bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



不整脈と診療明細
入院中も一回出たんですけど、その時は、心電図モニターがつていますから、ナースコールして、「息苦しいです」と訴えて、しばらくして、不整脈だ と気付いて、もう一度ナースコールして、「不整脈みたいです。」「モニターみてると、規則的ではあるんですが、結構ポンポンtんでますね。」との事で、5分もたたないうちに、病室に心電図の機械と技師さんがやってきました。

で安心したのか、その後、長い時間ではないですけど、ぐっすり眠り、気分爽快で目覚め、「治まりました。」と申し出て。


その時は、それで済んだんですよ。

済まなかったのが、今朝。

4時頃、寝汗と、息苦しさで覚めて…
安静にしていれば と思ったので、もう一回ちょっと多めに睡眠薬を飲んで、眠ろうと思ったんですが…

苦しくて、苦しくて、眠れない。
どう苦しいか と言う説明は難しいんですが、心臓が太鼓だとしましょう。
乱れ打ち~♪みたいな感じですかね。
どどどどど~と凄い早さで打って、何故か、しばらく静かになる…
動いてよ。息は苦しいけど、まあ、出来ない事はなかったです。

ちくたくワニの音がする訳ですが、乱れうち~♪ですから、脈は飛びまくり。

2時間半たっても、どうにもならないので、病院に電話しました。当直の医師の方がいますので。切り立てのほやほやですから、いろんな事が起こります。

症状を説明したら、出来得る限り当院(病院ね)に来て、心電図を取って下さい とおっしゃる。

家内に伝えて、一人で行こうとすると、私も行く と聞かない。
普段の文化が違いますし、こっちは息もろくに出来ない、しゃべるのもきつい、ですから、行く道々で喧嘩になるのが目に見えています。

なにかあったら とか家内は言うわけですよ。苦しいけど、息出来ないけど、手術して治したんだから、死にません。どんなに苦しくても。

それを説得する気力がなくて、面倒だから、そのまま、ついてきてもらいました。お化粧、身支度に2時間近くかかり、「7時半には出るからね。予約なしだから、9時の受け付け開始とともに入らないと、いつまで待つか分からない」と何回も行ったのですが、支度が出来たのが8時半。

ああ、一人で行けばよかった。

案の定、ここからタクシーでいきましょう とか無茶を言う。
私はタクシーにはのりません。
家内は疲れたら、5,000円でも、7,000円でも平気で乗るヒトです。
家内が自分の金で、自分の用事でタクシー使うのは、全然構わないけど、タクシー高いうえに、遅いです。

8時半ですからね。受け付け開始は9時、検査開始は9時半。
タクシーなんかで、のんべんだらりと行ってる暇はありません。

電車の乗り継ぎで行ったのですが、駅につくごとに、「ここからタクシーに乗りましょう。」
「エレベーターで行きましょう。」
の繰り返しで、遂に「具合の悪い時くらい、嫌な事をさせるな!」と怒鳴る羽目になりました。でも言う事は聞かない。私はこうと決めたら、頑固です。絶対にイヤなものは嫌。


「タクシーは高くて遅いから乗らない。」

「エレベーター、エスカレーターは、歩くより遅い速度で設定してあるから、一本ずつ乗り遅れると、あっと言う間に30分遅くなるから、階段で行く。辛かったら、自分だけ、エレベーター、エスカレーターで来なさい。先に行くから、後からおいで。」

「優先席は、私はまだ手帳が取れていないから、法律上は健常者。優先席に座る資格はない。辛いのも、息苦しいのも、立っていられないのも、私の勝手。一般席なら座るけど、優先席は絶対いや。」

もう、ずっと喧嘩しながら、1時間半でつかず、「多磨駅からなら、ワンメーターだから、どうしてもバスがいなければタクシー仕方ないから乗るよ。」と言ったら、バスがあと20分だと言う。
20分まったら、10時になってしまうので、(大体私の用事でしかも具合が悪くて行くのに、7時半には出なくては間に合わない と言ってるのに、8時半まで化粧している気がしれないし)

で、9時半に少し早いくらいでやっとたどり着き、受付に説明して、一通り、検査、診察をしていただきました。
本日外来担当でない、入院中の担当の医師が、外来の隅の部屋でみて下さいました。

ちんみに、このセンセは大人の心臓内科ですが、ちと外科っぽく乱暴。言葉がちと悪い。患者の神経逆なでするような事を言うんですね。
勿論、嫌いです。
でも、担当医師だったからね。

結論は、家内がのんべんだらりと支度をしていた分遅れたので、私は元々せっかちですし、時間に間に合わないと、延々と待たされるのも知っていますから、苛々苛々急ぎに急いだので。

心臓がフル回転したらしく?着いた頃には不整脈は治まってしまいました。その代わり、ものすごく苦しかったです。

帰り道も家内と一緒じゃかなわんと思い、だって、家内も精神障害者ですから、自分が良かれと思って、タクシーに乗せようとしたり、エレベーターやら、エスカレーターやらに乗せようとしたり、一生懸命尽くしているのに、亭主は全く言う事を聞きませんし、暑い中出かけてきていますから、どうせ我が家に帰ったら、倒れるように寝てしまうはず。

挙句に、15時にヨシケイさんの営業を呼んでいました。持つ訳ない と思ったので、先に帰そうといたら、心配して、一緒にいるのが目的なんですね。意味ないんですけど。私は一人で歩けるし、命に別条ないですし、不整脈はこれからも、落ち着くまではでるでしょうから、止め方とか、出た時に飲む薬とかあれば、知りたいから言ったわけで。

結局、ミオコールスプレー(狭心症の発作時に、発作を止める薬です。昔は舌下錠とか使いましたね。今は素早く効くスプレーなんです)みたいな特効薬はありませんでした。

心臓がフル回転しているうちに、不整脈は治まってしまい、あとはとろい家内を急がせるために、私が急ぎに急いだので、その分、息が切れて、苦しくて仕方ない と言う状態にはなりましたが、担当医師いわく。「全く異常がないとしか言えません。ここまで来る間に治まってしまう可能性が高いので、今度出たら、かかりつけの医師のところで、怒っている最中に心電図を取って下さい。」と言われ、そのまま帰されて終わりです。

口、悪いでしょう?4時間不整脈でやられると、しゃべることさえ出来なくなるんです。4時間も不整脈ほっといちゃ、多分、ダメ。




まだちと話があります。すみません。

土曜日に退院したので、会計さんが休みで、(事務員さんは、土日週休二日です。)請求書は、昨日水曜日の午後到着しました。
請求書と診療明細が入っていますね。
診療明細、隅から隅まで全部読みました。7枚くらいあったかな?

疑問が出ました。
飲んでいない薬の請求がある。
退院処方で貰っていない薬の請求がある。
無輸血と言っていたのに、自己血輸血800ccとある。


飲んでない薬、貰っていない薬については、全部、この日はこうで、この薬は退院処方に入っていたけど、これは○○センセイがキャンセルしたし、それは病棟ナースがキャンセルして、私は現物も見ていない などなど。

全部調べて貰いました。
大体は、訳が分かり、処方されてないに事が判明し、差額を引いた金額が請求されることになりましたが…

病棟入院中、胃薬の軽いのが出たのですが、そんなんじゃ効かないので、ガスター10より強い、胃潰瘍、逆流性食道炎の薬を、2ミリと言う最高単位で持って行ったんです。

手術によって、新しく飲むことになった薬は病院から処方して貰いましたが、それ以外は、持参薬(普通は見て、現物を返して、病院で同じものを処方します。ブランド品ね。自分で苦労して、ジェネリックで、安い薬を持っているのに、高いブランド品を病院から処方されては困るので、「費用の点で、ジェネリックを探しに探して、かかいつけ薬局に管理して貰っています。20日分持ってきていますから、病院のブランド品をだぶりで処方されるのは困ります と拒否して、自分でシート管理していました。

その中に逆流性食道炎の薬があった事は、ナースみんな知ってる筈です。

だから、その軽い胃薬は一錠も飲んでいないんです。

金額でしたら、全部で、30円か50円でしょう。面倒だから、払ってしまえで、全部の飲んでいない、退院時に処方されていない薬の代金払ったとしても、せいぜい300円でしょう。

そういう金額の問題じゃないんです。筋が違うんです。
システムがあり、間違ってはまあ、いけない訳ですが、ヒトのやる事ですから、間違いもあります。間違いは素直に認めなさいと言う事です。
請求漏れの薬もありました。
それは請求する場合といない場合があって、(ちょっとした軟膏です)量が少ないから事務に請求が来ていないので、請求はないとなりました。


夕方までに300円足らずの事で、何回電話が行き来したでしょうかね。

2回?3回?確かめて貰いまして、「今回もう一度確かめて貰って、その軽い胃薬は私が飲んだ と確証される方があったら、平行線ですから、支払います。ただい、診療明細は何のためにあるのか と言う事を、今後は徹底して下さい。」で、やっと話が終わり…

しばらくしてかかってきた電話では、「一度出した薬が戻ってきた場合には、カルテに必ず書くことになっている。が、カルテに確実に全て書いたか と言われると、実は自信がない。鷹山が逆流性食道炎の薬を持参していて、その軽い胃薬は効かないと言っていたのは、複数のナースが覚えている。と言う事は、カルテに書き忘れの可能性があるので、今回は請求できない。今後は徹底するようにします。」と言う病棟の返事だったそうです。


勿論「これ飲んだかなぁ?」と言う薬で、実は、手術から帰ってきたばかりの時に飲んでいて、私は忘れちゃった と言う薬もありました。それは勿論お支払いする事になりました。


たかが300円と思う方もあるとおもいます。
それも又、正しいと思います。
家内なら、気付いても、支払ってきているでしょう。
私はつじつまが通らない事は、たとえ10円でも追及します。
じゃなくちゃ診療明細の意味がない。


最後に。

みていたら、面白い事が分かりました。
普通、無輸血でやるのですが、万一の為に、自己血を400cc用意しておきます。
私は出血が激しかったらしく、用意してあった自己採血400ccでは足りず、手術中に出血した分を集めて、更に400cc合計800cc輸血していました。自分の血ですけどね。

2時間で終わったとはいえ、先生方はかなり苦労されたのでしょうね。

だから、300円くらい、ごちゃごちゃ言わずに払えば?と言うのは、家内の真実。私はダメ。でも、とことん納得いくまで追及してよかったです。別に喧嘩した訳じゃあないですからね。静かに、「飲んでいないものは飲んでいないです。手にも持っていません。ナースの方が、数日は医師に確認に行き、封は開けたけれど、私の手元には来ていないんです。一錠も飲んでいないんです。」とおハナシを詰めていっただけ。

家内はそういう行動は恥ずかしくてできないそうです。
何万円もミスがあれば言うけれど、どう考えても300円なのに、こんなに追及するのは恥ずかしくて見ていられない とか言って、後ろのソファに逃げちゃいました。


たとえ、1円でも辻褄合わなかったら、納得がいくまで私は説明求めるけどなぁ…


へんですかね?
変でもまあ、いいです。今までこうして辻褄合わない事は全部追及して生きてきましたから。

今さら「まあいいや」にはならんでしょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック