bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



リハビリ室に行きました
どーも最初からイヤな予感がしていたのですが。

担当のリハビリのセンセがネジが何本か弛いんです。手際も悪いし、準備もしてないし、説明も下手くそだし。

病棟のナースの方の方が上手です。

私の部屋は月曜日に満員になりまして、薬を変えたら、おかしな症状が出た方とか、検査目的の方とか、検査をして、今後の症状管理をどうするか、決める為に来られた方とか、大体年配の方かな?

最初のお二人は70~80歳代と思います。検査をして今後を、と言う方は手術はした事があるそうで、時間が経って、少々難しい事が出てきた、と言う事みたいです。

みなさん、ご家族が来ておられますが、我が家はまさか精神障害者で手帳も年金も2級と言う家内に来させる訳にもいきませんし。

しかし凄い病院ですなあ。私がこの病院に入院したには、子供の頃、偶然学校の健康診断で、全然関係ない事でひっかかり、精密検査に回されたら、たまたま心電図が必須でして。

やったら明らかに異常な心電図だった事に始まります。

すぐかなり大きな総合病院の循環器に紹介状が出ましたが。

何しろ40年近く前の話で、本人は子供、良く転ぶか、悪く転ぶか、全然分かりません。

で、その病院から心臓の権威と言われた大学病院に又紹介状。その時の受け入れをしてくれた医師の方が、高尾篤良ドクターと言います。ちと検索なさると、山ほどの臨床例と、論文と、訃報が出て来ます。

数年前に他界されましたが、大学病院退職後、今の病院のクリニック部門にまあ天下りされたんですな。

で、他界されてからは、今の主治医が引き継いでくれて、今年の春頃、とんでもない事になってる、と、わかった訳です。

なので、クリニック~病院に移動しただけで、紹介状とかも要らず、主治医は同じ、クリニックはオペやぷちオペ検査は出来ないので、そのままこちらに。

全国規模で患者さん、来られます。働き盛りの勤務医師の力量には驚きます。

私の様な先天性の患者は、心臓病全体では、勿論少ないのですが、それほど稀なケースでもないみたいですよ。

来週迄いたいなあ。
少しで良いから、家内の介護をしないで、のんびり過ごしたいです。もう一年休みなくやっているのですから、土日2日くらい、カネは払うから、楽させて~たった2日くらい、いいじゃん!

無理かな。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック