫歯があったりすると、手術中に感染して、場合によっては死んでしまうので。

で行ったら。歯医者普段行かないので~心臓病があると、臆病になります~歯石が10年分ありましたから、それを取って貰って、あと小さな虫歯が3つあるんで、歯周ポケットの歯石を取ってから、虫歯を治しましょう、となりました。

夏休みが来そうですから、その後に通います。


整形外科にも通い始めました。20年来放置して、我慢してきた、左半身の痛み、凝り、だるさを解消したいと思ったのです。

こちらも、まだ切ったばかりで炎症値も高いので、循環器受診して、こちらの夏休みが終わったら、運動療法をやってみましょう、と、なりました。

レントゲン等は撮ってくれて、どうもこれが怪しい、と言う様な判断は医師がしたみたい。繋ぎに痛み止めの湿布みたいなテープを処方してくれました。ロキソニンテープです。ロキソニンはワーファリンとぶつからないので、使えるのですが、飲めません。一発で胃がやられます。テープは胃を通らないので、大変助かっています。


禁煙外来は、結局12週間分、薬を貰いましたので、あと1ヶ月あります。飲み終わって、検査に行ったら終わります。


折角休職しているのですから、長年辛い思いをして我慢していたものは、3ヶ月のうちに何とかなると良いのですがね。

うちの法人は週6日稼働、週48時間、休みは1日だけ、それを5年間続けているうちに、急激に心臓の状態が悪化しました。

法人に悪気はなく、介護屋としては、破格の給料をあちこち奔走して、職員に還元してくれます。有給休暇も遠慮して取らない人もいますが、私は毎年全部消化しています。

きつい仕事なので、せめて、給料、有給休暇くらいは、と言う事ですね。

健康な人で、若者なら大丈夫だったでしょう。

生憎私は先天性の病気持ちで中年です。毎年検査していますが、うちの法人に入った年から、鰻上りにデータが悪化しているので。

原因のひとつに、勤務が人間の限界に挑戦!みたいなものだったから、がないとは言えないでしょう。本当にピッタリ重なるんです。

結果、昨年秋頃から、原因の良く分からない不調、遂には体に限界が来て、鬱状態。そこで精神科医からドクターストップがかかって、3ヶ月休職になりました。3月始めの事でした。

4月の終わりに心臓に症状を感じ、かかりつけ内科から調べて貰い、急いで循環器に行ったら、すぐ心臓カテーテルを入れる事になり。

まずまちがいなく手術、のつもりで、心臓カテーテルを入れたら、真面目に生命の瀬戸際でした。

重度の大動脈弁狭窄症。

人工弁置換は無事済みましたが、結局1年棒に振った様なものですし、人工弁は一般的に20年もつのですが、今までの様なむちゃくちゃな仕事をしていたら、もたないかも知れませんし、別の部分が悲鳴をあげるかも知れません。

又、生命の瀬戸際はイヤですから。

身分が非常勤になりそうで、非常勤だと私が今している仕事は出来ないし、中間管理職にもなれない気がするのですが、週5日の勤務にして貰うつもりです。

給料が下がります。固定給じゃなくて、時給になります。困る事は山程あるのですが、生命には代えられません。家内もいますしね。

不足分は、障害年金で補うつもりですが、書類が複雑な上に、昨年申請した家内は、支払われる迄に約1年かかりましたから、出る迄の間、どう食い繋ぐか、の問題もあるんですよね。

諸方面のご尽力で、家内には2級の障害年金が出ました。家内が働いている以上の年金が入ります。

障害程度区分も2が取れて、週二回、とりあえず3ヶ月、一回90分、と言う、当市ではあり得ない様な区分も取れました。

しばらくは家内に頼る事になりますね。

私は働けるので、医師の診断書の書き方にもよりますが、年金は三級程度ですね。

医者と、何らかの障害状態になって、社会資源を使おうと思うと、仕事に差し障りが出る程、厄介です。家内が享受出来る筈の権利で、まだ処理されていないものもあります。


山程病院に通わねばならない私ですが、本当は健康が一番ですね。

子供の頃から病気がちでした。すっきり健康だった記憶は実はないんです。

意外にこういうのは、グズグズあちこちを病みながら長生きする、とか言いますが、さて?

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック