bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



雲泥の差
一昨日、社会保険事務所に、障害年金の申請用紙を貰いに行ったら、小さな事をこねくり回されて、結局、結論が出ず、主治医にとりあえず書いて貰って、出してみて、出るか出ないかは、私達は事務の受付だけですから、分かりません、で終わりました。

家内の時に散々苦労してますから、役所の理屈は分かります。現実には、役所の理屈の通りには、発病しないし、障害の状態にもならないですね。


年金貰おうと言うのは、仕事を減らして貰いたいからです。減れば給与も減ります。

なので、減った分を年金で補おうと言う訳です。


その相談に、病院迄ワーカーさんを予約して、電車とバスで行きました。


で、帰り道。

片道200円のバスを待っていたところ。磁気カードは使えないんですが、小型の100円バスが来ました。

お!カード使えないけど、100円得したな、とか思いつつ、ロータリーを回ってくるのを待っていると。


バスより先に回ってきたのは、大型のハイヤーです。
中から降りてきたのは、白髪の洒落た身なりの、立派な紳士です。

荷物はポーチくらいでしたから、通院でしょうかね。

しかも、支払いをしている様子がない。つまり請求書払い。

こちらの病院、一泊すると、1日の差額が84000円なので、2日分かかるから、差額だけで、168000円、と言う特別室があります。高級ホテル、リビング、応接室、キッチン、ジャグジーバス付きと思って下さい。

入院されるとしたら、こういうお金持ちの紳士、淑女が入るんでしょうねぇ。

雲泥の差とは、こういう事かな。

ああ。ビックリした。
ただのハイヤーじゃないんですよ。大型ですよ。その場で現金なんか出して、支払いなんぞしないのよ。多分、会社の秘書か何かが月〆で払うのでしょう。

私は100円バスで充分です。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック